紫外線が目に入ると、肌が日焼けする不思議な現象はなぜ?

エイジングケアのために、1年中美白のための化粧品を使ったり、日傘や帽子で陽ざしを防いでいるという人も、サングラスをしない方は、目から入ってくる紫外線に対しては無防備な状態になっています。

というのも、目に入った紫外線で、お肌が日焼けするリスクがあるからなのです。

不思議かもしれませんが、目に紫外線を浴びるとお肌が黒くなるエビデンスがあるのです。

さらには、目が紫外線でダメージを受けると、白内障など目の病気のリスクも増えてしまいます。

 

だから、お肌だけでなく、目を紫外線から守ることもエイジングケアでは大切なことです。

 

「目には、エイジングケア化粧品は使えないので仕方ない!」と考えるのではなく、様々な手段で目の紫外線ケアを行いましょう。

 

今回は、紫外線対策の意外な盲点、目の日焼けによるトラブルと予防法についてのお話です。

 

  • 目の紫外線ケアってどうすればいいの?
  • 白内障など目の病気と紫外線ってどんな関係?
  • 目から浴びた紫外線でお肌が日焼けするってどういうこと?
  • 紫外線から目のダメージを防ぐエイジングケアは?
  • どんなサングラスが目の紫外線対策に良いの?

などが気になる場合は、ぜひ、続きをお読みください。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>

  • 紫外線は、お肌だけではなく、目の老化や病気の原因になります。
  • 目に入った紫外線で、お肌が日焼けすることも知っておきましょう。
  • 目の紫外線対策には、UVカットのサングラスが効果的です。
  • 日焼け止めや帽子、UVカットの衣類やグッズなども併用することも大切です。
  • 紫外線のアフターケアとしては、ビタミンACEを含む食べ物の摂取やエイジングケア化粧品を活用しましょう。

 

 

1.紫外線は目の老化の原因

 

1)紫外線がおよぼす日本人の目に対する影響

目にはもともと、紫外線から目を守る機能が備わっています。

特に、日本人の場合は、黒い瞳の人が大半なので、白人に多い青色などの色素の薄い瞳よりも、紫外線に対する防御力が強いと言われています。

 

なぜなら、日本人を含む黒い髪や黒い瞳が多い人種は、環境に適応するために、進化の過程で紫外線から体を守るためのメラニン色素が増加し、そうなったと考えられているのです。

 

だから、日常生活で多少の紫外線を浴びるくらいなら、短期的には大きな問題はありません。

このことは、日本人にとっては、大きなメリットですね。

 

しかし、スポーツやアウトドアレジャーなどで、長時間強い紫外線を浴びると、日焼けでお肌が炎症を起こすのと同じように、目にも紫外線によるトラブルが現れてきます。

また、日常生活の紫外線でも、長年浴び続けると、目のダメージにつながります。

 

たとえば、目が充血する、涙が出て止まらない、乾燥するなどは、紫外線によって角膜が炎症を起こしているために出てくる症状です。

 

 

紫外線対策は1年中必要

 

2)紫外線と目の病気

紫外線は、今説明したトラブルだけはなく、長い間のダメージで目の病気の原因になってしまうこともあります。白内障と加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)が代表的なケースです。

 

①紫外線と白内障

目の水晶体に紫外線が蓄積されると、水晶体が老化して「白内障」の原因になることもあります。

白内障になると、通常は透明な組織である水晶体が、白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなります。

その結果、視力が低下するだけではなく、視界が全体的にかすんで見えにくくなったり、光をまぶしく感じる、暗い時と明るい時でモノの見え方が違うなどの症状が現れます。

 

こんな白内障は、ケガ・遺伝・病気・加齢などに加えて、紫外線もその原因です。

「白内障」の約20%は、紫外線が原因とする報告もあるので気をつけたいですね。

つまり、白内障は目の老化による病気とも考えられるのです。

 

白内障には、白内障の進行を抑える目的でピレノキシンやグルタチオンを主成分とする点眼薬やチオプロニンやパロチンを主成分とする内服薬もありますが、いずれも進行を遅らせるような予防的な意味合いが強く、大きな改善を期待できるものではありません。

 

白内障が進行した場合は、白内障手術が一般的な治療法です。

 

②紫外線と加齢黄斑変性症

また、最近、日本でも患者さんが増えている加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)という目の病気も、紫外線がその原因の1つと考えられています。

 

