ビタミンC誘導体に油溶性がある?☆動画で3分間エイジングケア

あなたは、ビタミンC誘導体に油溶性があるのをご存じでしょうか?

ビタミンCと言えば、水溶性のビタミンです。そして、化粧品成分であるビタミンC誘導体も、その多くは水溶性です。

しかし、なかには油溶性のビタミンC誘導体もあるのです。

中川ゆう子さんが、そんな油溶性ビタミンC誘導体をテーマに、そのエッセンスを3分程度で解説しています。

 

★油溶性ビタミンC誘導体VCIP配合
エイジングケアなら!エイジングケアクリーム「ナールス ユニバ」

 

ビタミンCはもともと水溶性のため、ビタミンC誘導体も水溶性のものが多く、化粧水やローションタイプのアイテムに配合されることが多い成分でした。

しかし、水溶性のデメリットを補ってつくられた油溶性ビタミンC誘導体が、多くのエイジングケア化粧品にも配合されるようになりました。

そんな油溶性ビタミンC誘導体の中でもいちばん実績があって、比較的よく知られているのが「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)」です。

では、油溶性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体とどう違うのでしょうか?

油溶性ビタミンC誘導体について、サクッと学びたいなら、この動画をチェック!

 

◎ビタミンC誘導体の油溶性があるってご存知ですか?

油溶性ビタミンC誘導体について、詳しくはエイジングケアアカデミーの「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、油溶性ビタミンC」をご覧くださいね。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

関連記事

お肌の老化指標「エイジングインデックス」☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

顔のたるみの改善のためには?☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

ナールスゲンってどんな化粧品成分?☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

小じわのエイジングケアは?☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

エラスチンの特徴とナールスゲンの関係☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」