エイジングケアハンドクリームで手のしわ対策を!

エイジングクリームで肌ケア

顔のしわは気にしても、手肌のしわはそれほどでもない、という女性も多いようです。

あなたは、手肌のしわが気になりませんか?

また、今、気にならなくても、できればしわのない手肌でありたいと思いますよね。

この記事では、そんな手肌のしわの予防やエイジングケアの対策をご紹介します。

また、春や夏も使いやすい手のしわ対策にオススメのハンドクリームもご紹介します。

ぜひ、続きを読んでいつまでも美しい手肌をキープしてくださいね。

手肌のエイジングケアに、

ダマスクローズが50%配合のハンド美容ジェル「ナールスロゼ」

1.手のしわが気になるあなたへ

しわが目立つ手肌

電車に乗ったとき、つり革につかまった自分の手と隣の人の手を見比べてしまったことってありませんか?

隣の若い女性は、手のしわがなく、ピーンと張った皮膚をしているのに、自分の手はおばあちゃんみたいにしわしわの手だったら落ち込みますよね。

今回は、いつまでも美しく、年齢を感じさせない、しわのない手肌をキープするためには、どのようにすればいいのか?

日常生活で実践したいエイジングケアを意識したハンドケアのポイントをご紹介します。

また、しわ対策など、手のエイジングケアを意識したハンドクリームやエイジングケア化粧品の使い方なども紹介します。

「手のしわの予防をハンドクリームで行いたい!」

「少し手のしわが目立ってきたので改善したい!」

「手のしわって消すことはできないの?」

などが気になる方は、ぜひ、続きをお読みくださいね。

手のしわよりも前に、しわのエイジングケアの基本を知りたい方は、

しわの原因を考える!正しいエイジングケアのために」と「しわの種類(小じわ・真皮じわ・表情じわ)とエイジングケア」をご覧ください。

さらに全体的なしわ対策については、

しわ対策 | エイジングケアの10の対策と7つの美容医療」をご覧ください。

また、手のしわ対策のハンドクリームの選び方は、

ハンドクリームランキングでは明かされないハンドクリームの選び方」をご覧ください。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 手のしわの予防のためには、保湿と紫外線対策が大切です。
  • 手のエイジングケアは、しわ対策だけではなく手荒れ予防のためにも大切です。
  • 手のエイジングケアは、冬だけではなく年中通して必要です。
  • 手のエイジングケアには、セラミドなどの保湿成分、ナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分の入ったハンドクリームがおすすめです。
  • 深く刻まれた手のしわは、エイジングケア化粧品で消すことはできません。ハンドメイクで隠したり、美容医療で改善することが手のしわ対策になります。

2.手肌は、気付いた時にはすでにしわしわ?!

しわがきになる手肌

1)手肌のエイジングケアは不十分?

手は、身体の中で最もよく使うパーツなので、外部刺激を受けやすく、顔やその他の部位に比べ、角質層が厚く、比較的防御力が高いのが特徴です。

しかし、その特徴ゆえに、スキンケアやエイジングケアを怠りがちなパーツでもあります。

また、紫外線ケアも顔に比べると、ついついおろそかになっている方も多いのではないでしょうか?

そのため、気付かないまま手のエイジングが進み、手のしわが増えていた、ということがよくあります。

あなたの手のしわも、もしかしたら同じ状況ではないでしょうか?

2)手のしわの原因は?

しわの原因について考える女性

手のしわの原因も、顔のしわの原因と基本は同じです。

顔とは少し構造的な違いはあるものの、手の皮膚も、表皮真皮があります。

表皮では、ターンオーバーが行われ、また、バリア機能がはたらいています。

表皮は、汗と皮脂が混じってできる皮脂膜で覆われ、角質層には、角質細胞、NMF(天然保湿因子)セラミドなどでできた角質細胞間脂質があります。

真皮には、線維芽細胞があり、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸プロテオグリカンが細胞外マトリクスを構成しています。

手肌も加齢や紫外線ダメージの影響で、コラーゲンやエラスチンが減少すると手肌にしわができるのです。

また、手肌の乾燥もそれを早めています。

つまり、手のしわの原因も主に真皮の衰えが原因で、表皮へのダメージもしわが深くなる要因になっているのです。

では、しわのない美しい手を保つには、どうすればいいのでしょうか?


