肌荒れを防ぎたい!おすすめのクレンジング料の選び方

肌荒れ予防のクレンジング料を使う女性

クレンジングで肌荒れになることはありませんか?

自分の肌質や肌状態に合わないクレンジング料を使ったり、刺激の強い方法で行うことは肌へのダメージに!

年齢を重ねるとそのリスクが上がります。

この記事では、肌荒れになりにくいクレンジング料の選び方とおすすめのクレンジング料をご紹介します。

肌荒れを防ぎたい!おすすめのクレンジング料の選び方の目次

1.クレンジング料で肌荒れの不安があるあなたへ

クレンジング料で肌荒れの不安がある女性

クレンジング肌荒れした経験はありませんか?

自分の肌質や肌状態に合うクレンジング料を選ばないと肌荒れになってしまうことも。

また、濃いメイクをすると洗浄力の強いタイプのクレンジング料が必要になるので、リスクが増えます。

特にエイジングケア世代や乾燥肌敏感肌の方は、そのリスクが高いのです。

肌荒れになってしまうと、痒みが出たり、大人ニキビができてしまうことも。

また、クレンジングの後に使う化粧水でヒリヒリすることもありますね。

肌荒れを防ぐことは、エイジングケアにとってもとても大切です。

この記事では、クレンジングで肌荒れになる原因をご紹介します。

また、その改善策の1つとして、肌荒れしにくく、乾燥肌や敏感肌にもおすすめのクレンジング料の選び方やオススメのクレンジング料をご紹介します。

「クレンジング料で肌荒れしたことがあるので、慎重に選びたい!」

「私はお肌が敏感。どんなタイプのクレンジング料を選べばよいの?」

「肌荒れしにくいクレンジング料を教えて!」

「メイクはどうすればよいの?」

「肌荒れしないクレンジングの方法って?」

などが気になる方は、ぜひ続きをお読みくださいね。

<オススメのクレンジング料なら>

肌荒れを防ぐ安心のクレンジングジェル「ナールス エークレンズ」

敏感肌にも安心のクレンジング「ナールス エークレンズ」

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

【皮膚科医監修】敏感肌や乾燥肌に使いたいオススメのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

<エイジングケア世代のためのクレンジングジェルの動画>

【衝撃】オチがすごすぎて、ハマる人続出!|ナールス史上初の素敵なストーリー

<この記事の大切なポイント>
  • 刺激の強い界面活性剤やミネラルオイルなどを作ったクレンジング料は、肌荒れの原因になることがあります。
  • 肌荒れは、クレンジングの際のお肌への摩擦、静電気でも起こることがあります。
  • 肌荒れを防ぐためにオススメのオイルは、アルガンオイルなどの油脂です。また、界面活性剤はアミノ酸系界面活性剤がオススメです。
  • クレンジングの時間を1分程度で切り上げるなど、肌への負担を軽減することで肌荒れを防ぐことができます
  • 肌荒れの予防には、クレンジング後の保湿をしっかり行うことも大切です。

2.肌荒れとは?

肌あれとは何か?を考える予定

クレンジング料の選び方の前に、肌荒れについておさらいしましょう。

1)肌荒れの症状

肌荒れの症状はさまざまで、お肌が乾燥してかゆみが出たり、赤くなることもその1つです。

また、ニキビなどの吹き出物が出ることもあります。

さらに、ターンオーバーも上手くいかなくなり、くすみが生じたり、毛穴が目立つようになることもあります。

肌荒れは、決まった皮膚症状で定義されるのではなく、肌トラブルや肌悩みの総称として使われます。

2)肌荒れの原因

健康なお肌とはツヤがあってお肌の透明感のある美肌

表皮角質層が十分に保湿されて、潤った状態です。

この状態はもちろん肌荒れではありません。

しかし、加齢、大気の乾燥、身体や皮膚の病気、便秘、外的な刺激などでバリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れると、肌理(キメ)が粗くなってしまいます。

そうなるとお肌の乾燥を感じます。

それが続くと、お肌がカサカサしたり吹き出物がでたりすることも。

つまり、肌荒れの原因と乾燥肌の原因は同じです。

また、肌に残った皮脂酸化するなどで、ニキビや吹き出物ができることもあります。

肌荒れがひどくなると、顔の赤みや炎症、ピリピリとしたかゆみを伴うまで進むこともあり、敏感肌皮脂欠乏性皮膚炎になってしまう場合もあるのです。

そんな肌荒れの原因で多いのが、間違ったクレンジングや洗顔をしてしまうことなのです。


3.クレンジングがなぜ肌荒れの原因になるの?

