「スキンケアの科学」を活用して皮膚科学を理解しよう!

スキンケアの科学の表紙

スキンケアの科学(田上八朗 著、株式会社南山堂、2015年6月)をご紹介します。

本書は、タイトルの通り、皮膚の専門医である著者が科学的なデータを示しながら幅広くスキンケアについて解説した一冊です。

皮膚の構造やはたらきからスキンケアの実際まで深く理解できます。

記事の目次を紹介する女性のイラスト

1.「スキンケアの科学」の私たちの活用法

スキンケアの科学の目次

『「スキンケアの科学」を活用して皮膚科学を理解しよう!』をお届けします。

本書は、エイジングケア書籍レビューで紹介している「あたらしい皮膚科学第3版(清水宏 著)」「皮膚科医のための香粧品入門」(〔皮膚科の臨床 2014年10月臨時増刊号[56巻11号] 〕)と同じく医師向けの書籍です。

美肌の教科書 『最新皮膚科学」でわかったスキンケア84の正解 川島眞」や「吉木伸子が教える 本当に正しいアンチエイジング大辞典 吉木伸子」などと同じく、医師によるスキンケアの書籍ですが、スタンスが異なります。

これらは医師による一般向けの本ですが、こちらは多くの医学論文を参照し、データがふんだんに使われています。

また、かなり専門的な内容にまで踏み込んでいます。

そのため、一般の方のスキンケアやエイジングケアの本としてはやや難解です。

そのため、入門書としては不向きです。

一方、すでに美容やスキンケア、エイジングケアを様々な本やメディアで十分理解されていて、より科学的な視点で専門的な知識を身につけたい方にはとても興味深い内容となっています。

私たちは、ナールスエイジングケアアカデミーでエビデンスの有無をチェックしたり、データチェックをする際に、本書を活用しています。


2.「スキンケアの科学」の構成や内容は?

本書は、第1章から第6章までの6つの章で構成されています。

1)第1章 皮膚の構造とその働き

第1章では、皮膚の構造とはたらきが全般的に解説されています。

表皮真皮メラニン色素から付属器である毛穴皮脂腺汗腺や知覚神経まで解説されています。

また、スキンケアの大切さについても触れられています。

皮膚の顕微鏡写真や構造のイラストがふんだんに使われていて、視覚的な理解が進むように工夫されています。

スキンケアの科学の第1章

2)第2章 生物進化の視点から見たヒト皮膚の構造と機能

第2章では、生物進化の視点から見たヒトの皮膚について。

脊椎動物や哺乳類、ヒトの皮膚の違いや進化が解説されています。

中でも、脊椎動物の体表面の構造の進化は興味深い内容です。

3)第3章 ライフステージから見たヒト皮膚の構造と機能

第3章では、ヒトの皮膚の成長や紫外線ダメージによる肌の老化、つまり、光老化についての解説。

新生児の皮膚がどう成長し、成人期、老年期でどう変化するのかが紹介されています。

また、紫外線がシミしわなどに影響を与えるメカニズムについて触れられています。

4)第4章 極薄の皮膚の防御膜、角層の機能的解析

第4章では、角層の構造やはたらきについて。

バリア機能ターンオーバー水分保持機能について解説されています。

また、角層にある天然保湿因子(NMF)セラミドコレステロールなどができるプロセスとはたらきについても解説されています。

さらに、角質の異常による乾燥肌や皮膚の病気、アトピー性皮膚炎などについても触れられています。

この章を理解することで、いかに皮膚のバリア機能が大切かを再確認できます。

スキンケアの科学の第4章

5)第5章 スキンケアの有効性における客観的評価法-生体角層の水分計測法の発見

第5章では、スキンケアの有効性を客観的に評価する方法について。

角質の水分含有量の測定法や、年齢、季節の違いによる角質の水分含有量のデータなどが示されています。

加齢による水分減少や、夏と冬の乾燥の影響の実際のデータを見ると、日頃のエイジングケアや冬の乾燥肌対策が大切なことが良くわかります。

40代、50代へと進むにつれて一層、スキンケアをしっかり行うことが大切です。

6)第6章 皮膚の存在意義から見たスキンケアの必要性

そして、最終の第6章がスキンケアの実際について。

紫外線対策保湿、ピーリングからスキンケア製品、メイクアップ製品、香料の副作用などについても解説されています。スキンケアについては、顔だけでなく頭皮、爪、などにも触れられています。

