「女医が教える、やってはいけない美容法33」で肌老化をストップ!

「女医が教える、やってはいけない美容法33」の表紙

女医が教える、やってはいけない美容法33(慶田朋子 著、株式会社小学館、2019年6月)をご紹介します。

本書は美容皮膚科医である慶田朋子先生が医師としての立場から、間違った美容法を紹介しています。

ここで紹介されているスキンケアを止めることで美肌に近づけます。

目次の紹介をする女性のイラスト

スポンサードサーチ

1.「女医が教える、やってはいけない美容法33」の概要や特徴は?

「女医が教える、やってはいけない美容法33」の目次

『「女医が教える、やってはいけない美容法33」で肌老化をストップ!』をお届けします。

本書は、前回、ナールスエイジングケアアカデミーで紹介した「美容常識の9割はウソ 落合博子」と同じく女医による美容本の最新の1冊です。

また、「美人科へようこそ!女医が教える本当の美容法 友利新」や「吉木伸子が教える 本当に正しいアンチエイジング大辞典 吉木伸子」、「皮膚科専門医が教える やってはいけないスキンケア 檜垣祐子(東京女子医科大学教授 同附属女性生涯健康センター副所長)」、「医者が教える最高の美肌術(小林暁子 )」や「化粧いらずの美肌になれる3つのビューティケア(菅原由香子 )」「毛穴スッキリ!美肌メソッド(吉田 貴子)」、「美容常識の9割はウソ(落合博子 )」などと同じく女性医師が執筆した美容本となります。

などと同じく女性医師が執筆した美容本となります。

本書は、33項目の間違ったエイジングケアやスキンケアについて、医師の視点から理由とともに解説されています。また、正しい方法も併せて紹介されています。

イラストや漫画がふんだんに使われ、表現もわかりやすいので美容やエイジングケアの知識が少なくてもとても分かりやすいことが特徴です。

正しいと思い込んでいた美容法を止めることで、エイジレスな肌をキープできます。


2.「女医が教える、やってはいけない美容法33」の構成や内容は?

本書は、第1章と第2章、コラムで構成されています。

1)第1章 やってはいけないスキンケア

第1章は、「やってはいけないスキンケア」。

よく知られていることもあれば、あまり知られていないことも記述されていますが、ここでは、13個紹介されている「やってはいけないスキンケア」から3つピックアップしてポイントをご紹介します。

まず、ナールスエイジングケアアカデミーでもたくさんの記事があるクレンジング

やってはいけない美容法の第1章

本書でも1分以内に済ませることでバリア機能へのダメージを少なくして、お肌の保湿成分をキープできること、またクレンジング中のマッサージがお肌に良くないことが紹介されています。

美肌のためには、クレンジングは優しいタイプを使って短く済ませることが大切です。

2つ目は、毛穴パックはやはり角栓にとっては良くないこと。

Tゾーンなどで目立つ角栓やいちご鼻に毛穴パックは、悪循環の原因になります。

なぜなら、無理やり角層をはぎ取ってしまうので、お肌に大きな刺激や負担を与えてしまうからです。

だから、毛穴の悩みの改善には不向きなのです。

おすすめされているのは、適度な酵素洗顔

また、オイリー肌普通肌の方にはクレンジングオイルもおすすめされています。

これらについても、ナールスエイジングケアアカデミーでご紹介している内容と近いものでした。

3つ目は、ハトムギエキスの効果について。

化粧水などの化粧品やサプリメントに配合されるハトムギエキスは、アミノ酸、カリウム、ビタミンB群が豊富。また、イボへの効果も期待されています。

しかし、効果が期待できるのはウイルス性のイボだけで、脂漏性角化症などの老人性のイボには効果がないことが紹介されています。

これら3つ以外でも、夜のスキンケアよりも美肌には睡眠が大切なこと、過度な化粧水のパッティング敏感肌の原因になること、オーガニックコスメに接触性皮膚炎のリスクがあることなども知っておきたいポイントです。