肌荒れの原因になるクレンジングノイメージ

1)強すぎる洗浄力や脱脂力

①界面活性剤

お肌のメイク汚れや皮脂汚れを取ろうとして、強い界面活性剤の入ったクレンジング料を使うと、肌に必要な成分まで洗い流してしまい、肌荒れを起こす原因になります。

強い洗浄力でセラミド天然保湿因子(NMF)を洗い流してしまうのです。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naは、陰イオン性の界面活性剤で静電気を起こして刺激になることがあります。

これらが肌荒れの原因になってしまうことがあるので、これらが配合されたクレンジング料はあまりオススメできません。

②オイル

炭化水素油系のオイル、つまりミネラルオイル、水添ポリイソブテン、イソドデカンなどは脱脂力が強く肌へのダメージが強いタイプのオイルです。

これらが入ったクレンジング料が肌荒れの原因になることもあります。

また、パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸オクチルドデシル、エチルヘキサン酸セチルなどエステル系のオイルは、炭化水素油系よりは脱脂力が強くありませんが、敏感肌やインナードライ肌の方が使えば肌荒れの原因になることがあります。

2)摩擦の大きなクレンジング

また、洗いすぎや擦りすぎも注意が必要です。

クレンジングの際に必要以上の力で強くに肌をこすってしまうことが肌荒れの原因になります。

メイクをしっかりと落とそうとゴシゴシと肌をこすることは絶対にNGです。

自分のメイクに洗浄力が足りないクレンジング料を使うと擦る強さが強くなりがちなので、注意しましょう。

クレンジングのタイプでは、シートタイプのものはメイクをふき取る際に摩擦が大きくなりますし、リキッドタイプやオイルタイプも肌に薄くしか乗らないので、上手に使わないと摩擦が大きくなってしまいます。

特に気をつけたいのは、シートタイプ。

擦り過ぎると、毛穴にメイクが詰まることがあるので要注意です。

3)メイク落ちが不十分

クレンジングでメイクを落としきれずにいると酸化して、毛穴の黒ずみイチゴ鼻角栓の原因となって肌荒れが起こることがあります。

メイクをしっかり落として清潔にすることが大切です。メイクの濃さに合ったクレンジング料を選ぶことも大切なのです。

また、夜、メイクしたまま眠ってしまうことも肌荒れの原因になるのでNGです。


4.肌荒れを防ぐためのクレンジング料の選び方の基本

肌荒れを防ぐためのクレンジング料の選び方を伝える女性

ここではクレンジング料の選び方の基本から、エイジングケアによい成分や控えたい成分、また肌荒れを防ぐためによい成分や控えたい成分をご紹介します。

1)どんな肌質でも選び方の基本は同じ

界面活性剤やオイルには一定の刺激がありますし、また、クレンジング料でお肌を擦る以上、ある程度の負担が伴います。

そんなクレンジングは、肌質はどうであっても、ポイントは次のとおりです。

  • 肌の不要なメイクの汚れはしっかり落とす
  • 肌に必要なうるおいは残してバリア機能は守る
  • 正しい方法でクレンジングを行って、肌に余計なダメージを与えない

