冬のクレンジングは要注意!優しく正しく行おう

冬にクレンジングする女性

クレンジングはどの季節でも大切ですが、特に気温、湿度ともに低下して乾燥が気になる冬は要注意です。

なぜならクレンジングそのものがお肌の負担になるからです。

だから、お肌に刺激や摩擦を与えずに、その後の保湿ケアの効果を上げるためにも優しいクレンジングが大切。

この記事では、冬の美肌のためのクレンジングで気をつけたいポイントを公開します。

また、冬でも使いやすいおすすめのクレンジングジェルをご紹介します。

冬のクレンジングは要注意!優しく正しく行おうの目次

1.冬のクレンジングで失敗したくないあなたへ

クレンジングを行う女性

冬は乾燥の季節

だから、スキンケアやエイジングケアで最も大切なのが、保湿乾燥肌対策をしっかり行うことです。

でもその前に、メイクを落すためのクレンジングが必須です。

冬は乾燥肌に加えて、冷え性から来る顔冷えなどのリスクもあります。

だから、クレンジンでお肌に負担を与えてはいけないのです。

一方、ターンオーバーも低下して古い角質も溜まりやすくごわごわ肌のリスクも。

だから、メイクや汚れをしっかり落とすことも大切です。

お肌にとって厳しい季節にこの2つを両立することは難しいのですが、だからこそ、冬のクレンジングは正しく行うこと、自分にとってよいものを選ぶことが美肌のために大切です。

そこで、この記事では、冬のお肌に負担を与えないようなクレンジングの選び方や使い方、気をつけたいポイントを公開します。また、冬でも使いやすいおすすめのクレンジングジェルをご紹介します。

「冬のクレンジングは何に気をつければよいの?」

「いつも乾燥肌だけどどんなタイプを選べばよいの!」

「冬でも使いやすいクレンジング料って?」

「クレンジングの使い方が正しいかチェックしたい!」

「冬の季節の乾燥肌対策や冷え対策のポイントは?」

など、冬の季節のクレンジングの選び方や使い方が気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<冬でも肌への負担が少ないクレンジングなら>

敏感肌でも使える医師監修のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

敏感肌でも使える医師監修のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

冬のメイク落としにオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<エイジングケア世代のための冬のクレンジングジェルの動画>

【衝撃】オチがすごすぎて、ハマる人続出!|ナールス史上初の素敵なストーリー

<この記事の大切なポイント>
  • 冬は気温や湿度ともに1年中で最も低くなる季節です。バリア機能が低下するため、優しいクレンジング料を選び、お肌への負担を避けることが大切です。
  • 一方、冬はターンオーバーが低下して角質肥厚が進んだり、皮脂が固まって毛穴に詰まりやすくなります。適度な洗浄力でメイクや毛穴汚れを落せることも大切です
  • 冬に優しいクレンジングを行うには、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプがおすすめです。なぜなら、これらは刺激性が少ないタイプが多く、摩擦も抑えられるからです。
  • 冬は、クレンジングの後、保湿ケアをしっかり行うことが大切です。化粧水だけではなく保湿クリームなどで油性のエモリエント成分を補いましょう。
  • 冬に限らずどんな季節でも、正しくクレンジングを行うことが大切です。肌への刺激や摩擦のない方法、正しい順番でやさしく行いましょう。

