ほうれい線ケアのフェイスマスクの選び方と使い方

ほうれい線ケアのフェイスマスクをつける女性

「フェイスマスクで、ほうれい線ケアができるのかしら?」

あなたは、フェイスマスクをほうれい線ケアに試されたことはあるでしょうか。

顔のたるみで目立つほうれい線を消すことはできませんが、乾燥で目立ったほうれい線の改善や予防ならフェイスマスクでエイジングケアが可能です。

ただし、エイジングケア美容液と同じように、よい美容成分が入っていることや、よい素材のフェイスマスクであることが大切です。

この記事では、そんなほうれい線ケアのフェイスマスクの選び方と使い方をご紹介します。

また、この記事は、章ごとにまとめをつけているので、あなたの読みたい箇所を探して読んでいただくことも可能です。

ほうれい線ケアのフェイスマスクの選び方と使い方の目次

1.フェイスマスクでほうれい線ケアを考えたいあなたへ

ほうれい線を気にする女性

エイジングに伴う肌老化の中でも、やっかいなほうれい線

目立ってくると、どんな女性でも早くほうれい線を消したいって思いますよね。

ほうれい線ケアのために、さまざまなエイジングケア化粧品が使われています。

きっと、あなたがほうれい線にお悩みなら、エイジングケアのための化粧水美容液または保湿クリームなどを、お使いではないでしょうか?

これらのエイジングケア化粧品は、ほぼ毎日使うものです。

一方、フェイスマスクの場合はいかがでしょうか?

フェイスマスクは、まだお使いの経験がなかったり、選ぶ基準もわからない、というエイジングケア世代の方も多いのではないでしょうか?

フェイスマスクは、他のエイジングケア化粧品とは異なり、毎日使う方は少ないですし、他のアイテムと比較すれば、ほうれい線ケアにどう使うかなどの情報も少ないようです。

そこで、この記事では、少し特別な存在であるフェイスマスクについて、ほうれい線ケアのための選び方や使い方などをご紹介します。

「ほうれい線ケアには、どんなフェイスマスクがいいの?」

「フェイスマスクは、ほうれい線ケアのためにどんな使い方をすればよいの?」

「フェイスマスクと化粧水や美容液との使い分けはどうするの?」

などにご興味のある方は、ぜひ、続きを読んでみてください。

もし、ほうれい線だけでなくフェイスマスク全般について詳しく知りたい方は、「フェイスマスクの選び方とオススメ・ランキングの関係は?」をご覧ください。

なお、ほうれい線の原因について詳しく知りたい方は、「ほうれい線の原因と20代、30代、40代、50代の特徴」をご覧ください。

また、ほうれい線を消す対策についての詳しい情報は、「ほうれい線を消す、改善するための対策がすべてわかる!」をご覧ください。

<この記事の大切なポイント>
  • フェイスマスクはその成分が美容液と近いので、ほうれい線ケアのフェイスマスクと美容液のエイジングケア化粧品成分は、同じ考え方で選べばよいのです。酸化予防やコラーゲンを増やすアプローチができるエイジングケア化粧品成分に着目しましょう。
  • ほうれい線ケアに毎日使う美容液が決まっている場合は、その美容液と成分が異なるフェイスマスクを選ぶことが大切です。美容成分をしっかりチェックしましょう。
  • フェイスマスクのタイプはさまざまですが、ほうれい線ケアの場合は、機能性が高いものがよいでしょう。バイオセルロース製などがおすすめです。
  • フェイスマスクは、夏場には紫外線の強い日のアフターケアなどにも使って、しっかりほうれい線ケアを行いましょう。
  • フェイスマスクの使用時間は、製品にもよりますが、10~15分が目安です。長い時間使うことはほうれい線ケアにも逆効果です。

2.ほうれい線ケアのためのフェイスマスクの選び方

ほうれい線ケアのフェイスマスクをつける女性

ほうれい線の予防や対策で、エイジングケア化粧品を使うことは、今や当たり前になりつつあります。

そして、多くのエイジングケア世代の女性が、エイジングケア化粧水エイジングケア美容液乳液、保湿クリームのいずれか、または複数をお使いになっていることでしょう。

エイジングケア化粧品で、美容成分やエイジングケア化粧品成分をお肌に補っても、「顔のたるみ」が原因で目立ったしまったほうれい線を消すまではできません。

しかし、ほうれい線の予防、そして今以上に進まないことを考えれば、よいエイジングケア化粧品を使うことは大切です。

そんな中で、フェイスマスクもほうれい線ケアのエイジングケア化粧品の選択肢としてさまざまなタイプが登場してきました。

フェイスマスクは、次のような他のタイプのエイジングケア化粧品とは違う特徴があります。

  • 基本的には、毎日使うものではないこと
  • マスク、パック、シートなどで美容成分、エイジングケア化粧品成分を浸透させる
  • ほうれい線にだけ使える形のものもある

では、ほうれい線ケアのためのフェイスマスクは、どのように選べばよいのでしょうか?