基本をしっかり守るクレンジングが肌荒れの予防や改善に役立つのです。

2)肌荒れを防ぐためにオススメの成分

①アミノ酸系界面活性剤や非イオン系界面活性剤

肌荒れを防ぐためには、ラウロイルグルタミン酸Naなどのアミノ酸系界面活性剤がオススメです。

とても優しいタイプでエイジグケアにとってもよい成分です。

肌荒れの予防にも敏感肌の方のクレンジング料としてもオススメです。

また、ラウリン酸ポリグリセリル-10などの非イオン系界面活性剤静電気による乾燥肌などのリスクも少なく、安全性の高い界面活性剤です。

②油脂系のオイル

アルガンオイルやオリーブ油などの美容オイルでよく使われる油脂系のオイルには、グリセリンや脂肪酸なども含まれています。

そのため、他のオイルに比べてに馴染みやすい性質があります。

つまり、顔にオイルが残りにくく潤いを残せるメリットがあります。

だから、肌荒れを防ぐクレンジングオイルなら油脂系がオススメです。

③肌荒れを防ぐ保湿成分

本来、クレンジング料はメイクを洗い流すものなので、保湿成分などは機能的には不要です。

しかし、肌荒れ防止成分のカワラヨモギ花エキスシソ葉エキスなどを配合することで、肌荒れ予防効果が期待できます。

また、グルコシルセラミドユズ果実エキスヒアルロン酸などの保湿成分もバリア機能の改善をサポートします。

④毛穴汚れを落す成分

どんな肌質でもクレンジングで毛穴の汚れを落すことは大切です。

毛穴汚れを吸着するタナクラクレイなどのクレイや毛穴ケア全般をサポートするアーチチョーク葉エキスなどはオススメの成分です。

これらの成分でしっかり毛穴汚れを落すことも肌荒れ予防に効果的です。

3)肌荒れを防ぐために避けたい成分

①炭化水素系オイル

先ほどもお伝えしましたが、炭化水素系オイルは肌荒れのリスクが高いので避けたい成分です。

また、肌の弱い方やエイジングケア世代では、エステル系のオイルもオススメできません。

②アルコール

アルコールは、化粧品の全成分表示では「エタノール」と表記されます。

アルコールは刺激や揮発性があるので、肌荒れのリスクがあります。

肌荒れの予防にはアルコールフリーのクレンジング料がオススメです。

③PG・DPG

クレンジングジェルやリキッドで、時々、この2つの成分が配合されることがあります。

PGは刺激性のある成分です。

DPGは、PGほどではありませんが、刺激性があるので高い濃度は避けたいところ。

少なくとも、この2つが全成分表示の1行目や2行目にあるクレンジング料は、配合濃度が高いので肌荒れ予防の点からはオススメできません。

④合成香料・合成着色料

これらはさまざまなものがあり、刺激性のあるものからないものまであります。

だから一概には言えませんが、クレンジング料には特になくてもよい成分です。

だから、混合肌やエイジングケア世代では、控えた方が無難な成分です。

なお、今、挙げた成分は保湿化粧水エイジングケア化粧水などでも避けたい成分です。


5.肌荒れ予防にオススメのクレンジング料のタイプは?

肌荒れ予防にオススメのクレンジング料のタイプを調べる女性

1)クレンジング料のタイプと肌荒れになりにくさは?

