グルタミン酸Na(ナトリウム)はどんな化粧品成分なの?

グルタミン酸Naを化粧品に配合する様子

グルタミン酸Naとは、「味の素」で有名なアミノ酸成分。L-グルタミン酸ナトリウムとも呼ばれ、脳にたくさんあります。

化粧品成分としては保湿力のある成分です。

この記事では、グルタミン酸Naの特性やエイジングケアへの効果、安全性についてご紹介します。

また、グルタミン酸配合のオススメのUV化粧下地をご紹介します。

グルタミン酸Na(ナトリウム)はどんな化粧品成分なの?の目次

1.グルタミン酸Na(ナトリウム)に興味があるあなたへ

グルタミン酸Naを調べる女性

グルタミン酸Na(ナトリウム)といえば、調味料の「味の素」の成分として有名です。

グルタミン酸は、アミノ酸の一種で昆布のうま味成分です。そんなグルタミン酸は、に溶けにくい性質があります。

それにナトリウムをつけて水に溶けやすくしたものがグルタミン酸Naで、L-グルタミン酸ナトリウムとも呼ばれます。

化粧品成分としてのグルタミン酸Naは、保湿成分として利用されています。

だから、美肌を目指すための化粧水美容液をはじめ、エイジングケア化粧品やファンデーション、化粧下地などのメイク用品にも配合されます。

アンチエイジングやエイジングケアを正しく行うためには、グルタミン酸Naをはじめさまざまな化粧品成分について理解することも大切です。

この記事では、グルタミン酸Naの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。また、グルタミン酸配合のオススメのUV化粧下地をご紹介します。

「グルタミン酸Naってどんな化粧品成分?」

「どのような効果が期待できるの?」

「グルタミン酸Naの保湿力は?」

「安全性や刺激性について知りたい!」

「グルタミン酸Na配合のオススメのUV化粧下地って?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのグルタミン酸Na配合UV化粧下地なら>

グルタミン酸Na&ナールスゲン配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

グルタミン酸Na&ナールスゲン配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」

<この記事の大切なポイント>
  • グルタミン酸Naは、比較的水にとけにくいアミノ酸であるグルタミン酸にナトリウム塩をつけ、水溶性を高めた成分です「味の素」の素材として有名です。
  • 化粧品成分としてのグルタミン酸Naは、保湿効果や角質の代謝を促進するはたらきがあります。
  • そのため、保湿成分として化粧水、美容液ほか、さまざまなスキンケアアイテムやメイク用品に配合されます。
  • しかし、それほど高い保湿力があるわけでないので、他の保湿成分と組わせて使うことが一般的です。
  • グルタミン酸Naは、安全性の高い保湿成分なので、肌質を選ばずに使用できます。

2.グルタミン酸Naとは?

グルタミン酸Naのイメージ

グルタミン酸Naは、グルタミン酸のナトリウム塩です。

L-グルタミン酸ナトリウムと呼ばれたり、英語であるmonosodium glutamate の略称として、MSGと表記されることもあります。

グルタミン酸Naは、化粧品成分としてよりも、うま味調味料である「味の素」の成分として有名です。

グルタミン酸Naは、食品添加物表示では「調味料(アミノ酸など)」と表記される場合が多くなっています。

ただし、グルタミン酸Naは、うまみ成分として食卓にはなくてはならないほどになっていますが、過剰摂取で健康被害などの報告もあります。

そのため、適量を超えて摂取することは避けた方がよいでしょう。


3.化粧品成分としてのグルタミン酸Na

グルタミン酸Naの化粧品成分としてのイメージ

1)グルタミン酸Naの基本特性は?

化粧品成分のグルタミン酸Naは、グルタミン酸をナトリウム塩にして水溶性を高めた結晶粉末化合物です。

グルタミン酸は、アミノ酸の中では比較的水に溶けにくいため、ナトリウム塩を付けることで使い勝手をよくしたものです。

化粧品成分としては、保湿効果や皮膚の細胞を賦活化して角質の代謝を促進するはたらきがあります。

化粧品成分としての全成分表示では、「グルタミン酸Na」と表記されます。

2)グルタミン酸Naの安全性

安全性のイメージ

グルタミン酸Naは、これまでの使用実績やデータから、毒性や皮膚刺激性がほとんどなく、安全性が高い成分と言えます。

また、眼刺激性やアレルギーのリスクがほとんどありません。

したがって普通肌脂性肌はもちろん、混合肌乾燥肌敏感肌インナードライ肌のどんな肌質の方でも使うことが可能です。

しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えません。

だから、肌荒れかゆみ、赤みが出るほか刺激を感じる可能性を100%否定することはできません。

アトピー性皮膚炎や肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。


4.グルタミン酸Naの化粧品としてのはたらきや効果

グルタミン酸Na配合の化粧品イメージ

1)グルタミン酸Naの効果は?