ほうれい線ケアのフェイスマスクの選び方に悩む女性

ほうれい線ケアのフェイスマスクの選び方に、絶対的な基準があるわけでありませんが、次の3つのポイントに着目することで、自分に合ったフェイスマスクを選べるようになります。

1)ほうれい線ケアに有効なエイジングケア化粧品成分が含まれているか?

フェイスマスクは、その成分的な配合パターンとしては、美容液に似たものになります。

だから、基本的には、美容液と同じように水溶性のヒューメクタント成分と油溶性のエモリエント成分の両方の化粧品成分が配合されるケースが多いのです。

そのため、ほうれい線ケアのフェイスマスクの選び方としては、コラーゲンエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分と乾燥肌の原因にアプローチし、しっかり保湿できる保湿成分の両方が配合されていればよいのです。

レチノールレチノイン酸トコフェリルのようなビタミンA誘導体、VCエチルAPPSなどのビタミンC誘導体ナールスゲンネオダーミルプラセンタなどは、コラーゲンやエラスチンにアプローチする成分です。

保湿成分なら、セラミドヒアルロン酸プロテオグリカンなどがオススメです。

これらの保湿成分は、エイジングケア美容液などでも乾燥肌対策としてよく使われる保湿力の高い成分です。

これらの成分について詳しく知りたい方は、「ほうれい線対策の美容液の選び方は、5つの視点で考える!」の「2.美容液で使いたいほうれい線ケアのためのエイジングケア化粧品成分」をご覧ください。

また、「ほうれい線を解消したい!エイジングケア化粧品選びのコツ」の記事も、ぜひ参考にしてください。

2)美容成分、エイジングケア化粧品成分の浸透への配慮はあるか?

成分が浸透するイメージ

フェイスマスクの真骨頂は、マスクが化粧品成分の浸透をサポートできることです。これが美容液との大きな違いです。

したがって、ほうれい線ケアのフェイスマスクを選ぶには、マスクの素材や機能をしっかりチェックしましょう。

マスクのタイプとしては、シートタイプ、クリームタイプ、クレイタイプ、ピールオフタイプ、スリーピングタイプなどがあり、それぞれ特徴があります。

どれがよい悪いということではなく、それぞれに特徴があるので違いを理解して選びましょう。

フェイスマスクの選び方とオススメ・ランキングの関係は?」にそれぞれの特徴を説明していますので、参考にしてください。

自分に合ったものであれば、どのタイプでもよいのですが、シートタイプが最も手軽なので始めやすいのではないでしょうか。

ほうれい線ケアにシートタイプを考える場合、価格は高くなりますが、不織布ではなく、ナタデココの原料のココナッツを主成分にしたナノ繊維「バイオセルロース」なら、密着度が高く、エイジングケア化粧品成分の浸透を妨げることがありません。

バイオセルロース製のフェイスマスクと一般的なマスクの比較

不織布の場合は、うまく顔に貼り付かないと剥がれたり、ずれてしまうリスクがあります。

こうしたリスクを回避したいなら、バイオセルロース製のフェイスマスクがおすすめです。

3)手持ちの他のエイジングケア化粧品と成分が重なっていないか?

