プロテオグリカンの効果は保湿とエイジングケア化粧品の要!

プロテオグリカンの効果で保湿された女性

鮭の鼻軟骨から生まれたエイジングケア化粧品で人気のプロテオグリカン。

ヒアルロン酸を凌ぐと言われるほどの保水力で知られ、ここ数年プロテオグリカン配合の美容液や化粧水が多数登場しています。

 

実は、プロテオグリカンには、優れた保湿効果以外にも、エイジングケア化粧品成分としての画期的なはたらきや効果があるのです。

 

この記事では、そんなプロテオグリカンのエイジングケア化粧品成分としての魅力を解き開かすとともに、プロテオグリカン配合化粧品を選ぶ際のポイント、またサプリメントなどによる経口摂取の効果についても紹介します。

 

  • プロテオグリカンって、お肌にどんな効果があるの?
  • プロテオグリカン配合の化粧品を使ってみたいけど、選び方がわからない。
  • プロテオグリカンの効果を知って、エイジングケアに生かしたい。

 

など、プロテオグリカンに興味がある方は、ぜひ続きをお読みください。

実は、プロテオグリカンは、お肌の中にもあります。そんな、お肌のプロテオグリカンについては、「エイジングケアの救世主?プロテオグリカンって本当は?」をご覧ください。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>

  • プロテオグリカンは、皮膚や軟骨など、もともと体内に存在する成分です。
  • プリテオグリカンは、高い保湿効果が特徴です。
  • プロテオグリカンには、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す効果もあります。
  • お肌のプロテオグリカンは、加齢によって減少してしまいます。
  • そのため、プロテオグリカン配合のエイジングケア化粧品やサプリメントで補うことも大切です。

 

 

1.プロテオグリカンってどんな成分?

 

1)そもそも、プロテオグリカンとは?

プロテオグリカンは、「たんぱく質」と「糖」が結合してできた成分です。

ある特定のたんぱく質に何本かの糖鎖(糖が結合してできた化合物)である「グリコサミノグリカン」が結合しているものの総称を「プロテオグリカン」と呼んでいます。

つまり、プロテオグリカンは唯一無二ではなく、いま説明した成分の「総称」なのです。

 

これは、セラミドも同じです。

そのため、グリコサミノグリカンを構成している糖鎖の種類によって、プロテオグリカンもいくつかのタイプに分類されます。

 

この2つだけでなく、多くの成分は「総称」で呼ばれることがあるので、一般に使われる「名前」が何を指しているのかを理解することが、エイジングケア化粧品の成分などを理解するための第一歩となります。

 

2)お肌にあるプロテオグリカン

エイジングケア化粧品成分を理解する際、よく問題になるは、自分自身のお肌にある成分と化粧品として外から補うものが、同じ名前であることです。

プロテオグリカンもその1つで、ヒトや動物の皮膚・軟骨などにもともと存在するものです。

 

そして、いま説明したように、いくつかの種類があります。

 

プロテオグリカンの中でも代表的なものは、軟骨組織に存在する「アグリカン」です。大量のコンドロイチン硫酸を含有し、強力な保水作用と弾力性があるのが特徴です。

 

また、お肌の真皮層皮膚線維芽細胞などにある「ヴァーシカン」、表皮のもっとも下層部にあり、表皮と神秘をつないでいる基底膜に含まれるプロテオグリカンとしては、「パールカン」などがあります。

真皮では、プロテオグリカンは、コラーゲンヒアルロン酸エラスチンなどと一緒に、細胞外マトリクスを形成しています。

細胞外マトリクスとは、細胞と細胞の間を埋めるものです。

 

真皮の細胞外マトリクス

 

真皮は、細胞だけでは安定しないので、プロテオグリカンをはじめとする成分が組み合わさって、細胞が安定できる足場のような場所を作っています。

また、毛細血管から出た酸素や栄養素、ホルモンなどを、一旦保持して、必要なものが必要な場所に移動できるようにはたらいています。

 

このはたらきは、からだにとって、とても大切ですが、老化とともに細胞外マトリックスが衰えれば、その機能も低下します。

 

細胞外マトリクスであるコラーゲン、エラスチン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸は、エイジングケアにとって大切です。「物質」としてハリやツヤ、弾力のもとしてだけではなく、はたらき自体が重要だからです。

 

3)プロテオグリカンの原材料は?

