毛穴ケアの失敗でトラブルや肌老化!スキンケア5つのNG

毛穴ケアの失敗で肌トラブルに悩む女性

毛穴の悩みは女性にとって大きな問題で。

だから、スキンケアをはじめさまざまな方法を試している方も多いでしょう。

しかし、失敗するとかえって目立ってしまうことも。

この記事では、毛穴ケアで多い肌トラブルや肌老化を招いてしまうスキンケアの失敗例をご紹介します。

また、失敗しないための毛穴のスキンケアやエイジングケアのポイントもご紹介します。

毛穴ケアの失敗でトラブルや肌老化!スキンケア5つのNGの目次

1.毛穴ケアをしても悩みが解消しないあなたへ

毛穴ケアを行う女性

色んな毛穴ケアを一生懸命がんばっているのに、肌悩みが解消しないことはありませんか?

また、かえってひどくなったり、肌荒れなどの肌トラブルを経験したことはありませんか?

毛穴の黒ずみなど毛穴悩みは、若い女性からエイジングケア世代の方まで幅広く抱えている肌悩みの1つ。

目立つので人に会ったりするが恥ずかしいと思うこともありますね。

早く改善して美肌を取り戻したいため、エイジングケア化粧品などを使って毛穴ケアに励んでいるのではないでしょうか。

しかし、一歩間違うと悪いループにはまり込んでしまうことも。

また、肌老化を促進してしまうことさえもあります。

この記事では、知らず知らずに陥りやすい毛穴ケアの5つの失敗を取り上げます。ぜひ、そんなケアを避けて、毛穴悩みを改善するための正しいスキンケアやエイジングケアに取り組んでくださいね。

「どんな毛穴ケアをやってしまえば失敗するの?」

「ウェブでオススメの方法を試したら、余計にひどくなった!」

「一生懸命、毛穴ケアをしているのに改善しない!」

「スキンケア化粧品はどう選べばよいの?」

「間違いのない毛穴ケアの方法を知りたい!」

とお感じなら、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<毛穴ケアで失敗しないためのクレンジングなら!>

毛穴ケアのクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

毛穴ケアのクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

毛穴ケアに使っていただきたい!おすすめのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールス エークレンズ無料サンプル申し込み

<この記事の大切なポイント>
  • 毛穴ケアは失敗すると逆効果に。かえって肌トラブルや肌老化を招きます。
  • 毛穴ケアが失敗しやすいのは、見た目の改善を急いでしまうこと、原因を間違えること、スキンケアやエイジジングケアだけに頼ってしまうことが大きな原因です。
  • 失敗する主な毛穴ケアは、ピンセットを使った角栓除去、過度な毛穴パック、過度なピーリング、ゴシゴシクレンジングやゴシゴシ洗顔、オロナインパックの5つです。
  • 毛穴ケアに大切なことは、バリア機能の正常化とターンオーバーの正常化の2つです。この2つを満たせば、肌悩みの多くが改善できるのです。
  • 毛穴ケアのスキンケアやエイジングケアの基本は、保湿、紫外線対策、正しい洗顔とクレンジングです。そして、アンチエイジングを意識した生活習慣を送ることです。

2.なぜ毛穴ケアは失敗しやすいの?

毛穴ケアに失敗した女性

毛穴ケアの失敗の具体的な方法をご紹介する前に、大切なお話をします。

それは、毛穴ケアがなぜ失敗しやすいのかについて。

大きくは3つの原因があります。

1)見た目の改善を急ぐ

毛穴の黒ずみイチゴ鼻が目立つと、とにかく角栓や毛穴の汚れを早く取り去ることで、見た目の改善を急ぐことが多いのではないでしょうか?