3.年齢を感じさせない手肌のために実践したい手のエイジングケア

化粧水のおすすめチェックポイントを解説する女性

1)手のしわ対策の基本

今、ご紹介したとおり、顔と同様に手のしわも「乾燥」「紫外線」「加齢(老化)」が大きな原因です。

そのため、手のしわ対策にも、この3つを意識したエイジングケアが必要なのです。

年齢を感じさせず、いつまでも美しく、しわのない手肌をキープするために、日常生活で実践したいエイジングケアを意識したハンドケアをご紹介します。

しわのない美しい手、エイジレスな手肌を目指して、しっかり、手のエイジングケアを実践しましょう。

2)手肌の乾燥対策

手肌の乾燥を防ぐクリーム

手肌のしわ予防の基本は、ハンドクリームなどによるスキンケアです。

一般的には、ハンドクリームといえば、シアバター、ワセリン、スクワランなどの油溶性成分の比率が多く、比較的しっとり、あるいはべたつくタイプが多いのです。

油溶性成分の保湿力は、「水分の蒸発を防ぐ」ことで発揮されます。

一方、ヒアルロン酸やコラーゲンなど水溶性の保湿成分は、水分を抱え込んで保持することで保湿力を発揮します。

また、油溶性成分であるセラミドは、水分を挟み込んで保持することで高い保湿力を発揮します。

手肌の保湿力を高めるには、「水分を保持する」ことと「水分の蒸発を防ぐ」ことの両方が大切です。

だから、手のしわ予防のためには、春や夏もこれらの保湿成分を補うことが大切です。

例えば、春や夏には手肌に保湿化粧水を使ったり、水溶性の保湿成分の多いジェルタイプのハンドクリームを使うなどの方法があります。

手肌の乾燥対策は、ハンドクリームによる保湿だけではなく、日常的な対策もあります。それらも手のしわの予防には大切です。

①手が濡れたらすぐに拭く

手についた水分が蒸発するとき、もともと肌に残っている水分も一緒に蒸発してしまうので、水に濡れたときはしっかり拭き取ることがしわ対策のポイントです。

乾燥や手荒れを防ぐためには、濡れたままにしないことが大切です。

水仕事や手洗い後はすぐに拭くようにしましょう。

その際、タオルやハンカチで、擦るのではなく、軽く押さえながら優しく手の水分を吸収させましょう。

さらに、指先や指の間もしっかり拭き取るように徹底するとよいです。

まずは「濡れたらしっかり拭くこと」を、手のしわ対策では徹底しましょう。

②水仕事をするときはゴム手袋を着用する

ゴム手袋での肌荒れ対策

水仕事や掃除をする時は、ゴム手袋を着用する習慣をつけましょう。

洗剤に含まれている刺激の強い界面活性剤は、手荒れの原因となることがあります。

ゴム手袋を着用して、洗剤による手荒れから手を守り、しわ対策を行いましょう。

ただし、ゴム手袋でかぶれてしまうこともありますので、素材に注意しましょう。

ゴム手袋でかぶれてしまう方は、ゴム手袋の下に木綿の手袋をつけることも1つの方法です。

また、ハンドクリームを塗ってからゴム手袋を着用すると、保湿パックをしているような状態になるので、一石二鳥ですよ。

③水仕事はぬるま湯で

皆さんは水仕事の時、お水を使っていますか?

それともお湯を使っていますか?

高め温度のお湯を使うと、潤いに必要な皮脂まで落としてしまうため、手のしわの原因になる乾燥や手荒れをひどくしてしまう恐れがあります。

かといって、お水だったらダメージがないかというと、そうでもありません。

水でもお湯でも肌には負担をかけています。

だったら、食器の油などを洗い流しやすく、手早く終わらせることができるぬるま湯程度がベストです。

水仕事は、時間がかかればかかるほど、手荒れやしわの原因になると自覚して効率的に行いましょう。

3)手の紫外線対策

手肌の紫外線対策

紫外線の中でも、UVA波は真皮にまで届き、しわやたるみを引き起こすことはご存知ですね?

