リゾレシチンで美肌になる!化粧品としての乳化力はクリームに最適

リゾレシチン配合クリームのイメージ

リゾレシチンという成分をご存知でしょうか?

リゾレシチンは、レシチンを加水分解した化粧品成分です。

高い浸透力と保湿力があることから、乳化剤としてさまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

この記事では、リゾレシチンの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げます。さらに、おすすめのリゾレシチン配合のエイジングケア保湿クリームをご紹介します。

リゾレシチンの記事の目次

1.リゾレシチンを上手に使って美肌になりたいあなたへ

リゾレシチンに興味がある女性

リゾレシチンは、卵や大豆などに含まれるリン脂質であるレシチンを酵素によって加水分解することとで、レシチン以上に浸透性を高めた界面活性剤の1種です。

リゾレシチンは、水添レシチンと同じく表皮角質細胞間脂質まで浸透し、保湿することでお肌のバリア機能をサポートして、美肌をキープするはたらきがあります。

化粧水美容液保湿クリームなどのスキンケアアイテムに使われる化粧品成分です。

もちろん、エイジングケア化粧品にも配合されます。

正しいアンチエイジングやエイジングケア美肌になるためには、リゾレシチンをはじめ、化粧品成分を理解することが大切です。

この記事では、リゾレシチンの特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げます。

さらに、リゾレシチン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームをご紹介します。

「リゾレシチンってどんな成分?特徴を教えて!」

「リゾレシチンの効果は?どんな肌悩みに良いの?」

「安全性は大丈夫?敏感肌でも使えるの?」

「リゾレシチンはどんな化粧品に配合されるの?」

「リゾレシチン配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのリゾレシチン配合化粧品なら>

リゾレシチン&ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

<この記事の大切なポイント>
  • リゾレシチンは、レシチンを酵素で加水分解して、浸透性と親水性を高めた化粧品成分です。また、食品の添加物としても使われます。
  • リゾレシチンは、レシチンより乳化力が高いので、エマルションを作る乳化剤としてよく使われます。つまり、乳液や保湿クリームを作るのにピッタリの化粧品成分です。
  • リゾレシチンには、乳化作用に加えて保湿作用もあります。だから、乾燥肌や肌荒れの予防も期待できます。
  • リゾレシチンは、界面活性剤の1つですが、刺激性や毒性はありません。敏感肌でも使える安全性の高い成分です。
  • そのため、リゾレシチンは洗顔料やクレンジング料をはじめ、さまざまなエイジングケア化粧品に配合されています。とても有用性の高い成分です。

2.リゾレシチンとは?

リゾレシチンを知りたい女性

1)レシチンとは?

リゾレシチンの前に、レシチンについて簡単にご説明します。

レシチンとは、大豆や卵、肉類などに豊富に含まれるリン脂質のことです。

自然界の動植物におけるすべての細胞中に存在しています。

レシチンという名前は、ギリシャ語で卵黄を意味するλέκιθος(lekithos、レキトス)に由来しています。

もちろん、人の身体にもあって、細胞の生体膜の主要な構成成分としてはたらいている重要な成分です。

人では、脳に最も豊富にあります。

工業的には、主に大豆由来の「大豆レシチン」と卵黄由来の「卵黄レシチン」の2種があります。

レシチンは、親水基と親油基があるので、乳化剤としてチョコレート、アイスクリーム、マヨネーズなどの加工食品に使用されます。

また、医薬品としては、術前・術後の栄養補給を助ける薬剤として静脈に注射する「静脈注射用脂肪乳剤」として使われています。

また、リポ化製剤にも含まれています。

2)リゾレシチンの基本的な特性

そんなレシチンですが、酸化しやすく安定性が低いことや化粧品として使うには乳化力が弱いというデメリットがあります。

そこで、酵素の力で加水分解してアルキル鎖をひとつ取り除き、皮膚の細胞膜の組成に近づけたのがリゾレシチンです。

リゾレシチンは、加水分解によって浸透性と親水性が高まり、また乳化力も高まったことから、化粧品に配合しやすくなりました。

リゾレシチンは、白色または黄色の乳化剤です。

化粧品成分としての全成分表示では、リゾレシチンです。

医薬部外品では、「卵黄リゾホスファチジルコリン」または「大豆リゾリン脂質液」と表記されます。

大豆由来のリゾレシチンは約70%が二重結合を含む不飽和脂肪酸です。

一方、卵黄由来のリゾレシチンは90%以上が二重結合を含まない飽和脂肪酸です。

だから、卵黄レシチンの方が酸化しにくいというメリットがあります。

なお、リゾレシチンに特殊栄養素を加えた成分は、「K・リゾレシチン」と呼ばれます。

K・リゾレシチンは、医療への応用に研究も進んでいます。

3)リゾレシチンの安全性は?

