30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方

30代以上のニキビ跡の消し方

ニキビが治ったのに目立つ赤みは、早く消したい肌悩み。

でも、ニキビ跡の赤みはすぐに治まらないことも。

そんな時の出番は、メイクです。
この記事では、メイクアップアーティストのMANAMIさんに、動画でニキビ跡の悩みをメイクでカバーする方法をご紹介いただきます。

30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方の目次

1.ナールス美肌メイクレッスン~30代以上のニキビ跡編~とは?

ニキビ跡が気になる30代女性

 

ニキビといえば、思春期の肌悩みの代表です。

でも、30代でもニキビや大人ニキビに悩むことも。

そんなニキビが治っても、ニキビ跡の赤みで悩むことも少なくありません。

ニキビ跡の赤みはすぐに治まらないこともありますし、誤ったスキンケアでかえってひどくなることも。

もちろん、エイジングケア化粧品を使ったからと言って、治るわけではありません。

それでもお出かけがあったり、仕事で人と会う場合には何とか消したいですね。

そんな時に頼りになるのがメイクでカバーすること。

そこで、美肌のためのメイクのテクニックをお伝えすべく、ナールスエイジングケアアカデミーでは、メイクアップアーティストのMANAMIさんのご協力・監修のもと、「ナールス美肌メイクレッスン」と題した動画を企画・制作することになりました。

その第11回目が、今回の「30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方」。

ヤーマンのマスク型EMS美顔器「メディリフト」を看護師が体験!」などでご協力いただいている佐藤さんに、動画のモデルとしてご協力いただき、MANAMIさんに実際に

30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みを消すメイクのコツを教えていただきます。

ぜひ、30代でニキビ跡の赤みでお悩みの方はチェックしてみてくださいね。

もちろん、20代40代のエイジングケア世代50代のエイジングケア世代、さらには60代や70代の方もメイクのテクニックは基本的に同じなので、お役に立ちますよ!

<MANAMIさんプロフィール>

MANAMIさんのメイクレッスン

単身海外でのモデル活動を経験し、帰国後は芸能人を始め専門家や経営者、企業、ミスコンテスト出場者などのヘアメイク・ファッション・歩き方など「見た目全てに関わるプロデュース」を手がける。

2019年に開催される世界五大ミスコンのミススプラナショナルジャパン東京神奈川大会オフィシャルビューティキャンプアドバイザー。

著書は「メイクの超基本テクニック」(マイナビ)他5冊。雑誌、新聞掲載、テレビ出演中。

40歳にして中央大学法学部試験に合格。2019年春より中央大学法学部法律学科3年生。

MANAMIさんのインスタグラム

MANAMIさんのブログ

MANAMIMさんのツイッター


2.動画「30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方」

1)30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方

2)ニキビ跡の赤みの消し方のポイント

ニキビ跡に使うコンシーラーは、お肌と同じ明るさの黄味寄りの色を選びます。ブラシで赤みのあるニキビや吹き出物の上に、輪郭をはみ出るくらいにのせるのがコツ。はみ出た部分のみ、お肌になじませていきます。仕上げは、パウダーファンデーションで押さえます。


3.30代以上の悩ましいニキビ跡のケアは?

化粧水を使う女性

 

ニキビの原因は、アクネ菌が増えすぎて過剰な炎症を起こすことです。

ニキビが治っても、炎症を起こした細胞が出したサイトカイン(身体の免疫や炎症に関わる体内ホルモン)など、低分子のタンパク質が皮膚に残っていたり、細胞を修復するために血管が開いていることで赤みが目立つことがあります。

そんなニキビ跡の赤みのケアには、ビタミンC誘導体配合化粧水を使うことがよい方法です。ケアのポイントとしては、ニキビ跡が赤いうちにケアすることです。

赤みは細胞の力で肌を修復しようとしていることの証なので、このタイミングでビタミンC誘導体の力でコラーゲンを増やしましょう。

もう1つは紫外線対策をしっかり行うことです。

日焼け止めを使ったり、UV化粧下地でしっかり紫外線をブロックして、肌の炎症のリスクを小さくすることが大切です。

そして、もう1つは何といってもスキンケアの基本である保湿

ニキビ跡の赤みのある皮膚は、炎症でバリア機能が低下していることも多いので、優しい敏感肌化粧水などの敏感肌でも使える化粧品で保湿をしっかり行いましょう。

セラミド美容液セラミドクリームがおすすめです。

他にも、ピーリングはターンオーバーを促進するのでニキビ跡の赤みを消す手段として効果的です。

しかし、バリア機能を低下させるリスクもあるので、かえって悪化することもあります。

敏感肌インナードライ肌乾燥肌の方には、セルフピーリングはおすすめできません。

ピーリングを行ってニキビ跡を消したいなら、美容皮膚科などに相談して肌質や肌状態に合った方法で治療してもらいましょう。

ニキビの悩み全般には、ビタミンA、B2、B6、C、Eなどの栄養素を含む美肌によい食べ物を積極的に摂取しましょう。

また、適度な運動、質の高い睡眠を取る、高糖質・高脂質食を控えることも大切です。

最後に、ニキビ跡の赤みが消えて、クレーターのように凸凹になっていたら、なかなかセルフケアでは改善しません。早めに皮膚科などを受診しましょう。

ニキビ跡の治療のための美容クリニック・施設検索


4.まとめ(編集後記)

このメイクレッスン動画にご協力をお願いしたモデルの方たちには、すっぴんでのご登場をお願いしたのですが、みなさま快くお受けくださいました。

まずはその点、心から御礼申し上げます。

このメイクレッスン動画の撮影は、モデルの方が実際にお肌で悩んでおられる点について、MANAMIさんに改善するポイントをご紹介いただく形式で進めました。

今回モデルを務めていただいたのは看護師の佐藤さんで、お肌悩みは「ニキビ跡の赤み」。

何歳になってもニキビや吹き出物ってできて、それが跡になって残るのは本当に悩ましいですよね。

コンシーラーで隠せるのは知っていましたが、ニキビや吹き出もの跡からはみ出るくらいに塗って、そこだけをお肌になじませるのがコツなんですね。

つい、塗った上も触りそうになりますが、そこはグッと我慢して、さっさとファンデーションで押さえることで、ニキビ跡は綺麗に目立たなくなるんですね。

佐藤さんの赤みのあるニキビ跡も、あっという間に消えておりました。

関連記事

MANAMIさんの動画で見る「ナールス美肌メイクレッスン」

続きを読む

50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法

続きを読む

30代の目元のくすみをパッと明るくするメイク術

続きを読む

30代以上必見! 毛穴を目立ちにくくするメイク術

続きを読む

60代のほうれい線や口元のシワを目立たなくするメイク術

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」