紫外線を浴びると、手の肌の酸化が進んで、真皮にダメージを与えるのです。

紫外線によるお肌の老化は、光老化と呼ばれますが、なんとこれがお肌の老化原因の80%を占めることが、米国皮膚科学会(AAD)で発表されています。

つまり、手肌のしわに最も悪影響を与えるのは紫外線なのです。

このため、しわ対策のためには、顔やボディと同じように、手の甲にも必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

UVカット効果のあるハンドクリームを使えば、紫外線対策とハンドケアが一度に両方できます。

また、手袋などを使って紫外線カットをすることも、しわ対策には有効です。

もちろん、しわだけでなくシミも嫌ですね。

紫外線はA波、B波ともしっかりと対策を心掛けましょう。

さらに、紫外線のアフターケアも手肌のしわ予防には大切です。

アフターケアの1つとして、ビタミンACEを含む食べ物を積極的に摂ることをオススメします。

また、外出時間が長い日や真夏の紫外線を浴びた日は、ビタミンACEの誘導体を含むエイジングケア化粧水などを手につけることもよい方法です。

紫外線は年中降り注いでいます。

顔同様に、手も紫外線対策がエイジングケアの基本なので、夏だけでなく冬の紫外線対策も怠らないようにしましょう。

4)手肌の老化予防は?

適度な運動をする女性

手肌も身体の一部です。

だから、手肌も内側からのエイジングケアを考えることが大切です。

顔のお肌と同様、バランスのよい生活習慣が手肌の老化やしわの予防につながります。

手の美肌にもバランスのよい食べ物、十分な睡眠、適度な運動などがよい影響を与えます。

手の老化予防やしわ予防に効果的なのは、たんぱく質を十分に摂ること、またビタミンCやケイ素(シリコン)などのミネラル、さらには銅や亜鉛などの摂取も心がけましょう。

なぜなら、ビタミンCやケイ素、銅、亜鉛などのミネラルには、コラーゲンの生成を助けるはたらきがあるからです。

コラーゲンが増えれば手肌のしわの予防につながります。

手のしわ予防のために、たんぱく質に加えて、ビタミンCやケイ素、銅、亜鉛を含む食べ物を積極的に摂りましょう。

■ビタミンCを豊富に含む食べ物は、

野菜類なら⇒ピーマン、パプリカ、トマト、ゴーヤ、ブロッコリー

果物なら⇒アセロラ、キウイ、いちご

などです。

■ケイ素を多く含む食べ物は、

穀類なら⇒キビ、小麦、トウモロコシ、

野菜類なら⇒ジャガイモ、アスパラガス

海藻類なら⇒青海苔、ひじき

などです。

銅は、牛レバー、しゃこ、ほたるいか、桜エビなどに多く、亜鉛は、牡蠣、カニ、ホタテ、しじみなどに多く含まれます。

なお、食べ物や睡眠に関しては、下記の記事も参考にしてください。

美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで

美肌のための食事のとり方とアンチエイジングへの効果は?

夜寝る前のエイジングケアと質の高い睡眠でハリ・ツヤ美肌!


4.エイジングケア化粧品やハンドクリームによるしわのエイジングケア

ハンドクリーム

ここからは、より実践的な手のしわのケアについてご紹介します。

1)お手持ちのハンドクリームで十分な保湿ができていますか?

こまめにハンドクリームを塗っている割には、どんどん手のしわが増えていくと感じたことはありませんか?

先ほども保湿について触れましてが、安価なハンドクリームの場合、ワセリンなど油溶性の「水分の蒸発を防ぐ」成分が中心で、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されない、あるいは配合量が少ない製品が多いです。

この場合、潤いが蓄えられていない手肌に、いきなり油溶性成分だけを塗っていることになります。

つまり、水分のない状態の手肌に油分でフタをしているだけなのです。

これでは、保湿されているとは言えず、お肌の保湿力は高まっていません。

だから、このスキンケアだけでは、そのうち、しわが増えてしまいます。

若いときは、そんな油分の多いハンドクリームだけでもお肌内部が潤っているので問題ありませんが、年齢とともにお肌の水分量は減っていきます。

そのため、しわが気になるエイジングケア世代は、ハンドクリームを使う前に、手肌に水分を与え、与えた水分を保持することが必要になってくるのです。

つまり、大切なのは、手肌の一時的な保湿ではなく、保湿力の高い手肌を育てることなのです。

2)手のしわ対策のエイジングケア化粧水を

20代や30代前半なら、ヒアルロン酸やコラーゲン配合の比較的安い保湿化粧水、プチプラ化粧水でも、手のしわ予防の保湿には十分です。

しかし、30代半ば以降、40代、50代になるとやはり高い保湿力とエイジングケアも必要です。

そこでオススメなのが、ハンドクリームを使う前に、保湿成分やエイジングケア化粧品成分を配合したエイジングケア化粧水を使うことです。

特に、手のしわ対策を考えるなら、ナールスゲンなどのコラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧水もよい選択肢の1つです。

