平成生まれの画期的な美容アイテム第1位は?

みんなが選ぶ平成時代の美容アイテム

平成生まれの美容アイテム1位は?いよいよ5月1日から時代が「平成」から「令和」に変わります。

平成の時代、美容アイテムもさまざま誕生しましたが、その中でも画期的な美容アイテムは何でしたか?㈱ドクターシーラボによる調査結果をご紹介します。

1.平成生まれの美容アイテム第1位は?

平成時代に発売された美容アイテムのイメージ

 

いよいよ明日、2019年4月30日で平成も終わり、新しい時代「令和」へと変わります。昭和から平成、そして平成から令和と、まさか2回も時代の節目を経験するとは思いませんでした^^

さて、平成の30年間は、インターネットによる情報流通が爆発的に拡大しました。美容関連でいえば、スキンケア大学などの美容関連サイトや@コスメに代表される口コミサイトなどを通して、どこにいても知りたい情報が入手できるようになりました。

また、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどSNS等が普及することで、企業やメディアからの一方向ではなく個人からでも情報を発信できるようになりました。
そのため、流行やトレンドの伝播スピードはどんどん加速する一方で、廃れるのもあっという間でした。コスメや美容関連も例外ではありません。

そんな中、平成時代に愛され、深く浸透した美容アイテムは何だったでしょうか?

株式会社ドクターシーラボが、美と健康を支えるさまざまな美容アイテムが生まれた平成30年間の振り返りとして、「画期的だと思ったアイテム」について、20~59歳の男女464名を対象にアンケート調査を実施しました。その結果をご紹介します。

 

第3位「飲む日焼け止めサプリ」
紫外線対策といえば、必須アイテムは「日焼け止め」ですよね。また、帽子やサングラスなども大切な紫外線対策グッスです。これらは、外からの紫外線を防ぐ発送でした。

お肌に塗付するタイプの日焼け止めには紫外線吸収剤や紫外線散乱剤などが配合されています。こうした成分に対して、敏感肌の人などは刺激を感じて、肌荒れなどの肌トラブルを招く可能性もありますね。

そんな中、日焼け止めサプリの発売で、その常識が覆されました。、サプリだと外からお肌への負担がかからないので、使いやすいという人もいるのではないでしょうか。

どちらを使うにせよ、紫外線対策の選択肢が増えることは良いことですよね。

もう1つ忘れてはいけないのが、紫外線を浴びた後のアフターケア

塗るタイプ、飲むタイプどちらを使っても、ビタミンACEを食べ物で摂ったり、酸化を防ぐ成分や炎症を防ぐ成分が入ったエイジングケア化粧品を使うことをオススメします。

紫外線のアフターケアも、美肌エイジングケア、アインチエイジングに必須ですよ。

第2位「BBクリーム」
「BBクリーム」が、韓国から日本の美容シーンに上陸してきたときは、美容雑誌や口コミでまたたく間に美容女子に広がりました。韓国コスメも、これがきっかけで注目され始めたように思います。
BBクリームのBBって、「Blemish Balm」の略で、「傷を修復する軟膏」という意味だそうです。ピーリング後のデリケートになっているお肌を守るために開発されたアイテムだそうです。
メイク下地、コンシーラー、ファンデーションの役割があるので、BBクリームの上からパウダーをはたくだけで、ベースメイクが完成。UVケア成分も入っているものもあるので、これ1本だけで、時短で外出できるのが魅力の一つですよね。

第1位「オールインワンジェル」
スキンケアやエイジングケアでは、化粧水美容液保湿クリーム目元美容液などさまざまなステップでアイテムを使うことが当たり前でした。

そんな中、平成になって「オールインワンジェル(オールインワンゲル)」の登場で、 “「これひとつ」でスキンケア完了”という新しい常識をつくりました。
忙しく過ごしている人にとって、これを塗るだけで手入れが終われるコンセプトは画期的でした。さらに「時短」に加えて、乾燥シミ毛穴肌荒れシワなどのお肌悩みにアプローチができ、いろいろな化粧品を買わずに済むのでコストも安くなったのが、女性から大きく支持を得た理由の一つでしょう。
いまでは敏感肌用や美白効果があるものなど、その種類や特徴もさまざまなものが発売されていて、定番中の定番となった美容アイテムと言えます。

といっても、化粧品成分や技術のことを知れば、「製品の画期性」というより「コンセプトやマーケティングの勝利」なのですが…。

それについて知りたい方は、「オールインワン化粧品とは?ゲルとジェルの違いとその真実」を読んでみてくださいね。

一番画期的な美容アイテムの結果

(データ:(株)ドクターシーラボ)


2.令和に期待するスキンケアとは?

新しい時代のスキンケアアイテムとして期待するものは何か?に対して、最も多かったのが、細胞レベルで若返るものなど「若返りとアンチエイジング」の声でした。
自分自身の細胞を培養するスキンケアやエイジングケアへの期待がありますが、技術の汎用化で身近なスキンケアになったらなとも思いますし、iPS細胞の美容への応用なども期待したいですよね。
そうなると、医療と美容の境目が難しくなるので、法整備の問題も出てきそうですが…。

その他には、「シミが消える美白」「もっと簡単に時短ケアしたい」という回答が多くみられました。

ただ長生きするのではなく、健康で長生きできる「健康寿命」が注目されている現在、若々しくありたいというのは誰もの願い。一億総アンチエイジング時代が来るかもしれませんね。

令和時代に期待するスキンケア

(データ:(株)ドクターシーラボ)


3.編集後記

アンケート結果は、納得の3アイテムでした。この3つの中では、個人的には、ちょっとそこまで買い物に…というときに、BBクリームは大助かりしています。

私自身が選ぶとしたら、化粧水をナノ化してお肌の中まで届けるというスプレーと、卓上スチーマーでしょうか。どちらもエイジングケアの周辺機器ですが、健やかなお肌の基本である「保湿」が手軽にできるので、欠かせないアイテムとなっています。

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

関連記事

肌老化をまねく近赤外線 アイケアメガネでブロック!

続きを読む

気になる「夏のニオイ」旅行先での対策は?

続きを読む

毛髪に朗報!ノニと魚由来コラーゲン入りドリンクで改善

続きを読む

「日本姿勢と歩き方協会」の10周年記念パーティーをレポート

続きを読む

アンダーヘアの最新事情 脱毛はもはや常識?!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」