エラスチンの特徴とナールスゲンの関係☆動画で3分間エイジングケア

エラスチンとナールスゲンの関係をご存じでしょうか?

エラスチンは、日本語で「弾性線維」と呼ばれています。その名の通り、お肌の弾力やハリの「たんぱく質」です。エラスチンは、コラーゲンを束ねてお肌の弾力を作るとても大切な成分です。

そして、エイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」は、エラスチンを増やします。

ナールスエイジングケアアカデミー「動画で3分間エイジングケア」『エラスチンの特徴とナールスゲンの関係』のコーナーです。

中川ゆう子さんが、「ナールスゲンとエラスチン」をテーマに、そのエッセンスを3分程度の動画で解説しています。

 

★エイジングケア化粧品なら、ナールスゲン配合「ナールスピュア」

 

 

エラスチンとは、どのような効果を持つお肌の成分かご存じですか?

お肌の弾力を保つのに重要な役割を果たしているのが、表皮と皮下組織の間にある“真皮”ですが、真皮の約70%はコラーゲンが占めています。

一方、エラスチンは真皮の2%~数%程度と、ずいぶん少ない成分です。

そんな量が少ないエラスチンですが、お肌のハリ・弾力、柔軟性は、エラスチンがあるからこそと言われています。特に、お肌の中でたるみ予防に大きな役割を果たしているのがエラスチンなのです。

しかし、美肌をサポートする成分として知られるコラーゲンに比べれば、エラスチンの知名度はまだまだ低いのが現状です。

そんなエラスチンは、エイジングケア化粧品に配合されることも増えてきましたが、それはあくまで「保湿成分」です。
真皮に元からあるエラスチンとは、はたらきが違うのです。エラスチンを正しく理解するには、その点をおさえましょう。

ところで、そんなエラスチンは、京都大学発のエイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」のはたらきで増えるのはご存じでしたか?

 

エラスチンについて、サクッと学びたいなら、この動画をチェック!

◎エラスチンの特徴って?

 

 

エラスチンについて、詳しくは、エイジングケアアカデミーの「エラスチンのエイジングケア効果と化粧品成分としての役割」をご覧くださいね。

 

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

 

関連記事

小じわのエイジングケアは?☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

酵素洗顔のメリットは?☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

ヒートショックプロテインとナールスゲンの関係は?☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

目の下のたるみのエイジングケア☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む

ネオダーミルってどんな化粧品成分☆動画で3分間エイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」