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)は、目にあたった光を感じ取り、脳へ情報を送る役割を担う、目の最も奥にある網膜の真ん中部分の黄斑(おうはん)が侵される病気です。

加齢黄斑変性症になると、物がゆがんで見える、視野の中心が欠ける、ぼやけて見えるなどの症状がでます。

加齢黄斑変性症も、目の老化による病気と考えられています。

 

加齢黄斑変性症の予防や進行を遅らせるには、ルティンを含む抗酸化サプリメントの摂取が推奨されています。

また、加齢黄斑変性の治療は、21世紀に入って大きく進展しました。

2004年には、光線力学的療法(PDT)という治療法が適応できるようになり、2008年からは、抗VEGF抗体(抗血管新生薬)という新しいタイプの注射薬が登場したのです。

 

光線力学的療法(PDT)とは、光に反応する薬を腕に注射した後に、加齢黄斑変性で網膜の中心部のいたんだところにレーザー光を照射することで、この病気の原因である新生血管を閉じさせる治療法です。

 

一方、抗VEGF抗体(抗血管新生薬)療法とは、加齢黄斑変性の原因である血管内皮増殖因子(VEGF:Vascular Endothelial Growth Factor)という物質が活発にはたらくのを抑える薬による治療法です。

 

③紫外線角膜炎

強い紫外線を集中的に浴びると角膜が傷付き、炎症が起こってしまうことがあります。

これは角膜炎の1種で、紫外線角膜炎と呼びます。

 

スキーヤーが雪の反射を含めた強い紫外線で患ってしまうことや、溶接作業を行う方でもよくみられる目の病気で、UV-Bによる目の日焼け(サンバーン)なのです。

目の充血、目の痛み、異物感、涙が止まらないことなどが主な症状です。

 

多くの場合は、1から2日で自然に治癒します。

また、薬局で薬剤師と相談の上、早めにコンドロイチンなどの粘膜保護成分、ビタミンB2など角膜の代謝をアップする成分、ビタミンB6など炎症を抑える成分が入った市販の点眼薬を使うこともよい方法です。

それでも症状が十分に改善しない場合は、早めに眼科を受診しましょう。

 

 

なお、他にも、白目部分が黒目である角膜に伸びてきてしまう目の病気である「翼状片(よくじょうへん)」や頻繁に目に炎症が起きてしまう「瞼裂斑(けんれつはん)」も紫外線が影響をおよぼしている目の病気です。

 

④紫外線と目の老化

紫外線が、お肌の老化原因であることは比較的よく知られていますが、目の老化の原因であることはあまり知られていません。

しかし、今、例に挙げた目の病気のことからもわかる通り、紫外線は目の老化の原因の1つです。

だから、目の病気予防の観点からも、目の紫外線対策は大切なのです。

 

お肌のエイジングケアには気を付けていても、目のことまでは意識していないという方も少なからずいるようですが、ぜひ、目のエイジングケアも意識して実践しましょう。

 

なお、目の老化予防には、先ほども紹介したルティンを摂ることが良いことが分かっています。

ルティンは、強い抗酸化作用をもつカロテノイド(天然の色素)です。

もともと、目の水晶体や黄斑部に多く存在しています。

ほうれん草やケールなどの緑黄色野菜に多く含まれるので、目の老化予防のためには、積極的に摂るようにしましょう。ルティンは、他では、ちりめんキャベツ、パセリ、ブロッコリー、かぼちゃ、にんじん、グリーンピースにも多く含まれています。

 

 


2.目から入った紫外線でお肌が日焼けする!?

 

ここからは、目から入る紫外線のお肌への影響のお話をします。

 

お肌はしっかりUVケアしていても、目に紫外線が当たると実はお肌も日焼けをするって、ご存知でしたか?

肌は紫外線を直接浴びなくても目で受けるだけで日焼けするか?という実験を、大阪市立大の井上正康教授らの研究チームが実施しました。

その結果、目からの紫外線でお肌のメラニンが増えることがわかりました。

 

では、なぜ、目からの紫外線で日焼けを起こしてしまうのでしょうか?

