クレンジングの失敗で目の下のクマに!改善の対策は?

クレンジングの失敗で目の下にクマができた女性

目の下のクマの原因の1つに、クレンジングの失敗があります。

特に、エイジングケア世代の女性は目の下の皮膚が薄いので、刺激があればその可能性が高くなります。

この記事では、クレンジングの失敗による目の下を予防する方法、また改善の対策をご紹介します。

また、オススメのクレンジング料もご紹介します。

クレンジングの失敗で目の下のクマに!改善の対策は?の目次

目  次

1.目の下のクマはもしかしてクレンジングの失敗?

クレンジングの失敗でくまを気にする女性

あなたが悩んでいる目の下のクマは、もしかしたらクレンジングの方法や使い方が間違っているからかもしれません。

あるいは、自分の肌質や肌状態に合わないクレンジング料を選んでいるからかも?

いずれにしても、美肌から遠ざかる目の下のクマを正しいエイジングケアやスキンケアで改善したいですね。

そもそもクレンジング料でメイクを落とすことは、肌への負担になります。

また、落としきれなかったメイクが肌に残れば、肌が酸化して肌老化の原因になります。

特に皮膚が薄い目元は、デリケートなのでクレンジングのダメージやメイク残しのダメージを受けやすいのです。

だから、目の下のクマが現れやすいのです。

特に、40代のエイジングケア世代になるとその傾向になります。

また、乾燥肌敏感肌の方は、そのリスクが高いのです。

この記事では、クレンジングの失敗で目の下のクマができるのを防ぐ方法、また改善の対策をご紹介します。

また、オススメのクレンジング料もご紹介します。

「クレンジングを代えたらなぜか目の下のクマが目立ってきた」

「去年まで大丈夫だったのに、スキンケアアイテムは変えていないのにクマが目立つ」

「目の下のクマを防ぐクレンジング方法を教えて欲しい!」

などとお考えの方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。

<オススメのクレンジン料なら>

目の下のクマを防ぐクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

目の下のクマにも安心のクレンジング「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

敏感肌や乾燥肌に使いたい!おすすめのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールス エークレンズ無料サンプル申し込み

<エイジングケア世代のためのクレンジングジェルの動画>

【衝撃】オチがすごすぎて、ハマる人続出!|ナールス史上初の素敵なストーリー

 

<この記事の大切なポイント>
  • 誤ったクレンジング方法は目の下のクマの原因になります。だから、正しい方法でメイクを落すことが大切です。
  • 刺激の強い界面活性剤やミネラルオイル配合のクレンジング料は、目の下のクマの原因になることがあります。優しいタイプを選ぶことが大切です。
  • 目の下のクマは、クレンジングの際のお肌への摩擦、静電気でも現れることがあります。気をつけて優しく行いましょう。
  • 目の下のクマの予防や改善にオススメは、アミノ酸系界面活性剤配合のクレンジングジェルです。また、オイルならアルガンオイルやオリーブオイルなどの油脂系です
  • クレンジングの時間は時短がオススメ。1分程度で済ませば、目の下のクマを防ぐことができます

2.目の下のクマとその種類

目の下のクマのイメージ

目の下のクマは、「青クマ」「青クマ」「茶クマ」「赤クマ」の4種類あります。

詳しいことは、「目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消のエイジングケア」で紹介していますが、種類によってその原因と予防、改善・解消の手段や対策が異なります。