からだやお肌にとって、重要な機能を持つプロテオグリカンですが、かつては牛の気管軟骨から抽出されていました。

しかし、当時は技術的な問題などもあって、価格はなんと1グラム3000万円!幻の美容成分といわれるほど、高価なものだったのです。

 

その効果への期待から、医薬品や化粧品の成分としての応用が求められていましたが、この価格が、プロテオグリカンの実用化や普及の壁となっていたのです。

 

また、「牛」は、狂牛病の問題もあることから、一層、普及にブレーキがかかる要因にもなっていたのです。

 

しかし、プロテオグリカンの効果への期待が高まる中、平成16年から、国内有数の糖鎖工学研究実績を有する弘前大学と産業界による共同研究が、文部科学省「都市エリア産学官連携促進事業」を活用して行われました。

 

現在、プロテオグリカンが抽出されているのは、サケの鼻軟骨

 

2鮭

 

 

サケの鼻軟骨は、氷頭(ひず)と呼ばれ、北海道や東北地方では、「氷頭なます」という郷土料理として、食卓にあがります。

 

しかし、この料理は、日本全体に広まっているわけではないので、この部位は多くが廃棄されていました。

 

それを資源の有効利用という観点から、研究に取り組み、エイジングケア化粧品やサプリメントに、使われるようになったのです。

 

こうして、高純度かつ安全、そして低コストでの抽出が可能になったプロテオグリカン。

 

価格は、以前の1/100程度に。それでも高価なエイジングケア化粧品の成分ですが、この技術開発によって、広く化粧品をはじめ医療分野、健康分野で普及すると突破口となったのです。

 

 


2.プロテオグリカンのはたらきは?

 

エイジングケア化粧品成分としてのプロテオグリカンは、お肌の中にもともとある成分の効果と同様の効果が期待されています。

 

1)優れた保湿効果

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸に劣らない高い保湿効果があります。

また、ヒアルロン酸よりベタつきが少なく、サラッとしているので、サッパリタイプがお好みの方には、ヒアルロン酸より使いやすいエイジングケア化粧品成分です。

 

高い保湿の効果を期待しつつ、サッパリタイプのエイジングケア美容液を選ぶ場合なら、プロテオグリカン配合の美容液がオススメです。

 

Fotolia_88305019_XS 女性

 

保湿については、「お肌の保湿とは?本当にわかるスキンケアの基本と保湿成分」で詳しく説明していますので、あわせてご覧ください。

 

2)コラーゲンを増やすはたらき

プロテオグリカンは、線維芽細胞を用いた実験で、コラーゲンを増やす効果が認められています。

 

コラーゲンは紫外線のダメージや年齢を重ねることで減少していきますが、プロテオグリカンにより、コラーゲンの産生を促すことが確認されています。

 

3)ヒアルロン酸を増やすはたらき

プロテオグリカンは、線維芽細胞を用いた実験で、ヒアルロン酸を増やす効果が認められています。

 

ヒアルロン酸は年齢を重ねることで減少していきますが、プロテオグリカンにより、ヒアルロン酸の産生を促すことが確認されています。

 

これらの効果は、試験管の中の実験なので、そのままお肌の中で発揮されるわけではありませんが、プロテオグリカンのエイジングケア化粧品成分としての優れた特性と言えます。

 

4)EGF様作用

プロテオグリカンのコラーゲンとヒアルロン酸を増やす効果は、EGF(上皮成長因子、Epidermal Growth Factor)様の作用によるものです。

 

EGF(上皮成長因子、Epidermal Growth Factor)とは、人が持っている53個のアミノ酸から成るたんぱく質で、細胞の成長促進をつかさどる因子です。