2.冬の季節的特徴とお肌への影響

冬に防寒する女性

1)冬の季節的特徴

冬は1年のうちでもっとも外気温が下がり、空気中の水分も少なくなって湿度が低下します。

日の出が遅くなるとともに日の入りが早くなるため、日照時間が短い時期です。

また、季節風が吹くことで日本海側では雪が降り、太平洋側は晴れていますが乾燥することが多くなります。

室内はエアコンなどの暖房機器を使う場合が多くなることから、お肌にとっては注意が必要です。

なぜなら、エアコンからの温風によって乾燥肌が助長されてしまう場合があります。

また、室外と室内の寒暖差がお肌に負担を与える可能性もあります。

冬の中でも12月は年末にかけて、忘年会や仕事納めがあります。

また、1月はお正月や新年会などでお酒を飲む機会が増えます。

だから、不規則な生活サイクルになりやすい時期です。

生活リズムが乱れると、お肌に負担がかかりクレンジングの刺激にも反応しやすくなります。

また、身体にも負担がかかるので要注意です。

2)お肌への影響と冬の肌悩み

冬の肌が気になる女性

水分には、乾燥しているところに流れる性質があります。

そのため、空気が乾燥している冬は、顔や身体の水分が奪われやすくなり、乾燥肌になりやすいのです。

冬は顔や身体全体が、下記のような症状でお困りの方もいます。

特に、かゆみがあると厄介です。

無意識に掻きむしってしまい、炎症をおこして敏感肌になってしまう場合もあります。

冬を快適に過ごすためにも、乾燥肌の予防や改善を意識することが大切です。

また、冬は外気温が下がって血行が悪くなる傾向があります。

血行が悪くなると、栄養が身体の隅々にまでいきにくくなり、新陳代謝が悪くなりがちです。

お肌がハリツヤを失い、ターンオーバーがうまくいかないことで肌がごわつき、古い角質が肌の表面に残って化粧品の美容成分が浸透しにくくなるのです。

これが、洗顔やクレンジングでしっかり汚れやメイクを落す必要がある理由です。

さらに、冬は皮脂腺からの皮脂の分泌汗腺からの汗の分泌が減る時期でもあります。

だから、水分の蒸発を防ぐ皮脂膜が不足してしまうことがあります。

その結果、バリア機能が低下して、外部刺激に弱くなり肌荒れに悩む方が増えるのです。

とくに30代からのエイジングケア世代では、年齢によるお肌の老化と相まって、肌悩みが増えるのです。

だからこそ、冬はとくにお肌の負担になるクレンジングを正しく行うこと、お肌に優しい乾燥肌や敏感肌でも使えるクレンジング料を選ぶことが大切なのです。


3.冬のクレンジング料の選び方のコツは?

正しい知識でクレンジング料を選ぶ女性

1)肌質や肌状態に合った優しいものを選ぶ

まず、冬はバリア機能が低下している可能性が高いので、クレンジング料は優しいものを選ぶことが基本です。

一方、ターンオーバーの遅れで角質肥厚ぎみになったり、外気に冷やされた皮脂が毛穴に詰まることもあります。

だから、毛穴汚れを落すことができるクレンジング料を使うことも大切です。

この2つのポイントを意識して、肌質や肌状態と年齢に見合ったクレンジング料を選びましょう。

肌質には、普通肌脂性肌インナードライ肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌がありますが、冬は多くの方が乾燥肌に傾きがち。

また、エイジングとともに乾燥肌傾向になります。

だから、30代以上のエイジングケア世代であれば、冬はまずお肌に優しい乾燥肌や敏感肌でも使えるクレンジング料を選ぶことが基本です。

2)冬に向くタイプのクレンジング料

ジェルタイプのクレンジング料

クレンジングにはいくつか種類があります。

冬の向くタイプとそうでないものがあります。

冬に向くタイプのクレンジング料は、摩擦を起こしにくいタイプ、刺激の少ない界面活性剤が使われているもの、洗浄力が適度で毛穴の汚れがしっかり落とせるものです。

ただし、最近ではクレンジング料が多様化しているため、タイプだけでは優しいかどうかがわからないことも増えてきました。

クレンジング料のタイプ別の基本的な特徴を理解するとともに、界面活性剤をはじめ成分もチェックしましょう。

ここでは、一般的に冬に向くクレンジング料のタイプをご紹介します。

①ジェルタイプのクレンジング料

ジェルタイプつまりクレンジングジェルには水性タイプと油性タイプの2つのタイプがあります。さらに水性タイプはオイルインとオイルフリーの2種類に分かれます。

なめらかなテクスチャーで使いやすく、摩擦によるお肌の負担が少ないクレンジング料です。

だから、冬でも使いやすいタイプのクレンジング料です。

特に、水性のオイルフリータイプであれば、お肌への負担を少なく使用することができます。

ただ、洗浄力はオイルタイプやリキッドタイプと比べると弱いので、濃いメイクを避けたり、メイクが濃い部分だけ先にポイントメイク専用のクレンジング料でメイクオフしておくなど、工夫をすることが大切です。

②クリームタイプのクレンジング料

クリームタイプのクレンジング料

こってりとしたテクスチャーが特徴のクリームタイプは、お肌に密着しやすく洗い上がりがしっとりするというメリットがあります。

比較的低刺激なので冬のデイリーケア用クレンジングにおすすめです。

デメリットは、ベタつき感があることと、オイルタイプと比べると洗浄力が弱いことです。

③ミルクタイプのクレンジング料

ミルクタイプは比較的刺激がマイルドなクレンジング料です。

お肌への余分な摩擦を抑えるはたらきがあり、皮脂を落とし過ぎずに適度なうるおいを残したまま、汚れだけを取り除きます。

だから、冬でも使いやすいクレンジング料です。

しっとりした洗い上がりも高評価ポイントです。

しかし、洗浄力が弱いという欠点があります。

濃いアイメイクなどは落ちにくく、メイクを油分となじませる乳化に時間がかかることがデメリットです。

④バームタイプのクレンジング料

バームタイプのクレンジング料

バームタイプは、クリームタイプとオイルタイプのメリットを活かしたクレンジング料です。

容器に入っている時は固形ですが、肌に乗せるとオイル状に変化します。

お肌への摩擦が少なく、使いやすいので、冬のクレンジングに向くタイプです。

このように、冬のお手入れに使用するのであれば、刺激が少ないジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、バームタイプのいずれかを使用するとよいでしょう。