グルタミン酸Naには、保湿作用と角質の代謝促進作用があります。

そのため、保湿効果による乾燥肌の予防や改善が期待できます。

しかし、グルタミン酸Naなどアミノ酸系成分だけで保湿力が十分と言うことはなく、乾燥肌対策の化粧水や美容液では他の保湿成分も一緒に配合されます。

グルタミン酸Naと他の保湿成分によって、乾燥肌が改善すれば、肌のキメが整いハリツヤをキープできます。

また、透明感のあるお肌が得られます。

さらに、乾燥肌が原因で目立つほうれい線小じわくすみ毛穴の黒ずみなどの肌悩み肌老化の予防が期待できます。

2)グルタミン酸Naはどんな化粧品に配合されるの?

配合されるイメージ

グルタミン酸Naは、保湿効果を期待して、さまざまな基礎化粧品やメイク用品などに配合されます。

具体的には、洗顔料保湿化粧水保湿美容液乳液保湿クリームフェイスマスク・フェイスパック日焼け止めなどに使われます。

さらに、シャンプーやコンディショナー、ヘアパックなど毛髪や頭皮のケア用品、マスカラや化粧下地、リキッドファンデーションなどメイクのアイテムにも使われます。

また、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液などにも配合されます。


5.オススメのグルタミン酸Na配合化粧下地は?

グルタミン酸Na配合の化粧下地ナールスヴェール

エイジングケア世代の女性の紫外線対策もできるにオススメのグルタミン酸Na配合のUV化粧下地として、ナールス ヴェールをご紹介します。

「ナールス ヴェール」は、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」を推奨濃度で配合した紫外線散乱剤だけのノンケミカルタイプのUVケア化粧下地です。

紫外線散乱剤のみの配合ですが、SPF40、PA+++という高いUVカット力を実現しています。

だから、春の紫外線対策や夏の紫外線対策が可能です。

また、敏感肌でも使える、エイジングケア世代の女性のための優しいタイプのUV化粧下地です。

さらに、独自処方により、つけているのを忘れるほど軽いテクスチャーであることも大きな特徴です。

今まで、肌に合う日焼け止め・UV化粧下地が見つからなかった、という方にもおすすめです。

ナールス ヴェールの特徴を整理すると、次の通りです。

  • SPF40&PA+++でどの季節でも日常生活や外出時の紫外線をしっかりカット
  • 敏感肌の方にもオススメのノンケミカル&ノンパラベンでお肌に優しい処方
  • お肌になじみやすい独自処方の肌色で白浮きしない
  • べとべとしないノンオイリー処方でとても軽いつけ心地
  • や水でもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方
  • ナールスゲン&ビタミンC誘導体配合でエイジングケアもできる
  • グルタミン酸Na以外にもスクワラングリセリンなどの保湿成分配合でうるおいをキープ

<全成分表示>

シクロペンタシロキサン、水、ジメチコン酸化チタンBG酸化亜鉛、PEG-9ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(*)、水酸化AI、ハイドロゲンジメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、グリセリン、ジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、スクワラン、酸化ジルコニウム、ジステアルジモニウムヘクトライト、グルタミン酸Na、トコフェロールグリチルリチン酸2Kテトラヘキシルデカン酸アスコルビルフェノキシエタノール酸化鉄

(*)ナールスゲン


6.まとめ

グルタミン酸Na(ナトリウム)はどんな化粧品成分なの?のまとめ

グルタミン酸Naとはどんな成分か、また化粧品成分としての特性、保湿効果や安全性について詳しくご紹介しました。

さらに、オススメのグルタミン酸Na配合UV化粧下地「ナールス ヴェール」についてもご紹介しました。

いかがでしたか?

グルタミン酸Naは、うまみ成分として有名ですが、化粧品の原料としても利用されています。

化粧品成分としては保湿効果があり、安全性も高く使いやすい成分です。

ぜひ、グルタミン酸Na配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

関連記事

ワセリンとは?種類と効果と使い方を丸ごと知ろう!

続きを読む

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンはどんな化粧品成分?

続きを読む

(ジメチコン/メチコン)コポリマーとはどんな化粧品成分?

続きを読む

尿素のメリットとデメリットは?エイジングケアの視点から

続きを読む

キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」