また、プロテオグリカンなど、水溶性でも高い保湿力のエイジングケア化粧品成分を配合したエイジングケア化粧水もおすすめです。

ただ、いくらしわ対策のためとはいえ、手を洗うたびに1回1回化粧水をつけるのは大変なので、朝晩2回程度、ハンドクリームの前に化粧水をつけるようにしてみてはいかがでしょうか?

3)セラミドやエイジングケア化粧品成分が配合されたハンドクリームを使う

ハンドクリームの前に化粧水をつけるのは面倒、という方には、セラミドやエイジングケア成分が配合されたハンドクリームをオススメします。

セラミドの場合は、特にヒトのセラミドと同じ構造のヒト型セラミドがオススメです。

また、最近では、抗酸化作用を持つビタミンA誘導体(レチノールレチノイン酸トコフェリル)やビタミンC誘導体(水溶性ビタミンC誘導体油溶性ビタミンC誘導体APPS)、ビタミンE誘導体、ナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分を配合したハンドクリームも発売されています。

さらに、バラの女王と呼ばれるダマスクローズが配合された高級ハンドクリームもあります。

ダマスクローズ

ダマスクローズについては、

ダマスクローズの魅力は?エイジングケアにも有効なバラの女王」で詳しく取り上げていますが、その芳醇な香り以外にも、抗菌効果、保湿効果、リラックス効果に加えて紫外線を吸収する効果もあります。

これは、エイジングケアにも、とてもよいことです。

今、ご紹介した成分を含むハンドクリームは、比較的価格は高い商品が多いですが、しわのない若々しい手を取り戻したい方は、エイジングケア化粧品成分やセラミドが配合されたハンドクリームを使ってみてはいかがでしょうか?

こうしたエイジングケア向けのハンドクリームは、手のしわを予防する意味でも有効です。

4)化粧水やハンドクリームの力を発揮させるために、おやすみ時に手袋をする

就寝時に化粧水とハンドクリームをしっかり塗ったら、そのまま手袋をはめて寝ます。

たったそれだけですが、手肌の乾燥はかなり改善されます。

お手入れをサボって手荒れが悪化したときなどの応急処置にもぴったりな方法です。

手袋は薬局や100円ショップなどで売っている綿の手袋で十分効果的です。


5.手のしわ対策に!おすすめのエイジングケアハンドジェルと使い方

オススメのハンドゲルに含まれるダマスクローズ

1)手のしわケアにオススメのエイジングケアハンドジェル

手のしわケアに春も夏も使えるエイジングケアハンドジェルをご紹介します。

ダマスクローズ水を50%もの高濃度で配合したハンド美容ジェル「ナールスロゼ」です。

ナールスロゼ

ナールスロゼは、べたつきを抑えるため、水溶性成分を中心に配合した年中使えるハンドジェルです。

保湿効果、抗菌効果、紫外線吸収作用、リラックス効果を持つダマスクローズ水を50%も配合していますので、芳醇な香りが楽しめます。

エイジングケア化粧品成分としては、

コラーゲン、エラスチン、熱ショックたんぱく質の1種であるHSP47抗酸化物質グルタチオンを増やすナールスゲンを推奨濃度で配合。

さらに、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体であるアスコルビン酸Na、ビタミンE誘導体であるトコフェリルリン酸Naを配合しています。

他の保湿成分としては、ヒト型セラミドでお肌に最も多いセラミド2、赤い色の成分シアノコバラミン(ビタミンB12)を配合しています。

無香料・無着色・防腐剤無添加のエイジングケアハンドジェルなので、敏感肌でも使えます。

手のしわのケアやエイジングケアにオススメのハンド美容ジェルです。

2)ハンドクリームはハンドマッサージと一緒に!

