妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療 北條元治

妻の化粧品はなぜ効果がないのかを書籍レビュー
妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療(株式会社KADOKAWA、2013年11月)をご紹介します。本書は、化粧品で出来るスキンケアの限界と再生医療で可能なアンチエイジングについて、専門医が一般の方向けに解説した一冊です。

目次ちゃん

1.「妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療」の私たちの活用法

妻の化粧品はなぜ効果がないのか1

本書は、アンチエイジングのための再生医療の専門医が、一般の方向けに、「細胞を健康にして老化を遅らせる方法」をまとめた一冊です。

キャッチーなタイトルが目を惹きますが、中身はいたってまじめで、学術的な観点からアンチエイジングや化粧品の限界などを解説しています。

少し高度で専門的な内容も含まれているので、一般の方にはやや難解な箇所もありますが、エイジングケア化粧品にできること、できないこと、酸化糖化を防ぐ方法をはじめアンチエイジングについての知識や知恵が身に着く一冊です。

それぞれの章の内容を簡単にご紹介します。

まず、第1章は、「肌老化の基本や化粧品について」と題し、くすみしわたるみ目の下のクマの原因などについて解説しています。

また、紫外線対策の重要性や化粧品の効果の限界、クレンジング洗顔の注意なども解説されています。

妻の化粧品はなぜ効果がないのか2

この章の内容は、エイジングケアアカデミーの記事で紹介している内容と近いものです。

第2章では、食べ物やダイエット、サプリメントやスポーツと老化防止に関して、

学術論文についての注意、糖質制限ダイエットの注意、ビタミンの摂り過ぎの問題、過度なスポーツと老化の関係などが解説されています。

第3章は、「再生医療」を取り上げています。

老化のメカニズムや細胞との関係、iPS細胞と再生医療、肌のハリを取り戻す「肌細胞補充療法」について解説されています。

肌細胞補充療法とは、自分の線維芽細胞を培養して保存しておいて、皮膚に戻すことでほうれい線シワをなくす美容医療で、すでに実用化されている再生医療の1つです。

第4章は、酸化と糖化の原因と対策について解説されており、塩分の問題、血糖値を急激に上げない工夫、ストレスと活性酸素、コエンザイムQ10の効果などが理解できるようになっています。

妻の化粧品はなぜ効果がないのか3

第5章は、細胞の老化の原因と対策です。

神経細胞や免疫細胞、腸内環境を整える方法、アンチエイジングや美肌のための食べ物などが解説されています。

全体的にはエイジングケアやスキンケアよりも、学術寄りで本格的な内容です。しっかりとアンチエイジングを学びたい方には、ピッタリの一冊です。

妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療 (角川SSC新書) [ 北條元治 ]をアマゾンで購入する

妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療(角川SSC新書)[ 北條元治 ]を楽天で購入する


2.「妻の化粧品はなぜ効果がないのか 細胞アンチエイジングと再生医療」の基本情報と目次

妻の化粧品はなぜ効果がないのか3

1)基本情報

単行本:180ページ

著者:北條元治

出版社:株式会社KADOKAWA

出版年月日:2013年11月09日

定価:760円+税

2)目次

はじめに

第1章 見た目の老化を止める

第2章 間違いだらけ!世の中の老化防止法

第3章 iPS細胞と再生医療で、老化をどこまで防げるか

第4章 細胞の「酸化」「糖化」を抑えれば老化は止められる

第5章 細胞はなぜ老化するのか?

あとがき

ナールスチャンネルをみて動画でエイジングケアを学ぼう!

関連記事

「ほうれい線は消せる!」を活用してアンチエイジングとエイジングケア

続きを読む

「化粧品成分ガイド 第6版 」は肌に合うコスメ選びでとても便利

続きを読む

「他人目線でたるみケア」に学ぶアンチエイジングと特徴・内容

続きを読む

「医者が教える最高の美肌術」でキレイになれる?活用法と内容・特徴

続きを読む

「できるオンナは「手」を捨てない 」の特徴・内容とハンドケア

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」