ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は優しい非イオン性界面活性剤

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合製品を使う女性

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10という成分をご存知でしょうか?

安全性の高い非イオン性界面活性剤で、乳化剤としてさまざまなスキンケアアイテムに配合されます。

この記事では、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げます。

さらに、おすすめのペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合のエイジングケア保湿クリームをご紹介します。

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は優しい非イオン性界面活性剤の目次

1.ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10が危険だと不安のあるあなたへ

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10を調べる女性

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10という成分をご存知でしょうか?

水に溶けても分子が電気を帯びない非イオン性界面活性剤の1種です。

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、脱脂力はとても弱い界面活性剤のため、洗浄剤として配合されることはなく、乳化剤や安定剤として化粧水美容液に配合される成分です。

もちろん、他のエイジングケア化粧品にも配合されます。

アンチエイジングやエイジングケアのためには、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10をはじめ、化粧品成分を理解することが大切です。

なぜなら、化粧品のメリットやデメリット、使い方を知ることが美肌につながるからです。

この記事では、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の特性、効果、安全性について詳しくご紹介します。

また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げます。

さらに、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメのエイジングケア保湿クリームをご紹介します。

「ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10ってどんな成分?特徴は?」

「界面活性剤なのに心配はないの?非イオンだとなぜ安心なの?」

「ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性は?」

「どんな化粧品に使われているの?種類はたくさんあるの?」

「ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメの化粧品は?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合化粧品なら>

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10&ナールスゲン配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

<この記事の大切なポイント>
  • ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、非イオン性界面活性剤です。水にとけても帯電しないことから、刺激性がないというメリットがあります。
  • 最近では、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10などの優しい界面活性剤が増えています。だから、化粧品に配合される界面活性剤を過度に不安視する必要はありません。
  • 化粧品成分としての全成分表示では、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10です。一方、医薬部外品では、「モノステアリン酸ポリグリセリル」と表記されます。
  • ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、脱脂力がないので洗浄剤としてではなく、乳化剤や分散剤としてさまざまな化粧品に配合されます。だから、洗顔料やクレンジング料よりも保湿クリームなどでよく利用されます。
  • ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は界面活性剤の1つですが、刺激性や毒性はありません。だから、敏感肌でも使える安全性の高い成分です。

2.ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10とは?

1)ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の基本的な特性

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10を説明する女性

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、天然由来の脂肪酸のステアリンとポリグリセリン-10を結合させた非イオン性界面活性剤です。

非イオン系界面活性剤は、ノニオン界面活性剤とも呼ばれ、に溶けてもイオンにならず、帯電しないことが特徴です。

他の全ての界面活性剤と併用できること、安全性が高いことから使い勝手がよいため、今では主力界面活性剤の1つになっています。

また、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、慣用的に「ポリグリ」と呼ばれていて、食品や医薬品にも用いられています。

化粧品成分としての全成分表示では、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10です。

医薬部外品では、「モノステアリン酸ポリグリセリル」と表記されます。

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の他にも、非イオン性界面活性剤には、ラウリン酸ポリグリセリル-10ミリスチン酸ポリグリセリル-10PPG-4セテス-20ポリソルベート-20PEG-60水添ヒマシ油などがあります。

2)ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の安全性は?

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の安全性のイメージ

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、毒性や皮膚刺激性がなくアレルギーの報告もありません。

また、厚生労働省に食品添加物としても承認されている成分です。

さらに、水に溶けても帯電しないことや肌にそれほど浸透しないことから、界面活性剤の中ではとても安全性の高い成分です。

そのため、普通肌脂性肌はもちろん、乾燥肌インナードライ肌敏感肌などの肌質でも使える成分です。

どんな成分も誰にでも100%安全とは言えませんが、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は問題が起こりにくい成分のため、敏感肌化粧水をはじめ敏感肌向けの化粧品にも使われています。

しかし、誰にでも全く安全とは言えません。

人によっては、赤みやかゆみがでたり、肌荒れなどが起こる可能性も100%否定できません。

つまり、化粧品かぶれ(接触皮膚炎)を起こす可能性がないとは言えないことにご留意ください。

アトピー性皮膚炎がある方やお肌が弱い方は、パッチテストをすることをおすすめします。


3.ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10のお肌への効果と役割

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合化粧品のイメージ

1)ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の効果

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、脱脂力はほとんどありません。

だから、洗浄成分として使われることはありません。

乳化作用と分散作用はあるので、乳化剤または分散剤としてさまざまな化粧品によく配合されています。

①乳化剤としての役割

乳化とは、1つの液体にそれと溶け合わない別の液体を微細な粒子の状態に均一に分散させることです。

水溶性成分と油溶性成分(エモリエント成分)はそのままでは混じりませんが、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10などの界面活性剤は乳化剤としてはたらきます。

②分散剤としての役割

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、日焼け止めの紫外線散乱剤である酸化チタンなどを分散するために使われます。

2)ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10はどんな化粧品に配合されるの?