#リゾレシチンの安全性のイメージ

リゾレシチンの安全性のデータは多くありませんが、毒性やアレルギーの報告もありません。

したがって、リゾレシチンは安全性の高い成分です。

毒性や皮膚刺激性などは無く、普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌インナードライ肌敏感肌などの肌質でも安心して使える成分です。

100%安全とは言えませんが、問題が起こりにくい成分のため、敏感肌向けの化粧品にも使われています。

40代からのエイジングケア化粧品の成分として、また50代のエイジングケアにもオススメです。

ただし、肌荒れかゆみ、赤みが出るほか、刺激を感じる可能性を否定することはできません。

つまり、化粧品かぶれ接触皮膚炎)のリスクが全くないわけではないのです。

だから、アトピー性皮膚炎や肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


3.リゾレシチンのお肌への効果と役割

リゾレシチンのお肌への効果を実感する女性

1)リゾレシチンの効果と役割

①乳化作用

リゾレシチンは、乳化力(界面活性作用)が高いので、乳液(エマルション)をつくりやすいことが特徴です。

リゾレシチンは、水を外部相とし、その中に油が微細粒子状に分散している水中油滴型(O/W型:Oil in Water type)の乳液を作る作用を示します。

また、化粧品に配合される天然保湿因子(NMF)の元であるアミノ酸や脂質を乳化するはたらきもあります。

②保湿作用

また、保湿のはたらきもあるので、乾燥肌対策肌荒れの予防や改善に役立つ成分です。

③可溶化作用

リゾレシチンは親水性が高く、かつ油性成分を可溶化・透明分散するはたらきがあります。

そのため、油性のビタミン、植物エキス、香料などを可溶化する目的で水性ベースの化粧品に配合されます。

④肌を健やかに保つはたらき

表皮の基底層の下には真皮をつなぐ基底膜があります。

基底膜は、表皮の角化細胞が作る「ラミニン5」という細胞接着タンパク質の助けで強固な結合力を発揮します。

つまり、ラミニン5の量および状態が正常なら健やかな肌状態が維持できるのです。

大豆由来のリゾレシチンには、ラミニン5を増やすはたらきがあるのです。

だから、リゾレシチンには、肌老化を防ぐ予防美容の効果が期待できるのです。

2)リゾレシチンはどんな化粧品に配合されるの?

リゾレシチンはさまざまな化粧品に配合されます。

洗顔フォームなどの洗顔料、クレンジングミルクやクレンジングジェルなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液、保湿クリーム、フェイスマスクオールインワンゲルといった顔のアイテム、デコルテや首のケアのアイテム、口紅やリップグロスなど唇ケアのアイテム、シャンプーやアウトバストリートメントなど頭皮ケアのアイテム、ハンドクリームなどの手肌ケアのアイテム、ボディミルクやボディローションなどのカラダの乾燥肌対策のアイテムなどに幅広く使われます。

また、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションやコンシーラーなどのメイク用品に使われます。

さらに、エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどにも配合されるようになっています。


4.オススメのリゾレシチン配合保湿クリームは?

リゾレシチン配合エイジングケア保湿クリームナールスユニバ

リゾレシチン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、「ナールス ユニバ」です。

私たちの保湿クリームランキングでは、第1位です。

1)ナールス ユニバの開発コンセプト

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、「お肌の内側からのハリと弾力」、「健やかな肌の透明感」、「表皮のバリア機能」、 「十分な潤い」などを実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分を、バランスよく配合した高機能な保湿クリームです。

成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

2)ナールス ユニバの配合成分のポイント

ナールス ユニバは、リゾレシチンを配合することでジェル状のクリームとしてテクスチャーの向上を目指しました。

リゾレシチン配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47など真皮のたんぱく質や、お肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。

他にも最近では、ヒアルロン酸やヒートショックプロテイン(HSP)70を増やすことがわかってきました。

②3種のヒト型セラミド配合

保湿成分として名高いセラミドの中でも浸透性に優れた3種のヒト型セラミド(2、AP、NP)で、お肌のバリア機能と高い保湿をサポートします。

ナールスユニバは、セラミドクリームの1つです。

③持続型ビタミンC誘導体配合

持続型ビタミンC誘導体VC-IPが、抗酸化作用とともに、ナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮。

④シアバター配合

シアバターのイメージ

シアバターの保湿力に加え、お肌へのなじみのよさとなめらかな質感を実現。

⑤安全性の高いビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリルで、お肌のハリ・ツヤをサポート。

しわの改善をサポートします。

⑥スクワラン配合

美容オイル成分として有名なスクワランを配合。

⑦お肌に不要な成分を無添加

パラベンフリーフェノキシエタノールフリーほか、アルコール(エタノール)及びアルコール性防腐剤の無添加化粧品です。


5.まとめ

リゾレシチンについて理解を深める女性

リゾレシチンの特徴や効果、安全性について詳しくご紹介しました。

また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げました。

さらに、リゾレシチン配合のオススメのエイジングケア保湿クリームをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

リゾレシチンには、高い親水性と乳化力があるので、乳化剤として乳液や保湿クリームによく配合されます。

また、保湿力があることから乾燥肌や肌荒れの予防も期待できる成分です。

そのため、エイジングケア化粧品ほか、さまざまなスキンケアアイテムに配合されています。

ぜひ、リゾレシチン配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

グリシンは保湿力の高いアミノ酸。化粧品でエイジングケアを!

続きを読む

ヒドロキシプロリンはコラーゲン特有のアミノ酸!化粧品の5つの効果

続きを読む

クエン酸ナトリウム(Na)の化粧品成分を正しく理解してキレイな素肌へ!

続きを読む

クエン酸は美肌の素!化粧品成分としての特徴や効果・安全性

続きを読む

ウィルブライドS-753は上手に使えば潤い美肌になれる化粧品成分

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」