クレンジング料と一口に言っても、オイルと界面活性剤の配合量の違いや追加する成分によってさまざまな種類があります。

ここでは、クレンジング料のタイプと肌荒れになりにくさや選び方のポイントをご紹介します。

ただし、最近では、成分が多様化しそれに伴いクレンジング料の種類がすごく増えてきました。

そのため、タイプだけでメリット、デメリット判断しにくくなっていますので、成分をしっかり理解するようにしましょう。

①オイルタイプ

オイルタイプのクレンジング

脱脂力、洗浄力が高い反面、肌へのダメージが大きいクレンジング料です。

油分、界面活性剤とも多いので、基本的には肌荒れ予防には向かないタイプです。

使うなら油脂系オイルのクレンジング料がオススメです。

②リキッドタイプ

油分が少なく、界面活性剤が多いのがこのタイプで、メイク落ちの良さと肌への優しさのバランスがよいことがメリットです。

一方、肌をこすり過ぎるなど、摩擦による負担がかかりやすいというデメリットがあります。

アミノ酸系界面活性剤のものなら肌荒れにもオススメですが、イオン系の界面活性剤のクレンジング料はあまりオススメできません。

③ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジング

ジェルもメイク落ちの良さと肌への優しさのバランスが取れています。

クレンジングジェルには、水性タイプと油性タイプの2つがあります。さらに、水性はオイルインとオイルフリーがあります。

なめらかなので、摩擦によるお肌への負担を軽減してくれます。

そのため、肌荒れ予防に向くクレンジング料です。

ただし、洗浄力はオイルタイプやリキッドタイプと比べると弱いので、油性のポイントメイクなどは落ちにくいデメリットがあります。

④クリームタイプ

お肌に密着しやすく、しっとりとした洗い上がりを実現してくれることがメリットです。

一方、ベタつき感があること、洗浄力がやや弱いことがデメリットです。

濃いメイクをしない場合は、肌荒れ予防に使いやすいタイプです。

⑤ミルクタイプ

ミルクタイプのクレンジング

洗い上がりのお肌をしっとりと仕上げてくれるのがメリットです。

お肌への余分な摩擦を抑え、皮脂を落とし過ぎないこともメリットです。

しかし、洗浄力が最も弱いこと、メイクを油分となじませる乳化に時間がかかることがデメリットです。

薄いメイクなら肌荒れ予防にオススメのクレンジング料です。

⑥バームタイプ

クリームタイプとオイルタイプのメリットを活かしたのが、バームタイプです。

容器に入っている時は固形ですが、肌の伸ばしていくとオイル状に変化します。

そのため、肌への摩擦を抑えてメイクを落とすことができるので、肌荒れになりにくいクレンジング料です。

⑦シートタイプ

時間がない時にすぐに使える点がメリットです。

しかし、残念ながら拭き取りの刺激による肌への負担が大きいこと、メイクが残りやすいという点がデメリットもあります。

肌荒れ予防の点では、オススメできないタイプのクレンジング料です。

2)肌荒れ予防にオススメはどのタイプ

肌への負担を考慮すると、オススメはジェルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプです。

摩擦が少ない、洗浄力が高すぎないことが共通しています。

しかし、これらは濃いメイクを落としにくいという欠点が共通しています。

だから、肌荒れ予防には、ナチュラルメイクや薄めのメイクでこれらのタイプのクレンジング料を使うことをオススメします。

一方、どうしても濃いメイクが必要な場合は、メイクが落ちないと肌荒れになることがあります。

だから、濃いメイクの場合は、リキッドタイプや油脂系オイルのクレンジング料を使うことも必要です。


6.エイジングと肌荒れとクレンジング

エイジングに応じて優しいクレンジング料を選ぶ女性

1)エイジングに応じてクレンジング料は優しいタイプを

エイジングが進むほど肌荒れしやすくなります。

なぜなら、バリア機能の低下が進みお肌が乾燥しやすくなるからです。

また、エイジングとともに女性ホルモンの分泌が低下したり、真皮線維芽細胞の力が衰えて皮膚が薄くなるからです。

その結果、肌のハリツヤも無くなります。

だから、肌荒れを防ぐにはより刺激が少ないマイルドなタイプを選ぶことが大切なのです。

肌老化はクレンジング料だけで抑えることはできませんが、少なくとも促進させないものを意識して選ぶことが大切です。

30代、40代、50代の年代別のエイジングケアのためのクレンジング料の選び方は、次の記事を参考にしてください。

30代にオススメのクレンジングのランキング不要の選び方

40代にオススメのクレンジングはランキングで選ばない!

50代にオススメのクレンジングはランキングより優しさで!

2)肌荒れとその他の肌悩み

肌荒れとその他の肌悩みを確認する女性

肌荒れしやすい方は、エイジングとともに他の肌悩みも増えてきます。

なぜなら、肌荒れと関係の深い乾燥肌は多くの肌悩みの原因になるからです。

肌悩みはクレンジング料だけで改善するわけではありませんが、少なくとも悪化させるタイプのものを選んではいけません。

肌悩み別のクレンジング料の選び方については、下記の記事も参考にしてください。

毛穴汚れにオススメのクレンジングの選び方とランキング?

