エイジングケアにとって大切な「美白」を正しく理解する!

プラセボ効果で美肌になった女性

「美白=エイジングケア」ではありませんが、美白も大切なエイジングケアの一部です。

しかし、美白というと「肌を白くする」、「シミを取って改善する」などと誤解されがちな面も。

美白の意味や美白化粧品に使われている化粧品成分についての理解を深め、正しいエイジングケアにつなげましょう。

 

 

1.そもそも美白とは

 

美白とは、「肌に余分なメラニンがない、その人の本来持っている肌にする」こと。

また、「紫外線によるメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」ことをいいます。

ですので、美白化粧品と呼ばれるものには、メラニンの過剰生成を防ぎ、できてしまったメラニンをできるだけ早くお肌の外に排出するための、有効成分が多く配合されています。

メイク落としから保湿クリームまで、美白成分を配合したスキンケア化粧品、エイジングケア化粧品は数多くありますよね。

 

Fotolia_15893252_XS

 

 

なかでも、最も有効成分が凝縮されているものといえば、美容液
美白アイテムをひとつだけ購入するなら、美容液を取り入れてみてはいかがでしょう。

また、高価だからといってケチケチ使わず、規定の量を守ることも、美白やエイジングケアの
ポイントです。

 

また、美白化粧品は、医薬品と化粧品の間に位置づけられる「医薬部外品」です。

「美白化粧品」として「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」と記載して販売するには、医薬部外品であることが薬機法で義務付けられています。

ただ、「美白化粧品」を記載しないエイジングケア化粧品に、全く美白の作用がないかといえば、そうではありません。ビタミンC誘導体などが配合されていれば、美白化粧品でなくてもある程度の効果が期待できる場合もあります。

 

 


2.美白化粧品を使う前に

 

「シミやそばかすのない、お肌を手に入れたい」と思うのは、すべての女性に共通する気持ちだと思います。

その手段としてはたらく美白化粧品ですが、その前に考えたいのは、「根本的な美白」です。

ここで言う「根本的な美白」とは、過剰なメラニンが発生しないようなケアを考えること。
その第一は、紫外線対策です。紫外線対策は、エイジングケアの基本でお肌の酸化防止にも有効です。

まずは、日焼け止めや衣服や帽子、サングラスなどで紫外線対策をしっかりしましょう。

 

pixta_11036141_S

 

 

もう1つは、お肌の自己回復力です。

メラニンができても、ターンオーバーが正常なら、メラニンは角層まで上がった際に、不要な角質と一緒にお肌の外部に出ていきます。

しかし、ターンオーバーがしっかりはたらかなければ、メラニンが溜まってシミやそばかすの原因となるのです。

エイジングケアの基本である洗顔保湿正しく行い、シミやそばかすができにくい健やかなお肌に保つことが、美白化粧品を使う以前に大切なことです。

このように、「根本的な美白」は、日々のエイジングケアでもできるのです。

 

 


3.美白成分のはたらきと分類

 

メラニン色素がつくられるプロセスを、どこかの段階で抑えるのが美白成分のはたらき。
どのタイミングで作用するかによって、次のように分けられます。

 

1)信号ブロック型の美白成分

紫外線が表皮細胞にあたると、お肌の内部を守ろうとして表皮細胞から「エンドセリン」などの情報伝達物質が分泌されます。このエンドセリンが、エイジングケアの大敵シミのもとになるメラノサイトに「メラニンをつくれ!」と信号を出すのです。

信号ブロック型の美白成分は、この情報物質を抑制し、指令が届かないようにブロックします。

 

*成分名:カモミラET、トラネキサム酸、 t-AMCHA

 

2)活性阻害型の美白成分

「メラニンをつくれ!」という指令がメラノサイトに届くと、「チロシン」というアミノ酸がつくられ、それを「チロシナーゼ」という酸化酵素が取り込み、メラニン色素が生成されます。

活性阻害型の美白成分は、このチロシナーゼの活性を阻害することで、メラニン色素がつくられないようにします。

美白化粧品のほとんどがこれにあたり、美白効果が認められるとともに、エイジングケア対策としてはたらく成分もあります。

 