 

まず、目は強い紫外線を浴びると、角膜に炎症を起こします。

その炎症が刺激になって、紫外線から身を守るために脳は「メラニンを作れ」と命令を出し、メラノサイトがメラニン色素を生成してしまうのです。

 

これはマウスで行った実験で、人間での結果ではありません。

しかし、マウスの実験とはいえ、人間にも同じ影響がでる可能性も十分にあり得ます。

 

 

目に紫外線を浴びると皮膚がダメージを受けて老化するイラスト

 

 

このように、目から紫外線を浴びることでシミの原因になる可能性があるのです。

 

つまり、美白のためには、お肌に日焼け止めを塗って安心していてはダメということ。

目が無防備では、せっかくのUVケア効果も半減してしまいます。

だから、お肌の紫外線対策のためには、目を紫外線から守ることを考える必要があるのです。

 

 


3.紫外線対策や美白にはサングラスが必需品!

 

1)紫外線対策のサングラスの選び方

これまでお伝えしてきましたように、エイジングケアのためには、日中 強い紫外線の中で過ごす時などは、サングラスを着用するのが効果的です。

 

 

紫外線対策としてサングラスをする女性

 

では、どんなサングラスを選べばいいかというと

 

■ポイント1:UVカット加工のもの

サングラスの商品表示ラベルには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。

低いほどレンズの性能が優れているということになり、0.1%以下であれば99.9%紫外線を遮断できるという意味です。

 

「紫外線透過率」1%未満のものか、「UV400カット」(UV-Aの波長までカット)の表記があるものを選ぶといいでしょう。

 

■ポイント2:顔に密着するもの

横、後ろから入ってくる紫外線を防ぐためにも、フレームが大きく、目の横側までカバーできるタイプがおすすめです。

 

とはいえ、サングラスはファッション性も大切ですよね。

おしゃれなデザインを選んだ場合などは、日傘、つばの広い帽子、アームカバーなども併用するといいそうです。

 

■ポイント3:色は薄くても大丈夫

濃い色のレンズの方が、紫外線をカットできると勘違いしがちですが、色と紫外線対策の性能とは関係がありません。

逆に、UVカット加工を施していない色の濃いサングラスは、目が周りが暗くなったと認識して瞳孔を広げ、かえって紫外線を受け入れてしまうといわれています。

 

紫外線対策のサングラスが、目を痛めてしまわないよう、UVカットの機能をしっかりチェックすることが大切です。

 

また、最近では、紫外線カット機能付きコンタクトレンズもあります。こうしたコンタクトレンズも目の紫外線対策の選択肢の1つです。

 

2)サングラス以外の目の紫外線対策は?

ただし、UVカット加工のサングラスや紫外線カット機能付きコンタクトレンズをつけていれば、目の紫外線対策は大丈夫かと言えばそうではありません。

紫外線対策は、帽子や衣類などと併用することが必要ですし、お肌にはしっかりと日焼け止めを使いましょう。

 

たとえば、隙間から入ってくる紫外線を、完全にシャットアウトすることはできないので、夏場の紫外線が強い日は、つばの広い帽子をかぶることがより有効です。

 

また、外出から帰った後は、紫外線のアフターケアとして、ビタミンACE(エース)を含む食べ物をしっかり摂ることや、ビタミンC誘導体やビタミンE誘導体配合のエイジングケア化粧品を使うことも大切なのです。

 

 

サングラスは紫外線対策のアイテム

 

紫外線のアフターケアについては、「外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで!」をご覧ください。

また、紫外線の種類と対策は、「紫外線が老化の原因の80%!?加齢よりも怖いのは本当か?」をご覧ください。

 

 


4.まとめ

 

紫外線が目の老化や病気の原因になることや、目から入った紫外線がお肌にも影響を与えることなどについて取り上げました。

 

お肌の紫外線対策同様、目の紫外線対策も大切であることが、ご理解いただけたのではないでしょうか?

 

目を紫外線から守るUVカットのサングラスは、お肌につける日焼け止めや美白化粧品と同様、エイジングケアをサポートしてくれる心強いアイテムといえますね。

 

日焼け止め、エイジングケア化粧品によるビフォー&アフターケアに加え、

サングラスも紫外線ケアの必需品として取り入れ、活用しましょう。

 

 

関連記事

外出とエイジングケア 日焼けのアフターケアはビタミンACEで!

続きを読む

紫外線ダメージで肌老化!効果的に防ぐ対策でエイジングケア

続きを読む

冬でも紫外線対策は大切!その理由は、光老化を促進するから!

続きを読む

紫外線対策はファッションで差がつく!透過率は色・素材で違う

続きを読む

紫外線によるエイジング「光老化」とフォトフェイシャル治療

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」