3)冬に向かないタイプのクレンジング料

①オイルタイプのクレンジング料

オイルタイプは油分を主成分に使っているクレンジング料です。

メイクと馴染みがよく、脱脂力が高いという特徴があります。

テクスチャーもなめらかで濃いメイクもしっかり落とすことが可能です。

ただし、メイクオフの力が強い反面、お肌への刺激が強い傾向があります。

セラミドNMF(天然保湿因子)など、大切なお肌の保湿成分まで洗い流してしまうリスクがあるので注意しましょう。

洗浄力は強いものの、冬のお肌には向かないので、基本的には避けることが無難です。

ただし、高価になりますがアルガンオイルやコメヌカオイルなど油脂系のクレンジングオイルなら冬でも使いやすいものがあります。

②リキッドタイプのクレンジング料

リキッドタイプのクレンジング料

オイルタイプの次に洗浄力が強いのがリキッドタイプです。

さらっとしたテクスチャーで、お風呂でも使えることから人気があります。

ただし、界面活性剤の濃度が高く刺激性が強いものもあります。

また、クレンジングジェルやクレンジングミルクと比較すると、摩擦のリスクが大きくなります。

だから、一般的には冬のお肌には不向きです。

③シートタイプのクレンジング料

シートタイプは、拭き取るタイプのクレンジング料です。

シートで拭くだけなので、時間が短く済み手軽というメリットはありますが、残念ながら刺激が強くお肌に与える負担が大きいという欠点があります。

基本的に、冬に限らず日常的に使うことはおすすめできません。

旅行の時やどうしても時間がない時にのみ使用しましょう。


4.エイジングケアを意識した冬のクレンジング

冬にクレンジングを行う女性

年齢を重ねるとお肌の保湿成分が減少し、乾燥肌になりやすくなります。

さらに、冬の環境の影響から乾燥肌が進むと、お肌の老化が進むリスクがあるので注意が必要です。

30歳をすぎたら、エイジングケアを意識してクレンジング料を選ぶことや使うこと、また、メイクなどを注意することが大切です。

では、エイジングケアを意識した冬のクレンジングとは何をポイントにすればよいのでしょうか?

1)クレンジングにあまり保湿をもとめない

エイジングケアでは保湿が大切です。

だから、最近ではクレンジング料にも保湿成分が多く配合されているものがあります。

それ自体は悪いことではありませんが、クレンジング料に過度に保湿成分が配合されている必要はありません。

水溶性のヒューメクタントならまだしも、油溶性のエモリエント成分をクレンジングで補う必要はありません。

なぜなら、クレンジングでは、基本的には保湿成分を洗い流してしまうからです。

また、保湿成分が入っていることでクレンジングを長い時間行ってしまうことにもなりかねませんね。

冬に1分30秒を超える長時間クレンジングは避けましょう。

保湿は、クレンジングや洗顔の後に化粧水美容液乳液保湿クリームを使って行いましょう。

2)メイクはナチュラルに

濃いメイクを落すには、ポイントメイク用のクレンジング料を使ったり、脱脂力や洗浄力の強いクレンジング料を使う必要があります。

そうすると、エイジングケア世代の冬のお肌にとって負担が大きくなります。

冬はできるだけナチュラルメイクに切り替えて、ポイントメイク用のクレンジング料や刺激の強いものを使わなくてもよい方法を考えましょう。


5.冬に使いやすいおすすめのクレンジング料

ナールスエークレンズ

冬にオススメのアミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」をご紹介します。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

お肌への負担が小さく、冬の乾燥肌対策におすすめのクレンジング料です。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、次のような特徴があります。

全成分表示

BGラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコールグリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


6.冬は特に順番を意識したクレンジングを!

順番を意識してクレンジングを行う女性

冬のクレンジングはできるだけ負担を軽くするためにも、順番をきちんと守ることが大切です。

以下の順番を守りましょう。

【クレンジングの正しい方法】
①しっかり手を洗い清潔な状態にする
②ポイントメイクは先に落とす
③使用料を守り、適量を手にとる
④Tゾーンから、頬、目や口の順で優しくメイクオフする
⑤メイクが残らないように顔全体になじませる
⑥ぬるま湯ですすぎを行う
⑦清潔なタオルで優しく水気を拭き取る

すすぎまでの時間は長くても1分程度がおすすめです。クレンジングは、短い時間内に素早く行いましょう。

また、冬に冷水を使うと、顔冷えの原因になります。

顔冷えを避けるためにも、30度〜35度程度のぬるま湯ですすぎましょう。

余計な力を加えると摩擦の原因になり、お肌の負担になります。

全体的にやさしい力加減で行うことも大切です。


7.気をつけたい!クレンジング後の保湿や生活

クレンジング後に保湿を行う女性

1)クレンジング後の冬の保湿は?

