話題の白玉点滴と主成分「グルタチオン」の効果に迫る!

点滴治療

いま巷で話題となっている白玉点滴。

この美容治療で使われる主成分が「グルタチオン」です。

グルタチオンは細胞を活性酸素から保護する役割を持つ抗酸化物質で、高い抗酸化作用、メラニン生成を抑制する美白作用、肝臓の解毒作用など、お肌とからだにとってなくてはならない存在です。

今回は、白玉点滴とグルタチオンの効果をご紹介します。

話題の白玉点滴と主成分「グルタチオン」の効果に迫る!の目次

スポンサードサーチ

1.いま巷で話題の「白玉点滴」ってなに?

美容医療を受けた女性

「話題の白玉点滴の主成分「グルタチオン」ってどんな効果がある?」をお届けします。

美容好きの女性ならご存じかと思いますが、いま話題の「白玉点滴」。

どんな効果があるのか気になりますよね?

別名「ビヨンセ注射」「美白注射」「白玉注射」とも呼ばれていますが、主成分は美白化粧品エイジングケア化粧品に欠かせない「グルタチオン」。

お肌のシミの美白治療として美容皮膚科や美容医療外科などの医療機関で行われる医療行為で、グルタチオンをからだに点滴や注射で注入することで、内側からの抗酸化作用やメラニン生成を抑制する効果を高めます。

また、高い抗酸化作用で、お肌だけでなくからだの酸化を防ぐ効果もあるといわれています。

この美容法は、効果が得られるまでには数回の施術が必要とのことで、クリニックによって成分の配合量、金額、1回に注入できる量も様々となっています。

プラスして高濃度のビタミンCやアミノ酸を足して行われる方法もあります。

また、白玉注射の場合は約5~10分程度、点滴の場合は約20~30分程度の時間をかけて行われます。

当然、1回の注入量が多い点滴の方がクリニックに通う回数は少なくて済みます。

白玉点滴については、テレビや雑誌、SNSなどで芸能人やモデル、美容家、美容ブロガーさんが、美容皮膚科や美容医療外科でこの治療を受けていることを紹介していますよね。

この治療法で、エイジングケア世代の女性にとって、お肌のくすみを解消して、白いお肌の透明感が戻ってきてくれるのは憧れとも言えます。

また、白玉点滴には、疲労回復、解毒作⽤、⼆⽇酔い改善、肝機能改善も期待されます。

今回のナールスエイジングケアアカデミー編集部ニュースでは、この白玉点滴で使われる「グルタチオン」に一体どんな効果があるのか、また、グルタチオンを増やすエイジングケア化粧品や食べ物についてもご紹介します。


2.白玉点滴の主成分「グルタチオン」を解剖!

グルタチオンの分子

1)グルタチオンが持つ効果って?

グルタチオンは私たちのからだの中にある、生命を維持するために欠かせない物質で、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸から構成されているトリペプチドの1つです。

皮膚や肝臓などに多く含まれています。

グルタチオンも年齢とともに体内での産生が減少するため、肌荒れや代謝の低下、疲れ、肝機能の低下、お肌の老化を進めるリスクがあります。

だから、日常生活の過ごし方食事のとり方を工夫して、グルタチオンが減るのを予防します。

グルタチオンには4つの効果があります。

  • からだの酸化(サビ)予防
  • 美白作用
  • 肝臓の解毒作用
  • アレルギーや喘息、目の病気などの予防効果

2)グルタチオンはからだの酸化(サビ)を予防してくれる

グルタチオンには活性酸素の除去効果があります。

活性酸素が体内で過剰に増える要因として、喫煙紫外線を浴びるストレスなどがあげられます。

これらの積み重ねで、お肌やからだが酸化します。

その他に、呼吸で取り入れた酸素のうち約2%が活性酸素に変化します。

活性酸素が細胞を覆っている脂質の膜と結びつくと過酸化脂質となり、これが細胞内での障害を引き起こしたり、動脈硬化や高血圧といった生活習慣病を引き起こします。

また、お肌の皮脂の酸化によっても過酸化脂質は蓄積します。

だから、表皮真皮がダメージを受け、お顔のたるみ目元のたるみほうれい線マリオネットラインゴルゴライン、二重あご、目の下の黒くまたるみ毛穴などを引き起こす原因ともなっています。