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10はさまざまな化粧品に配合されます。

洗顔フォームなどの洗顔料クレンジングジェルやクレンジングミルクなどのクレンジング料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスシート・フェイスパック・フェイスマスクオールインワンゲルハンドクリームリップケア用品シャンプーなど頭皮ケアのアイテム、化粧下地や日焼け止め、コンシーラーなどのメイク用品に使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液エイジングケア保湿クリームなどに配合されることもあります。


4.オススメのペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合保湿クリームは?

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合保湿クリームナールス ユニバ

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメのエイジングケア保湿クリームは、「ナールス ユニバ」です。

私たちの保湿クリームランキングでは、第1位です。

1)ナールス ユニバの開発コンセプト

ナールス ユニバとは、QOS(Quality Of Skin=お肌の質)の向上、つまり、「細かく整ったキメ」、「お肌の内側からのハリと弾力」、「健やかな肌の透明感」、「表皮バリア機能」、 「十分な潤い」などを実現すべく、攻めと守りのエイジングケアをサポートする成分を、バランスよく配合した高機能な保湿クリームです。

成分は濃厚、でも使い心地は軽く、すごく伸びがよいクリームです。

2)ナールス ユニバの配合成分のポイント

ナールス ユニバは、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10を配合することでテクスチャーを調整しています。

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合以外には、次のような特徴があります。

①ナールスゲンを推奨濃度で配合

アミノ酸誘導体であるエイジングケア化粧品成分ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

ナールスゲンは、コラーゲンエラスチンヒートショックプロテイン(HSP)47などの真皮のたんぱく質やヒアルロン酸、HSP70 、お肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。

また、保湿成分として乾燥肌の予防や改善が期待できます。

②3種のヒト型セラミド配合

セラミドの中でも浸透性に優れた3種のヒト型セラミド(2、AP、NP)で、お肌のバリア機能と高い保湿をサポートします。

③持続型ビタミンC誘導体配合

持続型ビタミンC誘導体VC-IPが、抗酸化作用とともに、ナールスゲンとの相乗効果を存分に発揮。

④シアバター配合

シアバターの保湿力に加え、お肌へのなじみのよさとなめらかな質感を実現。

⑤安全性の高いビタミンA誘導体配合

レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリルで、お肌のハリ・ツヤをサポート。

しわの改善をサポートします。

⑥お肌に不要な成分は無添加

パラベンフリーフェノキシエタノールフリーほか、アルコール(エタノール)やアルコール性防腐剤の無添加化粧品です。

また、アルコールを配合しないノンアルコール化粧品です。

冬の乾燥肌対策をはじめ、40代のエイジングケア50代のエイジングケアにもピッタリです。

さらに、60代以上のエイジングケア高齢の方の乾燥肌対策にも使える保湿クリームです。


5.まとめ

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は優しい非イオン性界面活性剤のまとめのイメージ

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10の特徴や効果、安全性について詳しくご紹介しました。

また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げました。

さらに、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合のオススメのエイジングケア保湿クリームをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10は、安全性の高い非イオン性界面活性剤で、乳化剤や分散剤としてエイジングケア化粧品ほかさまざまなスキンケアアイテムに配合されています。

一方、洗浄剤として洗顔料やクレンジング料に配合されることはありません。

ぜひ、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

グリセリンは化粧品や化粧水に適した成分!効果と安全性は?

続きを読む

HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす7つの方法で美肌へ!

続きを読む

PG(プロピレングリコール)は保湿成分!効果や安全性はどうなの?

続きを読む

フェノキシエタノールは化粧品の防腐剤。メリットと危険性!

続きを読む

パラベンとは?パラベンフリー化粧品のメリットとデメリット!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」