*成分名:ビタミンC誘導体、ダエダリンA、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、トラネキサム酸、油溶性甘草エキス(グラブリジン)

 

3)成熟阻害型の美白成分

チロシナーゼの成熟化を阻害し、分解促進することで、メラニン色素に転化するチロシナーゼ自体を減らすようにはたらきます。最も新しく発見された美白成分のひとつです。

 

*成分名:マグノリグナン、リノール酸

 

4)受け渡しブロック型の美白成分

メラノサイトでつくられたメラニン色素は、表皮細胞へと順番に受け渡され、ターンオーバーとともに角質へと上がっていきます。本来、メラニン色素は皮膚に入ってきた紫外線を吸収し、紫外線による炎症(サンバーン)を防止して細胞が傷つくのを防いでくれるものです。

メラニン色素がつくられるのが悪いのではなく、過剰につくられ、皮膚に残ってしまうことが問題。

受け渡しブロック型の美白成分は、メラニン色素が表皮細胞に蓄積されることを阻止するはたらきをします。

 

*成分名:D-メラノTM

 

 


4.美白化粧品、どう選ぶ?

 

このように、ひとことで美白といっても、さまざまな成分があり、それを配合した美白化粧品、エイジングケア化粧品も数多くあります。

その中から、自分の肌に合う、また効果を実感できるものを選ぶのはむずかしいですね。

 

基本は、

●医薬部外品指定の成分が含まれているもの
(必ずしも医薬部外品の方が効くわけではありませんが、一定の基準をクリアしていると考えられます)

●1年中使うものなので、使用感のよいもの
(エイジングケアの大敵 紫外線は常に降り注ぎ、肌内部のメラニンは季節を問わず活動しています!)

 

などをめやすに、自分のお肌で試しながら選んでみてはいかがでしょうか。

 

Skin care

 

 

ちなみに、美容皮膚科では、ビタミンC誘導体やカモミラETなどの抗炎症効果のある成分がよく使われるようです。

 

その理由としては、かぶれにくく、エイジングケア効果も同時に期待できるから。

ビタミンC誘導体は、強い抗酸化作用を持ち、お肌にハリを与えたり、透明感を引き出すはたらきもあるので、美白もエイジングケアもという人は、ビタミンC誘導体が配合されているエイジングケア化粧品を選ぶのもよい選択肢ですね。

 

また、紫外線による細胞の損傷を軽減するナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分とともに、ビタミンC誘導体が配合されたエイジングケア化粧品も、美白ケアやUVケアのベースとして
おすすめです。

 

 


5.まとめ

 

メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐための美白。お肌をもとのお肌以上に白くするのではなく、シミをつくらないための予防レベルであることをおわかりいただけましたか?

日焼けをしたから美白ケアを始めるのではなく、メラニン色素は常につくられていることを意識し、エイジングケア同様、毎日の習慣にすることが大切です。
美白だけでなく、様々な観点からエイジングケア化粧品をランキングや人気などに頼らず選びたい方は、こちらもご参考にしてください。

 

@コスメ化粧水ランキング1位!ナールスピュアで学ぶ化粧水選び

美容液ランキングではわからない「エイジングケア美容液」の選び方 7つの秘密

ランキングだけでは見えない!保湿クリームの正しい選び方

エイジングケア化粧品を正しく選んで使う7つのステップ

 

 

*ビタミンC誘導体を配合したナールスブランドのエイジングケア化粧品

(*下記は、「美白化粧品」ではありません。)

 

ナールスピュア(ローション)

ナールスゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体配合

 

ナールス  ユニバ(保湿クリーム)

ナールスゲン、ヒト型セラミド、ビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体(レチノイン酸トコフェリル)配合

 

 

関連記事

シアノコバラミン(ビタミンB12)は赤いエイジングケア化粧品

続きを読む

HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす5つの方法

続きを読む

ヒアルロン酸の効果を考える!正しいエイジングケアのために

続きを読む

レチノールの効果と副作用を知って、正しいエイジングケア!

続きを読む

シアバターのエイジングケアでの効果と上手な使い方の秘訣!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」