また、トレチノインやレチノールによる光老化の治療も取り上げられています。

エイジングケアやアンチエイジングについての直接的な内容はありませんが、皮膚やスキンケアが科学的に理解できる一冊です。

スキンケアの科学 [ 田上八朗 ]をアマゾンで購入する

スキンケアの科学 [ 田上八朗 ]を楽天で購入する

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スキンケアの科学 [ 田上八朗 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2020/4/2時点)


3.「スキンケアの科学」の基本情報と目次

スキンケアの科学の表紙

1)基本情報

単行本:166ページ

著者:田上八朗(東北大学名誉教授)

出版社:株式会社南山堂

出版年月日:2015年6月10日

定価:2,500円+税

2)目次

第1章 皮膚の構造とその働き

解剖学実習で出会ったヒトの革袋

革袋だけではない皮膚

顕微鏡の観察で見える皮膚の構造

メラニン色素産生と分配をするメラノサイト

ランゲルハンス細胞と真皮樹状細胞

脈管と知覚神経

皮膚の付属器

皮膚の知覚神経

皮膚の炎症と免疫反応

皮膚の創傷治療

スキンケア

第2章 生物進化の視点から見たヒト皮膚の構造と機能

皮膚の進化のみちすじ

脊椎動物の体表面の構造に見られる進化

哺乳類の皮膚

表皮細胞の分裂増殖に関係するサイトカイン

微生物への自然免疫による備え

第3章 ライフステージから見たヒト皮膚の構造と機能

皮膚の成長とそれに伴う変化

日光紫外線の皮膚への影響

光老化によるしわ形成

第4章 極薄の皮膚の防御膜、角層の機能的解析

身体部位での角層構造の違い

皮表角層の形態学的な評価

皮膚表面pH測定

ダーモスコピーによる皮膚表面の観察

さまざまな角層の動態

角層のバリア機能の重要性

ヒト角層の微細構造

角層の構成成分とその異常による病気

角層のバリア機能の測定

角層のバリア機能異常

経皮吸収

ステロイド外用剤の副作用

閉鎖密封療法

角層の水分保持機能

第5章 スキンケアの有効性における客観的評価法-生体角層の水分計測法の発見

角層の水分含有量測定法の発見

皮膚表面の水分保持機能

第6章 皮膚の存在意義から見たスキンケアの必要性

環境からの皮膚傷害-日光紫外線と光老化

スキンケアの実際

スキンケア製品、メイクアップ化粧品、香料による副作用問題

おわりに

引用文献

参考文献

索引


4.編集後記

「スキンケアの科学」をご紹介しました。

本書は高名な皮膚科専門医が、医師向けに皮膚の構造やメカニズムからスキンケアの実際まで、幅広く解説した一冊です。

皮膚科学の専門家によって科学的な根拠と臨床経験に基づく深い内容なので、一般の方には難解ですが、とても学びの多い一冊です。

本書「スキンケアの科学」は、一般向けの美容本では飽き足らない方におすすめの一冊です。

(執筆:株式会社ディープインパクト 代表取締役 富本充昭)

ナールスエイジングケアアカデミー編集長

京都大学農学部を卒業後、製薬企業に7年間勤務の後、医学出版社、医学系広告代理店勤務の後、現職に至る。コスメ検定1級。

(編集:エイジングケアアカデミー編集部 やすだともよ

医学出版社、医学系広告代理店にて編集・ライターとして、

医師向け、患者向けの情報提供資材や書籍等の記事の編集・執筆や、国内・海外医学会取材・記事執筆を行う。

当社スタッフの本業は、医学・薬学関連の事業のため、日々、医学論文や医学会の発表などの最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、みなさまの健康づくりのご参考になるような情報ご紹介したり、その時期に合ったスキンケアやエイジングケアのお役立ち情報をメールでコンパクトにお届けしています。

ぜひご登録をお待ちしております。

キレイと健康のお役立ち情報が届く、ナールスのメルマガ登録はこちらから

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

「素肌美人をつくる トータルスキンケアBOOK」で上手に美肌へ

続きを読む

「新世紀版 養生訓(済陽高穂 著)」で健康を手に入れアンチエイジング

続きを読む

「保湿とUVケアだけが美肌を作る まず全身の健康管理を忘れないで」で美肌!

続きを読む

便活ダイエット ~便秘外来の医師が教える、排便力がアップする11のルール~ 小林弘幸

続きを読む

「ヒートショックプロテイン加温健康法」の活用法と内容・特徴

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」