さきほど、フェイスマスクの化粧品成分と美容液の化粧品成分が、よく似たパターンになることをお伝えしました。

従って、ほうれい線ケアのフェイスマスクを選ぶ場合は、お手持ちの美容液の成分と重ならないものを選ぶ方がよいのです。

ほうれい線に対して、同じ成分を過度に使っても、エイジングケアの効果は高まるわけではありません。

だからこそ、美容液とは異なるエイジングケア化粧品成分や保湿成分が配合されたフェイスマスクを選びましょう。

もちろん、化粧水や保湿クリームと成分が重ならないことにも注意してください。

注意する女性

他のアイテムと100%同じ成分が重ならないフェイスマスクを選ぶのは難しいかもしれませんが、特にエイジングケア化粧品成分は、意識してチェックしましょう。

<第2章のまとめ>

ほうれい線ケアのフェイスマスクは、機能性の高いエイジングケア化粧品成分と保湿力の高い保湿成分が配合されているものを選びましょう。

エイジングケア化粧品成分としては、ナールスゲンやプラセンタ、ネオダーミル、ビタミンC誘導体などがオススメです。

保湿成分は、セラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸などがオススメです。

また、普段、お使いの美容液と異なる美容成分を補う方が効果的です。

フェイスマスクは、素材もさまざまですが、浸透力を高める工夫のあるバイオセルロースなどがオススメの1つです。


3.ほうれい線予防に効果的なフェイスマスクの使い方

フェイスマスクを使用する女性

ここからは、ほうれい線予防に効果的なフェイスマスクの使い方をご紹介します。

まず、フェイスマスクの使用時間ですが、おおむね10~15分が適切です。

これ以上長い間フェイスマスクを顔に貼っていると、お肌の水分がフェイスマスクに吸い上げられることもあるので、注意しましょう。

製品ごとに若干の違いがありますので、各製品の使い方をしっかり守ってください。

1)おすすめの使い方

①紫外線のアフターケア

紫外線によるほうれい線が気になる女性

ほうれい線ケアを考えれば、夏場など外出後の紫外線のアフターケアにビタミンACEなどの抗酸化成分やナールスゲンなどが配合されたフェイスマスクを使うことをおすすめします。

日焼け止めのほか、紫外線対策をしていても、夏の陽ざしを浴びたお肌はダメージを受けて活性酸素が増えている可能性も高いのです。

外出から帰った後に、紫外線のアフターケアとしてフェイスマスクを使いましょう。

②生理周期を意識する

女性の身体やお肌は、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの影響を受けます。

一般的には、生理が終わったころからお肌の調子が上がり、排卵日のころが最もキメが整った美しい状態です。

一方、生理の開始前はお肌のバリア機能が低下する一方で、皮脂分泌量が増えるのです。

フェイスマスクは、通常のスキンケアにプラスして使うものなので、お肌の調子がよい生理が終わった後から排卵日の期間に使うのがおすすめです。

生理周期を考える

人によって異なりますが、基本は生理1週間後に使うことがおすすめです。

これは、ほうれい線ケアに限らず、化粧品を使ったスキンケアの基本です。

女性ホルモンを意識したスキンケアについては、「シンデレラ座談会 in 京都祇園 Vol.2 ~ 女性ホルモンとコラーゲンと美白のお話 ~」も参考になります。

また、「女性ホルモンの変化を知って楽しく生きる!|中川ゆうこさん」もぜひお読みください。

2)使うのを避けるとき

フェイスマスクを使用してはいけないと注意する女性

フェイスマスクの使用を控えたいのは、敏感肌肌荒れなどがある場合で、基本的にはスキンケアやエイジングケアをできるだけシンプルにして、お肌に余計な負担を与えないことが大切です。

したがって、お肌の調子が悪い場合は、フェイスマスクを使うのを控えることがベターです。

<第3章のまとめ>

ほうれい線ケアのフェイスマスクをつける時間は、10分~15分程度にとどめましょう。それ以上長く使っても逆効果になる場合があります。

抗酸化成分が入っているフェイスマスクなら、紫外線のアフターケアのために、外出後に使うのもよい方法です。

また、生理周期を考えて、お肌の調子がよい生理が終わった後から排卵日の期間に使うこともよい方法です。

逆に、お肌が敏感な場合や肌荒れがある場合は、フェイスマスクを使うのを避けましょう。


4.おすすめのほうれい線ケアのフェイスマスク

バイオセルロース製フェイスマスク「ナールス パッション」

ここで、ほうれい線ケアにおすすめのフェイスマスクをご紹介します。

ナールスブランドのエイジングケア化粧品の1つであるバイオセルロース製フェイスマスク「ナールス パッション」です。

ナールスパッションはシートタイプで、先ほど説明したバイオセルロースを使っていますが、密着性が高く、剥がれにくいことが特徴です。

不織布のフェイスマスクでは、少し時間が経つと、顔に貼り付いていない部分が乾燥して、剥がれ落ちてしまうという方でも、これなら顔に貼ったまま家事をすることも可能なくらい、高い密着性があるのです。