EGFは、20代後半から急激に減少すると言われていますが、その結果、ターンオーバーが遅くなって、お肌の老化をもたらす一因になっています。

 

プロテオグリカンには、EGF様作用という機能があります。

 

EGF様作用というのは、あたかもEGFの様にはたらく作用ということ。

 

つまり、プロテオグリカンが年齢とともに減ったEGFの肩代わりをすることで、お肌のターンオーバーを促すなど、エイジングケア効果が期待できるというわけです。

 

5)クッションのはたらき

プロテオグリカンは、ひざなどの関節では、軟骨にあります。

 

クッションとしてはたらくことで、外からかかる力を緩衝します。また、骨と骨の間の潤滑油的なはたらきや軟骨を形成する細胞を増殖させたり、軟骨を生成するように促す作用もあり、変形性関節症の症状を緩和する効果が期待できます。

 

膝のクッションとして働くプロテオグリカン

 

一方で、プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す力も兼ね備えているため、お肌においてもクッションの役割を果たし、お肌のハリや弾力を支えているのです。

 

6)抗炎症作用と抗酸化作用

プロテオグリカンには、体内で炎症を起こす細胞の生成を抑える炎症抑制作用があることもわかっています。

 

そのため、プロテオグリカンが減ると、関節が痛くなったり、さまざまな炎症を起こすことがあります。

 

プロテオグリカンは、炎症をコントロールするサイトカイン(免疫細胞から分泌されるたんぱく質)のはたらきを促進。このはたらきによって、炎症を抑制し、肥満や糖尿病に代表される生活習慣病の予防や改善に効果があると考えられています。

 

また、加齢とともに目立ってくるしわ、しみ、たるみなどのエイジングサインは、炎症を引き起こす免疫細胞のはたらきによって加速してしまいます。

 

プロテオグリカンには、免疫細胞の炎症反応抑制のはたらきがあることから、老化を促進する活性酸素の発生を抑えることができます。

 

この抗酸化作用と抗炎症作用の相乗効果によって、紫外線による肌ダメージを修復する効果も期待できるエイジングケア成分です。

 

 


3.プロテオグリカンの保湿力

 

これまでの説明でおわかりのように、プロテオグリカンは美肌づくりはもちろん、健康なからだにとって大切なはたらきをしてくれます。

 

中でも、プロテオグリカンがもつ最大の特徴は、なんといってもその高い保湿力にあります。

 

プロテオグリカンには、「グリコサミノグリカン」と呼ばれる糖が多数含まれ、この糖は水となじみやすいため、スポンジのように多量の水を保持することができるのです。

 

その保水力は、保湿成分としてよく知られるヒアルロン酸の1.3倍のパワーがあるといわれるほど。弾力性にも優れており、お肌のハリを保つうえで大切な存在であることもわかっています。

 

プロテオグリカンの保水力

 

このように、プロテオグリカンそのものに保湿力があることに加え、前述のようにプロテオグリカンにはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果もあることから、お肌の水分保持にWの効果が期待できるのです。

 

保湿は、健やかな素肌を保つためのエイジングケアの基本

 

プロテオグリカンの持つ保湿力によって、乾燥肌の対策乾燥による小じわ目の下のくま目の下のたるみほうれい線たるみ毛穴くすみといった肌悩み、エイジングサインの予防効果が期待できます。

 

 


4.加齢とともに減少するプロテオグリカン

 

さて、このようにもともと体内にあって、健やかなからだやお肌のために重要な役割を担っているプロテオグリカンですが、他の成分と同様、加齢によって生産量が減ってしまうことがわかっています。

 

プロテオグリカンが減ってしまうことで、どのような影響があるかというと、

 

1)軟骨のクッション機能が弱まる

プロテオグリカンは、軟骨の材料であるコンドロイチンやヒアルロン酸と結合して軟骨を形成し、膝の曲げ伸ばしをする時などの衝撃を吸収するクッションとしてはたらきます。

 

加齢に伴い軟骨細胞が減少すると、プロテオグリカンを含む軟骨基質がつくられなくなることにより、他の成分とともにプロテオグリカンも減少。クッションとしての機能が弱まってしまいます。