グルタチオンは、この活性酸素による過酸化脂質を抑制する作用があるので、生活習慣病やお肌の老化予防に一役買っています。

だからグルタチオンを減らさないためには、日焼け止めUVカットのサングラスUVカット効果のある洋服や手袋、帽子、日傘などのアイテムで、紫外線対策をしっかりします。

また、喫煙を避ける、十分な睡眠をとるといったアンチエイジングを意識した日常生活を過ごすようにします。

3)グルタチオンはメラニンの生成を抑制して美白に

グルタチオンが美白に果たしている役割は2つ。

1つ目は、メラニン生成を抑制する効果と増やすはたらきがあります。

「え?なにそれ?」と思われたかもしれません。

メラニンには、黒色メラニンと肌色メラニンの2種類があります。

黒色メラニンは、名前の通り、お肌を黒くしたり、シミ、炎症後の色素沈着肝斑を引き起こします。

肌色メラニンは、お肌の自然な白さを引き出す役割をしています。

グルタチオンは、黒色メラニンの生成を抑制しますが、肌色メラニンの生成を増やすサポートをしているというわけです。

2つ目は、ビタミンCを還元して、その作用を強化するということです。

そのおかげで、ビタミンCのはたらきがアップし、乾燥肌やくすみ、たるみなどのお肌の老化や、大人ニキビ、赤ら顔(酒さ)、毛穴の開きを改善します。

ビタミンC一杯のレモンを手に持つ女性

4)グルタチオンは肝臓の解毒作用を助ける

体内の有害物質は、肝臓内に多数存在しているグルタチオンによって体外へ排出されます。

つまり、グルタチオンが肝臓の解毒作用が正常に働くのを助けているといえます。

例えば、二日酔いの原因のアセトアルデヒドを無毒化するので、二日酔いの予防に効きます。

体内のグルタチオンが減少すると、細胞での解毒作用も低下して、細胞のはたらきが阻害されるため、お肌だけでなくからだ全体の老化や不調につながります。

5)アレルギーや喘息、目の病気などの予防効果

グルタチオンは、免疫力を高めて、アレルギーや喘息などを抑える効果を持っています。

また、目の病気を予防する効果もあります。

グルタチオンは目の水晶体や角膜にも多く存在するので、白内障など目の老化、角膜潰瘍や角膜炎などの角膜疾患の予防や進行を抑えるはたらきがあります。

<参考記事>

グルタチオンの効果は抗酸化!医薬品や化粧品に活用

メラニン色素を減らすだけの美白は危険!役割と増やさない方法

シミを消す対策は、美白だけに頼らない紫外線対策と美容医療


スポンサードサーチ

3.エイジングケア化粧品成分で増やすグルタチオン

試験管を用いて実験中

1)ナールスゲンはグルタチオンを増やす

グルタチオンは、エイジングケア化粧品成分ナールスゲンによって増えるという実験データがあります。

ナールスゲンは、真皮にある線維芽細胞を活性化して、ヒアルロン酸コラーゲンエラスチンHSP(ヒートショックプロテイン)47、HSP70を増やすことが実験からわかっています。

これらに加えて、表皮でグルタチオンを増やすこともわかり、お肌が酸化するのを防ぐだけでなく、お肌が自ら潤ってハリツヤのある素肌になるのをサポートしています。

だから、エイジングケア化粧品でグルタチオンを増やすなら、ナールスゲン入りのアイテムがピッタリです。

ナールスピュア」は、ビタミンC誘導体APPSビタミンE誘導体の成分も配合されているので、高い抗酸化作用が得られるアイテムです。

2)2020年秋ナールスピュアがリニューアル

このナールスピュアが、2020年秋にリニューアルします。

両親媒性ビタミンC誘導体の「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(セラミドプロモーター)」、シワ改善をはじめ美白と肌荒れ改善の医薬部外品の有効成分としての承認を受けている「ナイアシンアミド」、NMF(天然保湿因子)の成分でお肌の水分を吸着して保湿効果を発揮するヒューメクタントである「ピロリドンカルボン酸ナトリウム(PCA-Na)」を追加します。

