スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケア 上田由紀子

スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケア 上田由紀子

スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケア(文光堂 上田由紀子)をご紹介します。

本書は、皮膚科医の立場からスポーツ医学にかかわっている上田由紀子先生が、アスリートやサポートスタッフなどのために書いた一冊。スポーツと皮膚トラブルやアスリートのスキンケアが学べる一冊です。

一般の方には少し難しい内容ですが、アウトドアスポーツをする方には、ぜひ、読んでいただきたい一冊です。

スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケアの目次

1.スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケアはとてもユニーク

皮膚の役割のページ

本書は、スポーツ医学の観点から皮膚のトラブルとその対策、スキンケアを扱ったとてもユニークな一冊です。

女性の皮膚科医の本としては、ナールスエイジングケアアカデミーでこれまで、「女医が教える、やってはいけない美容法33 慶田朋子」、「美容常識の9割はウソ 落合博子」、「美人科へようこそ!女医が教える本当の美容法 友利新」、「吉木伸子が教える 本当に正しいアンチエイジング大辞典 吉木伸子」、「皮膚科専門医が教える やってはいけないスキンケア 檜垣祐子(東京女子医科大学教授 同附属女性生涯健康センター副所長)」などたくさん取り上げてきました。

しかし、本書は一般的なエイジングケアやスキンケアではなく、スポーツやアスリートとのかかわりを起点に書かれている点で際立った特徴があります。

皮膚科学やスポーツの専門的な内容が掲載されているので、一般の方向けとしては難しい内容ですが、アスリートを支えるチームドクターやトレーナー、監督、コーチなどにとっては、手元に一冊あればとても役立つ一冊です。

なお、著者の上田由紀子先生には、ナールスのセミナーでご講演いただいたこともあります。

▶上田由紀子先生にご講演いただいたセミナーの記事は、こちらからお読みいただけます。

 

2. スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケアの概要

本書は、Warming up、Round1からRound14、Cooling downとして16のテーマに分けられています。

WARMING UPでは、著者ご自身の経験から、アスリートの皮膚トラブルの解消やスキンケアがパフォーマンス向上に有効であることが紹介されています。

ROUND 1では、皮膚の構造やはたらきといった基本的な内容と、スポーツ医学における皮膚科の役割が解説されています。

ROUND 2では、角層のはたらきやアスリートに多いタコ、ウオノメなどが紹介されています。

ROUND 3では、皮膚の外傷の処置や治療法、消毒薬などの使い方が紹介されています。アスリートには外傷がつきものなので、これらの知識はサポートスタッフにはとても大切です。

ROUND 4では、皮膚感染症として、細菌感染症、ウイルス感染症、真菌感染症の3つの症状と、原因、治療法が紹介されています。外傷やその他の原因でアスリートは皮膚感染症にさらされますが、その対処もサポートスタッフにはとても大切です。

皮膚感染症のページ

ROUND 5では、皮膚外用療法について。軟膏やクリームほか、剤型による違いや目的別の皮膚外用薬の使用方法などが紹介されています。

ROUND 6では、蕁麻疹と接触皮膚炎の症状や診断、治療、対策、手の湿疹、足の湿疹の対策が紹介されています。
手の湿疹については、アスリートではなくても、よく手を使う職業の方にも役立つ内容です。
手荒れケア保湿成分としてセラミドも紹介されています。

ROUND 7では、アスリートのアトピー性皮膚炎について。薬物治療、生活指導、スキンケアが紹介されています。スキンケアとしては、一般の方でもアスリートでも同じくお肌のバリア機能を守るための保湿が大切です。

ROUND 8では、中毒疹について。薬疹やその原因となる薬剤、虫刺されなどが紹介されています。

ROUND9では、紫外線ダメージによる光老化と皮膚腫瘍について。多くのアスリートにとって紫外線は大きな脅威です。光老化とは、シミしわほうれい線などの肌老化が、紫外線によるダメージの蓄積が原因で目立ってしまうことです。また、良性腫瘍と悪性腫瘍の見分け方から、診断やレーザー治療などが紹介されています。

ROUND 10では、皮膚のアクセサリーつまり、付属器官である毛髪,汗腺について。

それらが関係するトラブルと対処法が紹介されています。

ROUND 11では、暑さや寒さによる皮膚トラブルとその対策について。衣類や選ぶ素材の重要性なども紹介されています。

暑さ,寒さから体を守る皮膚の章の紹介

ROUND 12では、パフォーマンスを高める紫外線対策として、日焼け止めやそれ以外の方法、紫外線のアフターケアの重要性が紹介されています。紫外線対策は一般の方のアンチエイジングやエイジングケアにもとても大切です。