 

クッションの役割を果たせなくなると、関節の軟骨がすり減るなど、滑らかな動きができなくなり、さらに痛みや腫れなどの症状を引き起こす関節症などのリスクが高まります。

 

2)水分保持のはたらきが弱まる

プロテオグリカンは、お肌においては真皮を構成する細胞マトリクスの1つとして、スポンジのように水分を保持しながら弾力を維持する重要なはたらきをしています。

 

年齢を重ねるにつれ、プロテオグリカンが減少すると、この水分保持力が低下。

お肌のハリが失われたり、お肌の潤い不足、またターンオーバーの乱れなどを招いてしまいます。

 

もちろん、乾燥肌の原因の1つとなるリスクになってしまいます。

 

 


5.プロテオグリカン配合化粧品を選ぶポイント

 

加齢とともに減っていくプロテオグリカンを補うには、プロテオグリカン配合のエイジングケア化粧品やサプリメントを効果的に取り入れることも良い選択肢です。

 

ここでは、まず、プロテオグリカン配合化粧品の選び方について説明します。

 

現在、プロテオグリカン配合の化粧品は数多く登場し、化粧水、美容液、原液など、様々なタイプがあります。

 

特に最近では、エイジングケア化粧水、エイジングケア美容液などによく配合されます。

 

また、プロテオグリカンは水溶性のヒューメクタントで刺激も少ないので、敏感肌化粧水ほか敏感肌対策の化粧品にも配合されます。

 

プロテオグリカンプロテオグリカン配合化粧品

 

さらに、プロテオグリカンはインナードライ肌の改善対策の化粧品でも使えます。

このようにプロテオグリカンは、エイジングケアやスキンケアでとても幅広く使える化粧品成分です。

 

そんなプロテオグリカン化粧品を選ぶ際には、プロテオグリカンがただ配合されていればいいというのではなく、次のポイントをチェックするようにしましょう。

 

1)プロテオグリカンの配合量で選ぶ

化粧品の中に極わずかな量でも含まれていれば『プロテオグリカン配合』とうたうことができますが、プロテオグリカンの美容効果を最大限に実感するには、配合量にこだわることが大切です。

 

化粧品中、プロテオグリカンが含まれる量が多いほど、ヒアルロン酸の産生量が増えることなどが研究結果からもわかっているため、全体量に対してプロテオグリカンの配合量が多いものを選ぶようにしましょう。

 

また、お肌にとっての刺激、負担を避けるためには、防腐剤や界面活性剤、着色料、香料、アルコールなどが含まれていないものが良いでしょう。

 

2)プロテオグリカン以外の配合成分で選ぶ

美容液などの場合、プロテオグリカンだけではなく、いろんな効果を持った成分が配合されています。

 

セラミドなどの保湿成分が配合されている化粧品は、プロテオグリカンの保水効果をより高めてくれるのでおすすめです。

また、コラーゲンやヒアルロン酸などもプロテオグリカンとの相性がよく、ビタミンC誘導体もいっしょにお肌に与えることで、細胞を活性化する効果が期待できます。

このように、その他の配合成分にも注目してみることも大切です。

 

とくに、エイジングケアへの高い効果を期待するならコラーゲンやエラスチンの産生をサポートするエイジングケア化粧品成分であるナールスゲンネオダーミルレチノールレチノイン酸トコフェリルや抗酸化作用のあるフラーレン、ビタミンE誘導体、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、プラセンタなどが一緒に配合している美容液などもおすすめです。

 

美容液の選び方については、

*美容液ランキングではわからない「エイジングケア美容液」の選び方 7つの秘密

*美容液をおすすめ!その7つの視点とは?