だから、自分の目の下のクマがどの種類なのかを判別することが大切です。

1)青クマの症状と原因

目の疲れ、睡眠不足、月経時などのホルモンバランスの乱れ、喫煙冷え症、ストレスなど、日常生活の中で引き起こされる血行不良が青クマの原因です。

目のまわりの毛細血管の血液が滞り、老廃物が排泄されにくくなると、毛細血管が透けて、青っぽく見えます。

これが青クマで、毛細血管の状態によって、濃くなったり、薄くなったりと変化します。

だから、目の下を引っ張ると青みを帯びたり、クマが薄くなります。

しかし、鏡を見ながら顔を上に向けても、ファンデーションを塗っても薄くなりません。

2)茶クマの症状と原因

茶クマのイメージ

目の下のクマでクレンジングによる影響が大きいのが茶クマ。

紫外線から受けたダメージや、目のこすり過ぎで、一時的にメラニン色素が沈着することで起こります。

刺激の強いクレンジングで色素沈着やターンオーバー(表皮の新陳代謝)が乱れると茶クマが目立ちます。

落としきれないマスカラ、濃いアイメイクを続けることや肌荒れアトピー性皮膚炎なども原因になることもあります。

また、春先や秋口の花粉症による肌荒れ乾燥による痒み、化粧品かぶれによる色素沈着も茶クマの原因です。

茶クマは、目元全体がくすんでいる状態です。

皮膚を引っ張っても茶色っぽさが残り、鏡を見ながら顔を上げても、薄くなりません。

しかし、茶クマはファンデーションを塗れば薄くなります。

3)黒クマの症状と原因

黒クマに悩む女性

黒クマは、顔のたるみ、つまり目の下のたるみが原因です。

目の下のたるみは、真皮の衰え、眼輪筋(がんりんきん)の衰え、眼窩脂肪(がんかしぼう)の衰えでできてしまいます。

黒クマは、たるみの影響で影ができて、それが黒く見えてしまう状態です。

生まれつき目の下の皮下脂肪が少ない方に目立ちやすいクマです。

上から光やライトが当たると、黒クマは一層目立ってしまいます。

4)赤クマの症状と原因

従来、目の下のクマと言えば、「青クマ」、「茶クマ」、「黒クマ」の3種に分類されていました。しかし、最近では、「赤クマ」も1つのクマの種類として取り上げられることが増えてきました。

赤クマは、皮膚を引っ張ると赤みが増すのが特徴で、目頭の下あたりによくできます。

青クマと同じく血行不良が原因で発生しますが、比較的軽度の目の下のクマです。

このように1つ1つ確認すると、クレンジングの失敗で目立つのは目の下の茶クマであることがおわかりいただけたのではないでしょうか。


3.正しいクレンジング方法で目の下のクマを防ごう

正しいクレンジング方法で目の下のクマを防ぐ女性

クレンジングの使い方や方法の失敗でできる目の下の茶クマ。

ここでは、そんな肌悩みを予防するクレンジング方法をご紹介します。

1)外出後は早くクレンジングを

メイクは外出の紫外線ダメージ酸化します。

夏の陽ざしのきつい日などは、酸化が進んでしまいます。

また、皮脂は紫外線のダメージが無くても、分泌から5~6時間くらい経つと酸化し始め、メイクと混じると余計に酸化しやすくなります。

そうするとお肌にもダメージを与えることになります。

だから、外出から帰ったらすぐにメイクを落して、目の下の茶クマを予防しましょう。

外出後、早くメイクを落すことは、ほうれい線しわたるみ毛穴などの予防にも効果的です。

2)クレンジング前にホットタオルで顔にあてる

毛穴を開かせて、メイクをスムーズに落とすために、クレンジング前にホットタオルを顔全体にあてましょう。

血行がよくなるので、茶クマだけでなく目の下の青クマの予防にもなります。

3)クレンジング料は適量を守る!