セラミドプロモーターには、ビタミンC誘導体の中で唯一、セラミドを増やすはたらきがあります。

つまり、バリア機能を改善して敏感肌対策にも使えるのです。

もちろん、他のビタミンC誘導体と同じく抗酸化作用、コラーゲンを増やすはたらき、メラニンを抑えるはたらきがあります。

ナールスピュアはこの3つを加えてリニューアルされるのです。

さらに、香料・着色料・石油系界面活性剤、アルコールなども含まないアルコールフリー化粧水は変わりません。どんな肌質の方でもお使いいただけます。

ただいま、このリニューアルする【ナールスピュア 50mlミニボトル(非売品)】をプレゼントする『7周年感謝キャンペーン』を実施中です。

ナールス製品を5,500円以上(税込)以上お買い物された方、先着700名様限定です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ナールス7周年感謝キャンペーン

*グルタチオンとナールスゲンの関わりについては、「抗酸化物質グルタチオンとナールスゲンのとても不思議な関係」で詳しくご紹介していますので、あわせてお読みください。

<参考記事>

美白化粧水のランキングは不要?選び方と使い方のコツ!

ビタミンC誘導体化粧水の選び方はエイジングケアの視点で


4.食べ物で増やすグルタチオン

食事をする人々

グルタチオンはアミノ酸で出来ています。

だから、白玉点滴で取り入れる以外でも、アミノ酸の源であるたんぱく質やグルタチオン含む食べ物から取り入れて、からだのグルタチオンをキープできます。

食材としては、牛レバー、マダラ、赤貝、酵母、野菜ではほうれん草、キャベツ、きゅうり、ブロッコリー、かぼちゃ、フルーツではキウイやアボカドなどにグルタチオンが多く含まれています。

これらを意識的に摂るようにしたいですね。ただし、グルタチオンは熱に弱いので、加熱が必要な料理以外では、できるだけ生で摂るのをオススメします。


スポンサードサーチ

5.編集後記

「話題の白玉点滴の主成分「グルタチオン」ってどんな効果がある?」をお届けしました。

エイジングケアをするうえで、有名な成分であるお肌のコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどは気にかけている方は多いと思います。

しかし、それらと比べると知名度の低いグルタチオンはいかがでしょうか?

白玉点滴の知名度が上がることで、グルタチオンも知名度がアップしつつあります。

今回ご紹介するにあたって、改めてグルタチオンのことをいろいろと調べていて、お肌だけでなくからだを維持するうえで、なくてはならない大切な成分であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

また、グルタチオンは肝臓の解毒作用や疲労回復、白内障の予防などでも効果を発揮する成分。

だから、白玉点滴もとても期待されているのではないでしょうか。

「話題の白玉点滴の主成分「グルタチオン」ってどんな効果がある?」、ナールスエイジングケアアカデミーの読者のみなさまのお役に立てば幸いです。

(執筆:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆を行う。

(編集・校正:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)

ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。コスメ検定1級。

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

発見!季節や年齢肌で皮膚常在菌に違い。お肌でどんな変化が起こってる?

続きを読む

敏感肌では皮膚常在菌の1つ表皮ブドウ球菌が少ない!改善法は?

続きを読む

肌のセラミドを減らす物質「デルモカイン」とセラミドを増やす方法

続きを読む

2020年冬の肌荒れに備える!自分の地域の肌荒れ注意度は?

続きを読む

徹底解剖!新しいナールスピュアはここが違う!みんなの感想は?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」