自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び かずのすけ

自分史上最高の美肌づくりを書籍レビュー
自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び(株式会社泰文堂、2015年5月)をご紹介します。本書は、今や何冊もの美容・化粧品関連の書籍を上梓している化粧品評論ブロガーかずのすけさんの処女作。この一冊で化粧品や美容の基本がほぼわかります。

目次ちゃん

1.「自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び」とは?

自分史上最高の美肌づくり1

かずのすけさんの本を紹介するのは、「オトナ女子のための美容化学 しない美容(美人開花シリーズ)」、「できるオンナは「手」を捨てない 仕事にも家事にも育児にも負けない、手と爪の守り方」に続き3冊目。

実は、本書「自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び」が処女作です。

本書は、なかなか理解が難しい化粧品の成分や界面活性剤のこと、美白のリスクなどを化学の視点で的確に解説された一冊です。

化粧品や美容のネットで飛び交う情報は玉石混交です。

しかし、一般の方にとって、どの情報が正しいのかを見分けるのはなかなか難しいのが現状です。

そんなときは、この一冊がとても役立ちます。

第1章は、化粧品業界のお話。まじめにエイジングケア化粧品を提供する立場として、またまじめに仕事する方などからは反論したい内容もありますが、化粧品業界の問題点が指摘されています。少し、闇の部分にフォーカスされ過ぎている気がしますが、納得できる点もあります。

第2章は、石けんやシリコーンのことをはじめ、化粧品成分について理解を深めることができます。

また、化粧品に期待できることの限界などについてもわかりやすく解説されています。敏感肌の方には、ぜひ、チェックして欲しい内容です。

自分史上最高の美肌づくり1

第3章ではなかなか理解されない界面活性剤についての詳しい解説。界面活性剤のメリットやデメリット、種類によってリスクが違うことがよくわかります。

第4章では、実際に起こった小麦アレルギーやカネボウ白斑事件を取り上げ、化粧品のリスクにフォーカスしています。また、エイジングケアで注目されているレチノールのリスクやピーリングのリスクについてもわかりやすく解説されています。

第5章では、過度に化粧品を使うことの危険性や洗顔クレンジングのやりすぎの危険性について持論が展開されています。

健やかな美肌には、正常なバリア機能ターンオーバーが大切ですが、そのための手段も解説されています。

乾燥肌角栓いちご鼻などで悩んでいてなかなか改善しない方は、本書で紹介されている「オフスキンケア」を試してみてはいかがでしょうか?

本書は正しいスキンケアやエイジングケアを学びたい方にとってピッタリの一冊です。

自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び リンダパブリッシャーズの本/かずのすけ(著者)をアマゾンで購入する

【中古】 自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び リンダパブリッシャーズの本/かずのすけ(著者) 【中古】を楽天で購入する

 

 

2.「自分史上最高の美肌づくり 間違いだらけの化粧品選び」の基本情報と目次

自分史上最高の美肌づくり3

1)基本情報

単行本:255ページ

著者:かずのすけ

出版社:株式会社泰文堂

出版年月日:2015年5月1日

定価:1,200円+税

2)目次

はじめに

第1章 化粧品業界の裏話

化粧品は儲かる?

化粧品ブランドは誰でも作れる!

美容師は「美容」のプロじゃない

「医者」や「博士」を盲信してはいけない

「美容部員」は実は素人!

「高級化粧品=よい化粧品」はウソ!

第2章 ウソ?ホント?美容にまつわるあの噂

「合成界面活性剤」は危険なの?

「石けん」は安全安心の万能洗剤?

「シリコン」は頭皮に詰まる?肌に毒?

「ノンシリコンシャンプー」って髪や地肌にいいの?

「経皮毒」ってホントにあるの?

化粧品で「アンチエイジング」はできるの?

「EGF」はノーベル賞受賞成分だからすごい?

髪は石けんで洗ったほうがいいの?

敏感肌は「オーガニックコスメ」を使うべき?

第3章 化粧品と界面活性剤

主な化粧品の成り立ち

「界面活性剤」ってなに?

界面活性剤の主な働き

界面活性剤の利用

界面活性剤の分類

界面活性剤の毒性とリスク

第4章 化粧品の問題点とリスク

最近の化粧品薬害について

化粧品は必ずしも安全とは限らない

化粧品のリスクは隠蔽されている

茶のしずく「小麦アレルギー」の本当の原因とは

第二の茶のしずく事件を回避するためには

「美白」のメカニズム

美白化粧品の弱点

カネボウ白斑事件の真相と考察

カネボウ以外の美白化粧品は安全か?

美白化粧品は本当に「アンチエイジングコスメ」なのか

今、「医薬部外品」が危ない

「レチノール化粧品」の誤解と問題点

危険な化粧品はまだまだある

第5章 かずのすけの美容論

「過衛生」が肌バリアを破壊する

にきびや角栓も洗い過ぎが原因

スキンケアの負のスパイラル

究極のスキンケア法「オフスキンケア」の紹介

「洗浄格差」と皮膚環境の悪化について

巻末付録 かずのすけのおすすめ化粧品

おわりに

参考

関連記事

たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法 早坂信哉

続きを読む

美肌の教科書 「最新皮膚科学」でわかったスキンケア84の正解 川島眞

続きを読む

コラーゲン完全バイブル 真野博

続きを読む

吉木伸子が教える 本当に正しいアンチエイジング大辞典 吉木伸子

続きを読む

医者が教える食事術 最強の教科書-20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 牧田善二

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」