クレンジング料の適量

クレンジング料が少ないとメイクが落ちないリスクがあります。また、一生懸命落とそうと強く擦るリスクも大きくなります。

もちろん、多くクレンジング料を使うこともNG。

オイルや界面活性剤のダメージが増えてしまいます。

どちらも、目の下の赤クマの原因になってしまうことに。

だから、クレンジング料の使用説明書に従って、適量を使いましょう。

4)正しい順序で優しくメイクを落す

まず、メイク落としの前に手を清潔にしましょう。

クレンジングは皮脂量の多いTゾーンからスタート。

次に頬などのUゾーン、最後に目元や口元などにのばしてなじませていきます。

クレンジング料でお肌を擦ることはご法度です。

特に目元は、赤クマを防ぐために、摩擦の少ない優しいクレンジングを心がけてください。

優しいクレンジングは、目元のハリをキープして、目元のしわまぶたのたるみの予防にもなります。

5)クレンジングは時短で目の下のクマを予防

クレンジング時短のイメージ

クレンジングに時間をかけすぎるとオイルや界面活性剤によるダメージが大きくなります。

つまり、必要な皮脂や天然保湿因子(NMF)セラミドを洗い流すリスクが増えるのです。

目の下の茶クマを防ぐために、クレンジングは時短を考えましょう。

所要時間は、40秒から1分程度を目安にしましょう。

最後に、洗い流す際は、ではなく33℃~35℃くらいのぬるま湯を使うことがポイントです。

6)ダブル洗顔は控えよう

ダブル洗顔不要のクレンジング料を使っていない場合や濃いメイクの場合は、汚れやメイクが落ち切りません。

だから、基本的にはダブル洗顔が必要です。

しかし、すでに目の下に茶クマが目立っているなら、ダブル洗顔は負担が大きいのでオススメできません。

だから、優しいタイプのダブル洗顔不要のクレンジング料がオススメです。

また、洗顔についても、茶クマがある場合には、スクラブ洗顔やピーリング洗顔、酵素洗顔は控えましょう。


4.目の下のクマを予防するクレンジング料の選び方のポイント

目の下のクマを予防するクレンジング料のイメージ

1)クレンジング料はタイプが豊富

茶クマを防ぐためのクレンジング料は、優しいながらしっかりとメイクが落とせるものを選ぶことがポイントです。

また、使用時の摩擦ができるだけ少ないものがオススメです。

現在、クレンジング料は、オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルク、バーム、シートタイプなど多くのものがあります。

最近では、オイルや界面活性剤の種類が増えて、タイプだけでクレンジング料を選ぶことが難しくなっています。

<従来のタイプ別のクレンジングの洗浄力とお肌への刺激の強さ>

従来のタイプ別のクレンジングの洗浄力とお肌への刺激の強さを表す図

<最近のタイプ別のクレンジングの洗浄力とお肌への刺激の強さ>

最近のタイプ別のクレンジングの洗浄力とお肌への刺激の強さを表す図

こうしたさまざまなクレンジング料の中で、目の下の茶クマを防ぐ上でオススメしたいのは、2つのタイプです。

2)茶クマには優しい界面活性剤のクレンジングジェル

オススメの1つは、ジェルタイプ。

ジェルタイプはなめらかなので、摩擦によるお肌への負担を軽減してくれます。

この特徴が目の下の茶クマの予防になります。

クレンジングジェルには、水性タイプと油性タイプの2つのタイプがあります。さらに、水性はオイルインとオイルフリーがあります。

だから、メイクの濃さや自分の好みに合わせて選ぶことが可能です。

ただし、洗浄力はオイルタイプやリキッドタイプと比べると弱いので、油性のポイントメイクなどは落ちにくいデメリットがあります。

茶クマが気になっている場合は、メイクをナチュラルにすればクレンジングジェルがオススメのタイプです。

3)油脂系オイルのクレンジングもオススメ

油脂系オイルのクレンジング料

一般的に、油分をメインに配合しているオイルタイプのクレンジング料は、脱脂力が高く、肌の保湿成分まで洗い流してしまうなどのデメリットがあります。

特に、ミネラルオイルが最も脱脂力が高く、お肌のダメージになるリスクがあります。

しかし、目の下の茶クマの予防にオススメのクレンジングオイルがあります。

それは、アルガンオイルやオリーブ油など、美容オイルでよく使われる油脂系のオイルを使ったクレンジング料。

油脂系のオイルには、グリセリンや脂肪酸なども含まれていて、他のオイルに比べてに馴染みやすい性質があります。

つまり、顔にオイルが残りにくく、潤いを残せるというメリットがあるのです。

高価になってしまうことがデメリットですが、エイジングケア世代にはオススメのタイプのクレンジング料です。

4)エイジングとともにクレンジング料は優しいものを

目の下の茶クマの方は、多くの場合、乾燥肌。

誰でも、年齢を重ねるとお肌が薄くなって乾燥肌傾向になります。

だから、年齢とともにより刺激が少ないマイルドなタイプを選ぶことが大切です。

目の下のクマの予防を含めて、30代、40代、50代の年代別のエイジングケアのためのクレンジング料の選び方は、次の記事を参考にしてください。

30代にオススメのクレンジングのランキング不要の選び方

40代にオススメのクレンジングはランキングで選ばない!