気持はわかりますが、刺激の強い方法や短期的な対症療法では、かえって悪化させる原因にもなってしまいます。

巷で噂されている毛穴ケア方法に振り回されないようにしましょう。

2)毛穴の悩みの原因を間違える

毛穴の悩みと言っても実は原因もさまざまです。

過剰な皮脂と角栓による黒ずみ毛穴、加齢による毛穴の開き、メラニンによるメラニン毛穴、乾燥肌が原因の乾燥毛穴、真皮表情筋の衰えによる顔のたるみが原因のたるみ毛穴などがあります。

毛穴の悩みと言っても原因が異なるので、それに応じたスキンケアやエイジングケアを行なわないと失敗してしまうのです。

3)スキンケアだけに頼る

毛穴ケアをはじめとする対策で美肌を目指すなら、スキンケアやエイジングケアだけでは失敗する可能性があります。

なぜなら、肌質や肌状態は、身体の栄養状態や健康状態を皮膚に表しているからです。

正しいスキンケアやエイジングケアを一生懸命行っても毛穴の悩みが改善しないのは、生活習慣に問題があるケースも多いのです。


3.5つの失敗毛穴ケアはこれ!

毛穴ケアの失敗例を教える女性

ここではよくある毛穴ケアの失敗例を5つご紹介します。

1)ピンセットを使った角栓除去

、コメドプッシャーで押し出したり、綿棒とオイルで無理やり角栓を除去する方法は、最もリスキーな失敗毛穴ケアです。

無理やり除去すれば、また角栓ができる悪循環を作ります。

また、物理的な刺激で、肌細胞や毛細血管を傷つけるので、メラニンがつくられ、シミの原因になることもあります。

2)過度な毛穴パック

毛穴パックは、値段も手ごろで即効性のある毛穴ケア。

だから、人気のアイテムです。

しかし、毎日のように使ったり、誤った方法で行うと必要な皮脂や角栓まで取ってしまいます。

その結果、また角栓ができる悪循環を作ります。

また、敏感肌インナードライ肌の方にとっては、バリア機能をさらに低下させるリスクもあるのでオススメできません。

短期的、応急処置的に毛穴パックをするならよいのですが、根本的な毛穴ケアではありません。

3)過度なピーリング

ピーリングを行う女性

フルーツ酸(AHA)などを使ったピーリングは、角質肥厚の場合には有効です。

お肌の角質がポロポロと汚れとともに取れ、お肌がツルツルになって毛穴もキレイになります。

しかし、過度の回数のピーリングは必要な角質まで剥がしてしまうので肌荒れの原因になります。

また、ターンオーバーが加速して皮脂の分泌が過剰になるリスクもあります。

これも失敗毛穴ケアの1つです。

4)ゴシゴシクレンジングやゴシゴシ洗顔

毛穴の黒ずみや毛穴汚れをスッキリさせようと、メイク落としのクレンジング洗顔の際に、ゴシゴシと擦って大きな摩擦を起こしていませんか?

これも、失敗毛穴ケアです。

また、刺激の強い界面活性剤の洗顔料クレンジング料を使えば、皮脂や天然保湿因子(NMF)セラミドまで流されてしまいます。

その結果、乾燥肌になってしまう失敗毛穴ケアの1つです。

さらに、過度なスクラブ洗顔や酵素洗顔を毎日することも毛穴ケアとしてはNGです。

5)オロナインH軟膏による角栓の除去

オロナインのイメージ

巷では、オロナインH軟膏を使ったパックで角栓を除去する方法が紹介されています。

ご存知のとおりオロナインH軟膏は、殺菌効果を持つ医薬品です。

その効能・効果は次のとおりです。

にきび/吹出物/はたけ/やけど(かるいもの)/ひび/しもやけ/あかぎれ/きず/水虫(じゅくじゅくしていないもの)/たむし/いんきん/しらくも

毛穴や角栓の除去はありません。

医薬品は、効能・効果以外で使ってはいけないのです。

オロナインH軟膏の有効成分は、1g中10mg含まれるクロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)です。