ほうれい線を予防するクレンジング料の選び方と使い方

しわを予防・改善するクレンジング料の選び方と使い方

いちご鼻や角栓を改善するクレンジング料の選び方と使い方

シミを予防するクレンジング料の選び方と使い方

くすみの予防や解消のためのクレンジング料の選び方と使い方

インナードライ肌を改善するクレンジング料の選び方と使い方


7.肌荒れしにくいオススメのクレンジング料

肌荒れしにくいエイジングケア世代の方にオススメのアミノ酸系界面活性剤配合クレンジングジェル「ナールス エークレンズ」をご紹介します。

水性のオイルフリーのクレンジングジェルで、アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分です。

敏感肌だけではなくエイジングケアのためのクレンジングにもオススメです。

ナールス エークレンズは、皮膚科医監修で、

  • アミノ酸系界面活性剤により、お肌に負担の少ない優しいクレンジングが可能です。
  • 粘りのあるジェルがお肌に密着し、汚れをしっかり落としながらも、優しく洗い上げます。
  • タナクラクレイ(軟質多孔性の海泥)が毛穴の汚れを吸着し、クリアな素肌をサポートします。
  • アーチチョーク葉エキス配合で、毛穴のたるみ、開き、詰まり、イチゴ鼻、ザラつきなどの毛穴の悩みにアプローチし、毛穴の目立ちにくいお肌をサポートします。
  • ナノサイズまで小さくした「金コロイド」を配合。永続する抗酸化効果で、お肌の老化の原因となる活性酸素を除去し、お肌の酸化を防ぎます。
  • グルコシルセラミド、ユズ果実エキスの効果で、バリア機能の改善をサポートします。
  • 肌荒れ防止成分のカワラヨモギ花エキスシソ葉エキスが、デリケートなお肌を優しくいたわり、肌荒れを感じさせない健やかな美肌へと導きます。
  • 10の無添加(無香料、無着色、無鉱物油、オイルフリー、アルコールフリー、パラベンフリーフェノキシエタノールフリー、石油系界面活性剤フリー、PG・DPGフリー、旧表示指定成分フリー)を実現しています。
  • マツエクもOKです。
  • W(ダブル)洗顔不要のクレンジング料。

といった特徴があります。

全成分表示

水、BGラウリン酸ポリグリセリル-10ペンチレングリコール、グリセリン、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸、グルコシルセラミド、金、タナクラクレイ、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキス、ユズ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、ダマスクバラ花油α-グルカンPEG-60水添ヒマシ油カルボマーポリアクリル酸Na水酸化K


8.肌荒れを防ぐクレンジング料の使い方

肌荒れを防ぐクレンジング料の使い方を実践する女性

肌荒れを防ぐには、クレンジングは正しく行うことが大切です。

まず、クレンジングは皮脂量の多いTゾーンから使い始めるようにしましょう。

次に頬などのUゾーン、最後に目元や口元などにのばしてなじませていきます。

どんな優しいクレンジング料を使っても、こすり過ぎはNGです。

強い力でこすることは乾燥の原因にもなります。優しい力加減を心がけましょう。

時間をかけすぎないこともポイントです。

どんなに自分の肌にあったクレンジング料を使っていても、クレンジングそのものが肌にとっては負担になります。

必要十分な時間で済ませることがコツです。40秒程度、長くても1分以内で済ませましょう。

洗い流す際は、水ではなく33℃~35℃くらいのぬるま湯を使うことがポイントです。

また、肌荒れがある方はできればダブル洗顔は控えた方がよいでしょう。

なお、クレンジング方法の動画はこちらをご覧ください。

また、クレンジングの方法の詳しい情報は、「クレンジングの正しい方法と使い方で美肌を目指す!」をご覧ください。


9.クレンジング後の保湿で肌荒れを防ぐ

クレンジング後の保湿で肌荒れを防ぐ女性

肌荒れを防ぐためにはクレンジング後の保湿がとても大切です。

刺激の少ないエイジングケア化粧品を選んで正しく使いましょう。

エイジングケア化粧水ならアルコールフリーの化粧水敏感肌向け化粧水など、刺激の少ないタイプがオススメです。

エイジングケア美容液は、プロテオグリカンヒアルロン酸などの水分を抱え込むタイプの保湿成分を配合した保湿美容液や、ヒト型セラミド配合のセラミド美容液がオススメです。

保湿クリームなら、シアバターなどの水分の蒸発を防ぐタイプの保湿成分配合やセラミドクリームがオススメです。


10.まとめ

肌荒れを防ぎたい!おすすめのクレンジング料の選び方のまとめ

肌荒れを防ぐためどんなタイプのクレンジング料を選べばいいのか、そのポイントや正しい使い方をご紹介しました。

また、肌荒れしにくく、敏感肌にオススメのクレンジング料「ナールスエークレンズ」もご紹介しました。

この記事を参考に、肌荒れの原因や予防法、改善法を理解するとともに、クレンジングの正しい知識を身につけることで、肌トラブルのない健やかな美肌を目指しましょう。

<今だけ!無料サンプルプレゼント!!>

敏感肌や乾燥肌に使いたい!おすすめのクレンジング!ぜひお試しください☆

ナールスエークレンズ無料サンプル申し込み

関連記事

秋のクレンジングを正しく行ってエイジレスな美肌へ!

続きを読む

クレンジングの際のフェイスマッサージは肌老化を進める?

続きを読む

マツエクOKのおすすめのクレンジングを見つけよう!

続きを読む

クレンジングの失敗で目の下のクマに!改善の対策は?

続きを読む

20代にオススメのクレンジング。10年後の美肌のために!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」