50代にオススメのクレンジングはランキングより優しさで!

5)他の肌悩みがあればその点も考えよう

他の肌悩みも考える女性

どんな肌質であっても、エイジングケア世代になると目の下のクマ以外の肌悩みも増えてきます。

肌悩みはクレンジング料だけで改善するわけではありませんが、少なくとも悪化させるタイプのものを選んではいけません。

目の下のクマ以外の肌悩み別のクレンジング料の選び方については、下記の記事も参考にしてください。

毛穴汚れにオススメのクレンジングの選び方とランキング?

ほうれい線を予防するクレンジング料の選び方と使い方

しわを予防・改善するクレンジング料の選び方と使い方

いちご鼻や角栓を改善するクレンジング料の選び方と使い方

シミを予防するクレンジング料の選び方と使い方

くすみの予防や解消のためのクレンジング料の選び方と使い方

脂性肌のためのオススメのクレンジング料の選び方と使い方

インナードライ肌を改善するクレンジング料の選び方と使い方


5.目の下のクマの予防に使いたい成分と避けたい成分

目の下のクマの予防に使いたい成分と避けたい成分

1)目の下のクマのケアに使いたいクレンジング料の成分

①優しい界面活性剤

目の下のクマを予防するには、非イオン系界面活性剤やアミノ酸系界面活性剤がオススメです。

非イオン系界面活性剤は、ラウリン酸ポリグリセリル-10などです。

静電気による乾燥肌などのリスクも少なく安全性の高い界面活性剤で、乾燥肌をはじめどんな肌質でも使えます。

さらに、優しいタイプがラウロイルグルタミン酸Naなどのアミノ酸系界面活性剤です。

これらの優しい界面活性剤は、敏感肌の方のクレンジング料としてもオススメです。

②毛穴汚れによい成分

顔の毛穴汚れが残ると肌ダメージになります。

目の下のクマの直接的な原因ではありませんが、他の肌悩みの予防のためにもクレンジングで毛穴の汚れを落すことが大切です。

毛穴汚れを吸着するタナクラクレイなどのクレイ、毛穴ケアをサポートするアーチチョーク葉エキスなどはオススメの成分です。

2)目の下のクマのケアに避けたいクレンジング料の成分

避けたい女性

①ミネラルオイル

ミネラルオイル、水添ポリイソブテン、イソドデカンなどミネラルオイル系の成分は、高い洗浄力と強い脱脂力があります。

だから、目の下のクマの予防のクレンジング料には、避けたい成分です。

②アルコール

アルコールは、化粧品の全成分表示では「エタノール」と表記されます。

アルコールは刺激や揮発性があります。

これは、目の下のクマを悪化させるリスクがあります。

だから、クレンジング料は、アルコールフリーがオススメです。

③PGやDPG

最近では使用される機会が減りましたが、PGは刺激性のある成分です。

茶クマの予防のためやエイジングケア世代の方は避けたい成分です。

また、DPGは、PGほどではありませんが、刺激性があります。

だから、高い濃度で配合されたクレンジング料は、目の下のクマの予防や対策には不向きです。

少なくともこの2つが全成分表示の1行目や2行目にある場合は、配合濃度が高いので避けましょう。

④合成香料・合成着色料

これらはさまざまなものがあり、刺激性のあるものからないものまであります。

だから一概には言えませんが、クレンジング料には特になくてもよい成分です。

目の下のクマの予防を考えたいエイジングケア世代の方は、控えた方が無難でしょう。


6.目の下のクマのケアにオススメのクレンジング料

目の下のクマを防ぐクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

目の下のクマのケアにオススメのアミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」をご紹介します。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