手肌の乾燥肌対策

手の血行促進も手のしわ予防につながります。

その方法の1つが、お風呂上がりなどにハンドマッサージをしながらハンドクリームをつけること。

①  手の指のマッサージ

まず、ハンドクリームを多めに手に取って、手のひらでしばらく温めます。

次に、ハンドクリームが温まったら、手全体に広げます。

そして、小指、薬指、中指、人差し指、親指の順番にマッサージをします

マッサージは、爪のまわりを軽く押すことから始め、指先から指の付け根に向かって滑らせます。これを数回くりかえします。

②  手の甲のマッサージ

手の指が終わったら、手の甲のマッサージです。

まず、親指の付け根部分を、軽く押しましょう。

そして、手の甲全体を円を描くようにしてマッサージを続けます。

③  手のひらをマッサージ 

続いて、手のひらです。

手のひらも親指の付け根を軽く押します。

そして、手のひら全体を軽く押しながらマッサージしましょう。

④  仕上げ

仕上げは、手全体のマッサージです。

手全体を手のひらで包み込むように仕上げのマッサージをしましょう。

また、左右の手の指を絡めて手首を回すなども取り入れましょう。

5分程度でできるので、お風呂上りや仕事、家事の合間の空き時間に行って、手のしわ予防を心がけてくださいね。


6.その他の手のしわ対策

手のしわ対策は、スキンケアやエイジングケアでの予防、乾燥を防ぐための日常生活の工夫、さらに紫外線ダメージを防ぐことが基本です。

しかし、目立つ手のしわをスキンケアで消すことはできません。

そんな場合の手段をご紹介します。

1)ハンドメイクで手のしわを隠す

どうしても手のしわを消したい時ってありますね。

そんな、特別な日にはハンドメイクをするのはいかがでしょう?

顔に使っているファンデーションを薄くのばす他、コンシーラーでカバーしたり、BBクリームを軽く塗ると、手のしわだけでなく、シミも目立たなくなります。

時と場合によっては、手のしわをハンドメイクで上手に隠しましょう。

2)ネイルケアで手のしわを目立たせない

ネイルがキレイに塗られていると、視線を集めて手のしわや手のアラを隠す効果があります。

ネイルを塗るなら、ビビットな色よりも肌なじみのよいヌーディカラーの方が色白の手に見せることができます。

この方法も、手のしわを隠す1つの方法です。

3)美容医療・美容外科に頼る

手のシワの美容整形が得意な女医

どんなに高価なエイジングケア化粧品成分を配合したハンドクリームでも、深く刻まれた手のしわを完全に消すことはできません。

そこで、しわを改善する選択肢の1つとして美容医療・美容外科があげられます。

最近では、手のしわ向けの美容外科手術のメニューが増えてきたようです。

注射器でヒアルロン酸や脂肪細胞を注入して手のしわを消していきます。

さらに、最近ではメスを使わないアンチエイジング医療も発展してきました。

血液採取で自分の血小板を濃縮させた液体で、手肌のしわなどの劣化した組織を修復するPRPなどの再生医療も選択肢に加わりました。

興味のある方は、美容整形外科や美容皮膚科で相談してみてはいかがでしょうか?


7.まとめ

手肌の保湿のまとめ

しわを意識した手のエイジングケアについて、ご理解いただけましたでしょうか?

手も顔の肌と同様に、加齢とともに老化していきますので、しわ対策やエイジングケアが必要です。

日頃から、しっかりと保湿を心掛けて、手のしわを意識しなくてもいいような手肌を目指しましょう。

エイジングケア化粧品成分や保湿成分が配合されたハンドクリームも多数販売されていますので、手のしわ対策のためにご自分にあったハンドクリームを探してみてください。

★ハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

ナールス ロゼ

エイジングケア化粧品成分ナールスゲンとバラの女王ダマスクローズがマリアージュ。

さらに、ヒト型セラミド、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体配合。

「楽しみながらエイジングケアを!」をコンセプトにした新しいハンド美容ジェルです。

★ハンド美容ジェル「ナールス ロゼ」

関連記事

シワのケアに!オススメのエイジングケア化粧水の選び方と使い方

続きを読む

たるみによるしわは消えないの!?予防・改善の対策と治療

続きを読む

しわ対策のエイジングケア化粧品の選び方と使い方

続きを読む

しわの種類(小じわ・真皮じわ・表情じわ)とエイジングケア

続きを読む

小じわ・ちりめんじわを消す対策ならエイジングケア化粧品で!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」