それに、添加物として、ラウロマクロゴール/ポリソルベート80/硫酸Al/K/マクロゴール/グリセリン/オリブ油/ステアリルアルコール/サラシミツロウ/ワセリン/自己乳化型ステアリン酸グリセリル/香料/精製水が含まれています。

クロルヘキシジングルコン酸塩液は、殺菌効果があることでその効能・効果を発揮します。

これは皮膚常在菌の1つであるアクネ菌の生育を阻止し、にきびなどの改善につながります。

また、ラウロマクロゴールとポリソルベート80は、界面活性剤で、角質や角栓を柔らかくするはたらきがあります。

そのため、オロナインパックは角栓にも効果を発揮することができるのです。

しかし、医薬品としては誤った使用方法であり、刺激を与えるリスクが高いのです。

オロナインパックも失敗毛穴ケアの1つです。


4.エイジングケアを意識した成功する毛穴ケアの基本

毛穴ケアの基本を解説する女性

エイジングケアを意識した毛穴ケアに大切なことは、バリア機能の正常化とターンオーバーの正常化の2つです。

生まれつきの肌質が脂性肌で皮脂分泌の多い方もいますが、皮脂を除去するスキンケアではなく、適度な分泌を目指すことが大切なのです。

そのためのスキンケアやエイジングケアで大切なのは、次の3つです。

この3つに加えて、アンチエイジングを意識した生活習慣を続けることが大切なのです。

正しい毛穴ケアに取り組みましょう。

1)クレンジングや洗顔

クレンジングを行う女性

①クレンジング

まず、メイクをしている場合は、必ずクレンジングを行いましょう。メイクをしたままだと肌が酸化してしまいます。これは、毛穴ケアとしては失敗です。

クレンジングは使い方や方法も大切ですが、エイジングケア世代になると優しいものを選ぶことが大切です。

30代以上のエイジングケア世代では、基本的には、クレンジングジェル、クレンジングミルク、クレンジングクリームなどで、アミノ酸系界面活性剤を使った刺激の少ないタイプがおすすめです。

また、毛穴汚れや毛穴の黒ずみには、アーチチョーク葉エキスクレイなどを配合したクレンジング料がオススメです。

毛穴汚れを落とすクレンジングを心がけましょう。

②洗顔

洗顔料も優しいアミノ酸系界面活性剤や弱酸性の界面活性剤がおすすめです。

お肌が弱くないなら良質な石けん素地で作った固形石鹸を選びましょう。

2)保湿

保湿を行う女性

①化粧水による保湿

洗顔やクレンジング後は、保湿力の高い成分を含む保湿化粧水を使って保湿ケアを行いましょう。

保湿成分としては、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸プロテオグリカンナールスゲンなどのアミノ酸誘導体など、刺激が少なくて保湿力が高いものをおすすめします。

また、脂性肌の方は、ビタミンC誘導体配合化粧水がおすすめです。中でも、浸透力の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPS化粧水(アプレシエ)がおすすめです。

エイジングケア化粧水を選ぶ際は、化粧水ランキングなどだけに頼らず、毛穴ケアができる成分の特性を理解して選ぶことが大切です。

毛穴対策化粧水について詳しくは、「毛穴の黒ずみを解消したい!化粧水の選び方とスキンケア」や「たるみ毛穴ケアのオススメ化粧水と選び方・使い方のコツ」をご覧ください。

②美容液や保湿クリーム

さらに、毛穴ケアの保湿のためには、美容液保湿クリームセラミドなどの保湿力の高い成分を補うことも大切です。中でも、皮膚の細胞間脂質のセラミドと同じ構造を持つヒト型セラミド配合のセラミド配合美容液セラミド配合保湿クリームがおすすめです。