2)第2章 やってはいけない美容習慣

第2章は、「やってはいけない美容習慣」が、20個紹介されています。

やってはいけない美容法の第2章

第1章と同じく、3つピックアップしてポイントをご紹介します。

1つめは、かっさマッサージで強くお肌をこすると色素沈着くすみの原因になること。

顔のたるみほうれい線の対策に使われるかっさマッサージですが、長期間続けたり、強い力でこすっていると、かえって肌老化の原因になってしまうことが紹介されています。

2つめは、美容鍼のリフトアップ効果について。

美容鍼はほうれい線対策などにも使われる美容法ですが、普段、使わない表情筋の伸縮をよくすることでリフトアップ効果を狙うものです。

しかし、その効果は永続的ではなく一時的であることが紹介されています。

それでも、真皮コラーゲンにダメージを与えることのない方法なので、ここぞという日の前日に使うのは良い方法であると言及されています。

最後は、まつエクで眼瞼下垂が悪化するというお話。

やってはいけない美容法のマツエクで眼瞼下垂のページ

眼瞼下垂は、目元の老化で瞼を持ち上げる力が低下してしまう病気です。

いわば、瞼のたるみですが、まつエクの重さによって助長されることが紹介されています。

いくらまつげがキレイでも、瞼が下がってしまっては本末転倒です。

特に、まつエクは、まつ毛貧毛症の原因になることもあるので、40代以上のエイジングケア世代は注意したいですね。

ほかにも、顔ヨガやコロコロローラーのリスクや貧血を放置することで女性の薄毛が加速することなども知っておきたいポイントです。

3)COLUMN

本書では、3つのコラムが紹介されています。

まずは、「エイジングケアで本当に大切なのは紫外線対策と保湿と洗顔」で紹介しているとおり、洗顔保湿UVケアの3つが大切であることが紹介されています。

また、機器や注入による美容医療が紹介されています。

本書は、今までのスキンケアや美容習慣が正しいかどうかをチェックしてみるのに、ピッタリの一冊です。

女医が教える、やってはいけない美容法33 [ 慶田 朋子 ]をアマゾンで購入する

女医が教える、やってはいけない美容法33 [ 慶田 朋子 ]を楽天で購入する

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

女医が教える、やってはいけない美容法33[ 慶田 朋子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/2/18時点)


スポンサードサーチ

3.「女医が教える、やってはいけない美容法33」の基本情報と目次

やってはいけない美容法の表紙

1)基本情報

単行本:155ページ

著者:慶田朋子

出版社:株式会社小学館

出版年月日:2019年6月30日

定価:1,300円+税

2)目次

はじめに

第1章 やってはいけないスキンケア

1.クレンジングマッサージできめ崩壊

2.大容量シートマスクで肌あれに

3.剥がすパックでますます毛穴詰まり

4.スクラブ洗顔で乾燥肌が悪化

5.化粧水100回パッティングで敏感肌に

6.朝洗顔しない美容法でさらに乾燥

7.オーガニックアロマオイルで接触性皮膚炎

8.洗顔ブラシでさらなる角栓体質に

9.スチーマーの保湿はつもりだけ

10.ハトムギを飲んでも塗ってもほとんどのイボは消えない

11.油抜きダイエットでシワシワ肌

12.夜の丁寧スキンケアで不眠汚肌

13.ファンデーションブラシでニキビ悪化

第2章 やってはいけない美容習慣

14.顔ヨガでかえって輪郭崩壊

15.毎日コロコロローラーでたるみ加速

16.かっさマッサージでくすみ肌

17.小顔整体で骨が動いたらそれは事故

18.美容鍼でリフトアップはまやかし

19.まつエクで眼瞼下垂悪化

20.つけまつげでまぶたが茶ぐすみ

21.頭皮をもんでも毛は生えない

22.かかとの削りすぎで鏡餅化

23.ランニングで老け加速

24.ダイエット目的の喫煙で老婆顔

25.ブラジリアンワックスで毛嚢炎

26.布ナプキンでむしろ肌あれ

27.貧血放置で薄毛が加速

28.猫背で二重あご悪化

29.心や表情のクセで怪優顔が定着

30.怪優顔①片側ビクッは皮肉のサイン!? シニカル顔

31.妖優顔②「でも」多発。 梅干しあごの不満顔

32.妖優顔③家でも会社でも我慢の女 侍女子顔

33.妖優顔④歯ぎしり、食いしばりで ガマガエル顔

COLUMN

01 洗顔、保湿、UVケアが基本

美肌を守る正しいお肌のお手入れ方法とは?

02 肌悩みには、美容医療という選択 ①機器などによる治療

03 肌悩みには、美容医療という選択 ②注入系による治療

おわりに

参考文献

クリニック紹介


4.編集後記

「女医が教える、やってはいけない美容法33」をご紹介しました。

本書は、TVや雑誌などのメディアで活躍中の女性医師である著者が、一般の方向けに美肌のための正しいスキンケアやエイジングケアで間違いやすいポイントを33個紹介した一冊。

具体的な失敗ケアを取り上げて、その理由や代替案も紹介されているので、わかりやすくとても実践しやすいことが本書のユニークなメリットです。

本書「女医が教える、やってはいけない美容法33」は、やりがちな失敗スキンケアを避け、美肌になるためのエッセンスが学べる一冊です。

(執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)

ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。コスメ検定1級。

(編集:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、

医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆を行う。

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

「いつでもどこでも血管ほぐし健康法」の活用法と特徴・内容

続きを読む

ここちよいココロ カラダ 生活をつくる アロマテラピー事典 岩井ますみ

続きを読む

「38歳からはじめたいリカバリー美容辞典」で肌老化を防ごう! 

続きを読む

「ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた見た目が10歳若くなる本」で若返る!

続きを読む

「やせる生活」を読んで健康的にダイエット

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」