などの記事も参考にしてください。

 

3)プロテオグリカン化粧品の価格で選ぶ

原料価格が安くなったとはいえ、プロテオグリカンはまだまだ高価なエイジングケア化粧品成分です。

この点からすれば、一般的に安すぎる化粧品の場合、抽出したプロテオグリカンを他の成分で薄めるなどして、カサ増ししていることも考えられるので、注意が必要です。

 

全体としてどんな成分構成かにも影響を受けますが、エイジングケア美容液であれば、5,000円程度から10,000円程度のものから選びましょう。

 

4)抽出方法・製造工程で選ぶ

最近では、プロテオグリカンを販売する化粧品原料会社も増えてきました。

 

通常、プロテオグリカンの抽出方法としては、酢酸溶液やクエン酸、アルカリ溶液など、人体に害のない物質で安全に抽出されているはずです。

 

また、プロテオグリカンは熱を加えると性質が変わり、本来の効果が得られなくなってしまうので、プロテオグリカンの力が発揮される0〜60℃で製造されているはずです。

 

しかし、化粧品原料の種類が増えると差がでてしまうこともあります。

 

この点については、一般の方にはわからないことなので、気になる方は販売会社やメーカーに確認しましょう。

 

5)信頼できる化粧品メーカーで選ぶ

配合量や製造工程などは、消費者からは見えにくい場合もあります。

 

不明点などは、メーカーのウェブサイト(ホームページ)で確認したり、直接メーカーに問い合わせてみると良いでしょう。

 

その場合、ていねいに応対し、しっかり情報公開してくれるメーカーは信頼できます。商品選びの際には、そうしたメーカーの姿勢も判断材料になりますね。

 

 


6.プロテオグリカンサプリメントを選ぶポイント

 

プロテオグリカンは、魚や鶏、牛の軟骨部分などの食材に多く含まれています。

 

ただし、加熱によって変性してしまうという欠点もあり、ふだんの食生活でプロテオグリカンを十分に摂取するのは難しいとされています。

 

そのため、プロテオグリカンを効果的に摂取する方法としては、サプリメントがおすすめです。プロテオグリカンは胃酸に強く、消化されずに小腸まで届いて吸収されます。

 

プロテオグリカン配合サプリメント

 

プロテオグリカンの経口摂取の効果としては

  • 保水量のバランスを整える
  • ヒアルロン酸やコラーゲンの生成をサポートする

などの美容面での効果の他、

  • 体内での炎症作用を抑える
  • 腸内の免疫細胞のはたらきを正常化する
  • 軟骨成分の産生を促し、関節痛を緩和する

といった効果にも期待できます。

 

サプリメントを選ぶ際のポイントとしては

 

1)天然由来原料を選ぶ

天然素材のものは鮭の鼻軟骨から抽出されていて、吸収率も高く軟骨細胞まで届きます。

 

価格を下げるために化学合成原料を用いているものもあるため、きちんとチェックするようにしましょう。

 

2)熱処理されていないものを選ぶ

食品と同様、サプリメントも高温で加熱されているプロテオグリカンでは、性質が変わってしまい、効果がないともいわれています。生のまま、あるいは低温で処理されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

この他、エイジングケア化粧品と同じように、製造工程が信頼できるメーカーのものを選ぶことも大切ですね。

 

なお、プロテオグリカンは、糖とたんぱく質からできているので、食べ物から栄養素を摂ることも、サプリメント同様に大切です。

 

美肌と食べ物の関係については、「美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで」をご覧ください。

 

 


7.まとめ

 

エイジングケア化粧品の成分として注目のプロテオグリカン。

その背景や特徴がご理解いただけたのではないでしょうか?

 

プロテオグリカンは、期待できそうな効果のデータがたくさんあるエイジングケア化粧品成分であることが人気の秘密です。

 

だから、乾燥肌をはじめとしてしわやほうれい線、たるみ毛穴などのケアにも期待されています。

 

しかし、あくまで化粧品成分なので過度な期待をせず、また食事面を補うサプリメントとしてなど、エイジングケアの一手段として考えましょう。

 

プロテオグリカン配合のナールスゲンブランドは、こちらをご覧ください。

*プロテオグリカン配合のエイジングケア美容液ナールス ネオ

 

 

関連記事

エイジングケアの救世主?プロテオグリカンって本当は?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」