目の下のクマだけでなく、エイジングケア全般にもオススメです。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、

といった特徴があります。

<全成分表示>

水、BGラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコール、グリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


7.目の下の茶クマのケアで気をつけたいこと

目の下の茶クマのケアで気をつけたいことを説明する女性

1)クレンジング後の保湿をしっかり行う

目の下の茶クマは、ターンオーバーを改善することでメラニンを皮膚の外へ出すことで防ぐことが可能です。

そのためには、クレンジング後の保湿が大切です。

オススメの美容成分は、セラミドプロテオグリカンコラーゲンヒアルロン酸ナールスゲンなどです。

これらの成分を配合したエイジングケア化粧品で保湿をしっかり行いましょう。

中でも、ヒト型セラミドを配合したセラミド美容液がオススメです。

特に、ヒト型セラミド配合の目元専用美容液なら、目の下のクマの予防や改善にピッタリです。

2)ビタミンC誘導体もオススメ

ビタミンC誘導体は、メラニンを還元する美白作用があります。また、抗酸化、コラーゲン生成などエイジングケアによいはたらきがあります。

目の下の茶クマ対策だけでなく黒、青、赤のどのクマのケアにもよいエイジングケア化粧品成分です。

ただし、刺激性があるのであまり高い濃度のものには注意が必要です。

浸透性がよく比較的刺激が少ないオススメのビタミンC誘導体は、アスコルビン酸NaやVCエチルなどの水溶性ビタミンC誘導体APPSなどの両親媒性ビタミンC誘導体、さらにVCIPなどの油溶性ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体配合化粧水ビタミンC誘導体配合美容液などで目の下のクマをケアしましょう。もちろん、ビタミンC誘導体配合の医薬部外品である美白化粧水も選択肢の1つです。

なかなか改善しない茶クマなら、美容外外科でビタミンCのイオン導入の治療を受けることも選択肢の1つです。

3)紫外線対策は年中行う

紫外線対策

目の下の茶クマのケアの基本は、紫外線対策です。

春や夏だけでなく、冬も紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めだけでなく、サングラスや衣類などファッションでも紫外線対策を行うことをオススメします。

また、日焼け止めを塗っていても日焼けのアフターケアも大切です。

4)肌ステインにも気をつけよう

最近、注目されている肌トラブルの原因に肌ステインがあります。

肌ステインとは、角質層にあるタンパク質が化学反応によって黄ばんだもの。

歯のステインと同じように、どんどん蓄積されて、顔のクスミや目の下の茶クマの原因になると言われています。

肌ステインは、糖化酸化が原因なので紫外線対策に加えて食べ物にも気を配ることで予防が可能です。

糖質や炭水化物、揚げ物や焼き物を食べすぎないようにしましょう。

また、美肌のための栄養素であるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを積極的に摂りましょう。野菜やフルーツが、ビタミンを豊富に含む美肌の食べ物です。


8.まとめ

クレンジングの失敗で目の下のクマに!改善の対策は?のまとめ

目の下のクマ、特に茶クマを防ぐためのクレンジング料の使い方と選び方をご紹介しました。

目の下の茶クマは、メラニンの蓄積が主な原因。だから、クレンジングによるダメージを防ぐことが大切です。

メイク落としは、優しさを重視して行いましょう。

また、眼の下のクマにオススメのクレンジング料「ナールス エークレンズ」もご紹介しました。ぜひ、お試しください。

目の下のクマの原因や予防法やエイジングケアを理解するとともに、クレンジングの正しい知識を身につけて、健やかな美肌を目指しましょう。

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

目の下のクマの予防ケアに使いたい!おすすめのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

関連記事

クレンジングの際のフェイスマッサージは肌老化を進める?

続きを読む

マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう!

続きを読む

20代にオススメのクレンジング。10年後の美肌のために!

続きを読む

洗顔の正しい知識でランキング不要のオススメの洗顔料の選び方

続きを読む

肌荒れを防ぎたい!おすすめのクレンジング料の選び方

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」