美容液や保湿クリームも美容液ランキング保湿クリームランキングなどだけに頼らず、保湿成分を理解して選びましょう。

また、たるみ毛穴ケアの美容液の選び方については、次の記事が参考になります。

たるみ毛穴を改善するオススメの美容液の選び方と使い方

3)紫外線対策

紫外線対策を行う女性

紫外線は、どんなタイプの毛穴悩みにも悪影響を与えます。特にメラニン毛穴は直接の原因となります。

また、毛穴以外のシミやシワ、ほうれい線などの予防のためにも、紫外線対策が大切です。

だから、日焼け止めをはじめ帽子や衣類などファッションでも紫外線対策を行いましょう。

春から夏だけではなく、秋も冬も紫外線対策を行いましょう。

また、紫外線のアフターケアとして、ビタミンACEを摂ることも毛穴ケアにおすすめです。

なお、美白化粧水などによる美白ケアもメラニンの沈着を防ぐので、メラニン毛穴対策になります。

しかし、メラニンを減らすケアはお肌の防御機能を弱めるリスクがあるので、頼りすぎはおすすめできません。


5.失敗しない毛穴ケアにおすすめのエイジングケア化粧水

ナールスゲン配合のエイジングケアローション「ナールスピュア」

失敗しない毛穴ケアのためにおすすめの化粧水が、ナールスゲン配合のエイジングケアローション「ナールスピュア」

ナールスピュアは、毛穴のケアを考える方なら、どなたでも使っていただけるエイジングケア化粧水です。

毛穴の黒ずみやたるみ毛穴などの予防対策にピッタリです。

その特徴は、次の通りです。

  • ナールスゲンを推奨濃度で配合することによって、しっかりお肌に浸透し、エイジングケアをサポート
  • 両親媒性ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)配合による美肌効果
  • 高保湿成分プロテオグリカン配合による保湿効果
  • ビタミンE誘導体肌荒れを防ぐ
  • アルコールフリー
  • 香料・着色料・鉱物油などエイジングケアに不要な成分が無添加の化粧水
  • 界面活性剤完全フリーを実現

なお、さまざまな化粧品成分のはたらきは、次の表を参考にしてください。

<ナールスピュアの全成分表示>

BG、グリセリン、ベタイン1,2-ヘキサンジオールPEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリンカルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、アスコルビルリン酸Na、トコフェリルリン酸Naパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na水溶性プロテオグリカンフェノキシエタノール


6.失敗しない毛穴ケアにおすすめのクレンジング料

アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

毛穴のケアにオススメのクレンジングジェルが、アミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」です。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、アーチチョーク葉エキスを配合することにより、毛穴のたるみ、開き、詰まり、いちご鼻、ザラつきなどの毛穴の悩みにアプローチし、毛穴の目立ちにくいお肌をサポートします。

さらに、次のような特徴があります。

<ナールス エークレンズの全成分表示>

水、BG、ラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコール、グリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


7.まとめ

毛穴ケアの失敗でトラブルや肌老化!スキンケア5つのNGのまとめ

毛穴ケアで多い肌トラブル、また肌老化を招いてしまうスキンケアでの失敗についてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

巷でよいと噂される毛穴ケアにも、リスクが多いことがおわかりいただけたのではないでしょうか?

また、失敗しない毛穴ケアのためのエイジングケア化粧水やクレンジングジェルをご紹介しました。

角栓や皮脂過剰で目立つ毛穴の黒ずみの本当の原因がわかれば、どんなケアが必要なのか理解できると思います。

この記事を参考に、ぜひ、失敗しない毛穴のスキンケアやエイジングケアを実践いただければ幸いです。

関連記事

男性(メンズ)は毛穴が目立ちやすい!?予防と改善の対策

続きを読む

毛穴パックは角栓やイチゴ鼻に良いの?NG?

続きを読む

毛穴ケアで黒ずみや開きをなくす!?目立つ毛穴の原因と対策

続きを読む

毛穴汚れにオススメのクレンジングの選び方とランキング?

続きを読む

たるみ毛穴を改善するエイジングケア!原因・症状と10の対策

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」