冬のケアは保湿をしっかり行うことが一番重要です。

クレンジングを行い、メイクや汚れ、余分な角質を落としたなら、美容成分も浸透しやすくなっています。

クレンジングのあとは、遅くとも5分以内に保湿化粧水を塗布しましょう。

化粧水のあとは、美容液・乳液・保湿クリームを使ってしっかりと保湿をすることが大切です。

冬場は、油性の保湿成分(エモリエント)をお肌に届けることも必要です。

化粧水だけで終わりにせず、ヒト型セラミドスクワランシアバターなどを配合した保湿クリームも使ってお手入れしましょう。

2)乾燥肌を防ぐ食べ物を摂ろう

乾燥を防ぐための食事を行う女性

乾燥肌を防ぐために食べ物を工夫することも効果的です。

成人の場合、身体の60%は水分からできています。

つまり、乾燥を防ぐ食べ物や飲み物をバランスよく摂れば、潤いのあるお肌を育むことが可能です。

バランスのよい食事を前提として積極的に摂りたい栄養素は、ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類、亜鉛や鉄などのミネラル、そしてセラミドやα-リノレン酸です。

セラミドを含む食べ物は、こんにゃく、しらたき、黒ごま、黒豆、小豆、ひじき、わかめなどです。

他では、食材としては納豆などの大豆製品、パプリカ、アボガドなどの野菜、柿やリンゴなどの冬が旬のフルーツがおすすめです。

また、いわしやあじなどの魚も乾燥肌対策におすすめです。

飲み物であれば、青汁、フルーツジュース、豆乳などが効果的です。

ただし、あまり冷たいものは避けましょう。

食べ物や飲み物は、即効性を期待するものではなく、長中期的に乾燥しにくいお肌を育むために有効です。

3)温活で顔冷えや冷え対策

冷え防止の為に温活をする女性

冷えは数々の不調の原因となります。

身体やお肌のためにも冷え対策をしましょう。

温活は一時的なものではなく、継続的に行うことで効果を発揮するものです。

たくさんのやり方がありますが、温活はまずは足元をあたためることから始めることをおすすめします。

末端部分の足元にはツボが集中しており、あたためることで全身の血行もよくなるのです。

内臓への血流もよくなって、内臓神経を司っている自律神経のはたらきも整います。

お肌のエイジングケアにも有効です。

手軽にできる方法としては足湯が挙げられます。

40~42度のお湯にくるぶしまで浸かり、しっかり保温しましょう。

全身が温まったら、冷えないうちに靴下を履いて保温します。

顔冷え対策としては、全身をあたためることが有効です。

また外出時にマスクを着用し、冷たい外気温から顔を守ることも効果的と言えます。

適度な運動で全身の血液循環を促す方法もおすすめです。

できることから始めましょう。

全身の温活としては衣服を工夫することがおすすめです。

天然繊維を使用した衣服を着るようにすると、乾燥を防ぎ、エイジングケアにも繋がるので効果的と言えます。

いきなり全ての衣服を天然素材のものにすることは大変なので、まずは下着から揃えるとよいでしょう。

特におすすめの素材はシルクです。

シルクはお肌の保温ができる上に、乾燥肌対策になる優れもの。

1年を通して活躍する素材ですので、有効活用しましょう。

このように、冬はクレンジングだけでなく温活なども取り入れて、乾燥肌を防ぎましょう。


8.まとめ

冬のクレンジングは要注意!優しく正しく行おうのまとめ

乾燥の季節である冬のクレンジングで気をつけたいポイントをご紹介しました。

また、冬でも肌に負担の少ないおすすめのクレンジングジェルをご紹介しました。

いかがでしたか?

冬は1年でもっとも乾燥肌のリスクが高い季節。

だから、バリア機能を守ってお肌を労わる優しいクレンジングが大切です。

また、正しい順番で行うことも大切です。

クレンジング後の保湿、さらには日常生活にも気を配り、冬の美肌をキープしてくださいね。

関連記事

冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は保湿とエイジングケア

続きを読む

冬が来た!2018年12月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む

冬が目の前!2018年11月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む

秋のクレンジングを正しく行ってエイジレスな美肌へ!

続きを読む

秋が深まる!2018年10月のスキンケアとエイジングケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」