ビタミンC誘導体に油溶性がある?☆動画で3分間エイジングケア

ビタミンC誘導体に油溶性があることを説明する女性

あなたは、ビタミンC誘導体に油溶性があるのをご存じでしょうか?

ビタミンCと言えば、水溶性のビタミンです。

そして、化粧品成分であるビタミンC誘導体も、その多くは水溶性です。

しかし、なかには油溶性のビタミンC誘導体もあるのです。

中川ゆう子さんが、そんな油溶性ビタミンC誘導体をテーマに、そのエッセンスを3分程度で解説しています。

油溶性ビタミンC誘導体VCIP配合エイジングケアなら!エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

ビタミンC誘導体に油溶性がある?☆動画で3分間エイジングケアの目次

1.油溶性ビタミンC誘導体を動画で学ぼう

油溶性ビタミンC誘導体のイメージ

ビタミンCはもともと水溶性のため、ビタミンC誘導体も水溶性のものが多く、化粧水やローションタイプのアイテムに配合されることが多い成分でした。

しかし、水溶性のデメリットを補ってつくられた油溶性ビタミンC誘導体が、多くのエイジングケア化粧品にも配合されるようになりました。

そんな油溶性ビタミンC誘導体の中でもいちばん実績があって、比較的よく知られているのが「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)」です。

では、油溶性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体とどう違うのでしょうか?

油溶性ビタミンC誘導体について、サクッと学びたいなら、この動画をチェック!

3分間で、油溶性ビタミンC誘導体の美肌効果が理解できます。


2.ビタミンC誘導体に油溶性があるってご存知ですか?

油溶性ビタミンC誘導体について解説する女性

動画で油溶性ビタミンC誘導体の効果のポイントをご紹介しました。

油溶性ビタミンC誘導体の詳しい情報については、エイジングケアアカデミー内に詳しい記事を用意していますが、お時間がない方、全体像を簡単に学びたい方のために動画を用意しました。

油溶性ビタミンC誘導体について、詳しくはエイジングケアアカデミーの「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の特徴は?」をご覧くださいね。

VCIP配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」


3.まとめ

ビタミンC誘導体に油溶性がある?☆動画で3分間エイジングケアのまとめ

エイジングケアアカデミーでは、アンチエイジングやエイジングケアに関するさまざまなテーマに関して、1つ1つ幅広くかつ深くまで掘り下げた記事をご用意しています。

それは、エイジングケアが断片的な知識で行うものではないと考えるからです。

一方、その分、読むことが大変になってしまいます。

そこで、「油溶性ビタミンC誘導体」をわかりやすくシンプルな動画でお届けすることにしました。

関連記事

たるみ毛穴の改善の方法は?☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

乾燥肌を改善するための対策☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

しわ対策の美容液の選び方☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

目の下のたるみのエイジングケア☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

ネオダーミルってどんな化粧品成分☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」