さらに、ナールスパッションは、ナールスブランドの主力原料であるナールスゲンを推奨濃度で配合しているほか、プラセンタ、ヒアルロン酸、アロエベラ葉エキス、リンパ管ケア成分「キュアパッション」を配合しています。

キュアパッションはユニークなエイジングケア化粧品成分で、従来にない「リンパ管ケア」という着眼点から開発されたエイジングケア化粧品成分です。

リンパ管のはたらきの低下は、むくみにもつながるので予防はとても大切です。意外かもしれませんが、むくみがたるみとほうれい線の原因になってしまいます。

美肌のためには、リンパ管をしっかりとはたらかせることが大切なのです。

キュアパッションについての詳しい情報は、「キュアパッションはパッションフルーツのエイジングケア成分」をご覧ください。

ナールスパッションは、ナールスゲンは重なりますが、他のナールスブランドとはできる限り違う成分の配合を意識したので、ナールスブランドをお使いの方にもほうれい線ケアのフェイスマスクとしてプラスすることが可能です。

また、他の美容液をお使いの方でも、エイジングケア化粧品成分が重ならないなら、プラスして使えます。

そんな点から、ナールスパッションは、次のどんな世代のエイジングケアにもオススメできるフェイスマスクです。

ナールスパッションについては、こちらから

ナールスゲン配合バイオセルロースマスク「ナールス パッション」

<第4章のまとめ>

ほうれい線ケアのオススメのフェイスマスクの1つが、「ナールス パッション」。

ナールスゲンを推奨濃度で配合し、プラセンタ、ヒアルロン酸、アロエベラエキス、リンパ管ケアに着目した成分「キュアパッション」を配合しています。

素材は、美容成分をしっかり浸透させることができる「バイオセルロース」。

とても使い心地のよいフェイスマスクです。


5.まとめ

ほうれい線ケアのフェイスマスクの選び方と使い方のまとめ

ほうれい線予防や対策のためのフェイスマスクの選び方や使い方について、ご理解していただけたでしょうか。

最近では、バイオセルロース製をはじめ、フェイスマスクの種類も増えてきたので、選択肢が広がっています。

そんな中、ほうれい線ケアにフェイスマスクを使いたいという方も増えてきました。

一方、フェイスマスクは、化粧水や美容液とは異なり、毎日使うものではないだけに、選び方や使い方に工夫が必要です。

この記事では、そんなフェイスマスクの選び方と使い方をご紹介しましたので、ぜひ、ほうれい線ケアにお役立ていただければ幸いです。

<ほうれい線ケア化粧品 こちらもオススメ>

◎ナールスゲン、高浸透型ビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」、ビタミンE誘導体、プロテオグリカン配合。

ほうれい線ケアをサポートするエイジングケアローション「ナールスピュア」

◎ナールスゲンに加えてネオダーミルを推奨最高濃度配合。ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体に加えて、6種のヒト型セラミド(セラミドNG、NP、NS、EOS、EOP、AP)、プロテオグリカン、抗酸化成分金コロイド配合。

ほうれい線ケアをサポートするエイジングケア美容液「ナールス ネオ」

◎ナールスゲン、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体に加えて、3種のヒト型セラミド(セラミド2、セラミドAP、セラミドNP)、スクワラン、シアバター配合で保湿もバッチリ。

ほうれい線ケアをサポートする高機能エイジングケア美容クリーム「ナールス ユニバ」

pr
マスク型EMS美顔器「ヤーマン メディリフト」
ヤーマンメディリフト公式バナー小

★1日10分着けるだけ!★医師も納得!メディカルシリコーン採用で、あらゆる顔の形にフィット★左右差に対応!お顔の右と左で、それぞれ6段階のレベル調整が可能!

★各メディアで話題!女優・タレントも絶賛

★一時期は4ヵ月待ち!発送までの期間が、【1か月】に縮まりました!!

★販売価格:25,000円(税抜)送料無料・代引手数料無料

ヤーマンメディリフト装着画像
ヤーマンメディリフト公式サイト
ヤーマンメディリフトレビュー記事
関連記事

ほうれい線を解消したい!エイジングケア化粧品選びのコツ

続きを読む

ほうれい線コスメの真実!口コミや人気ランキングはホント?

続きを読む

レチノールクリームは、ほうれい線の改善に効果的なの?

続きを読む

ほうれい線は美容鍼で改善するの?その効果と安全性

続きを読む

ほうれい線対策の美容液の選び方は、5つの視点で考える!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」