ROUND 13を美しいアスリートをめざすためのスキンケアについて。正しい洗顔法やクレンジングから化粧水美容液乳液保湿クリームの選び方や使い方などが紹介されています。また、ニキビ、シミ、傷跡のケアからアロマテラピーまで、アスリートが美肌になる方法が幅広く紹介されています。

ROUND 14は、アスリートにとって大きな問題となるドーピングについて。ドーピング検査や薬など皮膚科医も含めて、事前にトラブルを防ぐため情報が紹介されています。

最後のCOOLING DOWNでは、スポーツ種目別の皮膚トラブルの特徴と対策が紹介されています。一口にスポーツと言っても、種目が多く使う体のパーツが異なれば皮膚トラブルの種類も異なることもあります。そんなスポーツ種目別の皮膚トラブルの特徴と対策はとても便利です。

スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケアをアマゾンで購入する

スポーツと皮膚 アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケア [ 上田由紀子 ]を楽天で購入する

 

3.「スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケア」の基本情報と目次

スポーツと皮膚-アスリートの皮膚トラブルの対策とスキンケアの表紙

1)基本情報

単行本:106ページ
著者:上田由紀子
出版社:株式会社文光堂
出版年月日:2005年11月1日
定価:4,500円+税

 

2)目次

【WARMING UP】スポーツと皮膚科学の結びつき
[ROUND 1]皮膚の役割
皮膚の構造
体を守る皮膚の働き
スポーツ医学における皮膚科の役割

[ROUND 2]角層のトラブル
角層の働き
角層のトラブル
胼胝と鶏眼

[ROUND 3]皮膚の外傷
皮膚外傷現場での処置
創傷治癒の理論
皮膚外傷の治療法
消毒薬

[ROUND 4]皮膚感染症
細菌感染症
ウイルス感染症
真菌感染症

[ROUND 5]皮膚外用療法
外用薬の成分と基剤
皮膚外用薬の使用方法

[ROUND 6]蕁麻疹と接触皮膚炎
蕁麻疹
治療と対策
接触皮膚炎
診断,治療,対策
パッチテスト,スクラッチテスト,皮内テスト
手の湿疹
足の湿疹
特殊な接触皮膚炎

[ROUND 7]アトピー性皮膚炎
アスリートのアトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎の薬物治療
アトピー性皮膚炎の生活指導
アトピー性皮膚炎のスキンケア

[ROUND 8]中毒疹
薬疹
薬疹の検査
具体的な薬疹の例
薬疹の治療
虫刺され

[ROUND 9]光老化と皮膚腫瘍─黒い腫瘍の見分け方─
皮膚にできる腫瘍
光老化と腫瘍
良性腫瘍
悪性黒色腫
その他の悪性腫瘍
ダーモスコピー
ブラックヒール
レーザー治療

[ROUND 10]皮膚のアクセサリー─毛髪,爪,汗腺─
アスリートと皮膚の付属品
毛髪のトラブル
爪のトラブル
汗によるトラブル

[ROUND 11]暑さ,寒さから体を守る皮膚
皮膚の体温調節作用
暑さによる皮膚のトラブル
寒さによる皮膚のトラブル
スキンケアとしての衣類

[ROUND 12]パフォーマンスを高める紫外線対策
皮膚が紫外線から受けるダメージとは
スキンタイプと紫外線
紫外線防御の方法
アフターケアを大切に

[ROUND 13]美しいアスリートをめざして
正しい洗顔法
保湿剤
ニキビの話
ニキビの治療
シミや傷あとのケア
アロマテラピー

[ROUND 14]皮膚科医のためのドーピング講座
ドーピングとは
ドーピング検査
検査の実際
ドーピングに関連する薬
一般薬にも注意が必要

【COOLING DOWN】スポーツ種目別の皮膚トラブルの特徴と対策

文献

索引

関連記事

オトナ女子のための美容化学 しない美容の内容・レビューと活用法

続きを読む

一流の睡眠- 「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略のレビュー

続きを読む

知れば知るほどキレイになれる!美容成分キャラ図鑑 小西さやか

続きを読む

ヘアピンでもできる!毛穴スッキリ!美肌メソッド 吉田貴子

続きを読む

38歳からはじめたいリカバリー美容辞典 監修 吉木伸子/中村格子/田村マナ

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」