乾燥肌対策の保湿にビタミンC誘導体化粧水は使っていいの?

ビタミンC誘導体を連想させるレモン

ビタミンCといえば万能のビタミン、美容のビタミンとして有名ですね。

あなたは、ビタミンC誘導体化粧水って聞いたことありますよね?

ビタミンCには美白抗酸化をはじめ、エイジングケアにとって嬉しい効果がいっぱい。

 

果たして、そんなビタミンC誘導体化粧水って乾燥肌を改善する対策に使えるのでしょうか?

この記事では、そんな疑問にお答えます。

 

PR

乾燥肌でも使いやすいナールスゲン配合ビタミンC誘導体ローション「ナールスピュア」

 

 

 

さまざまな化粧品の中でエイジングケア世代の方に人気が高いアイテムが、ビタミンC誘導体が配合された化粧品です。

中でもビタミンC誘導体化粧水は、人気の高い化粧水です。

 

なぜなら、ビタミンC誘導体化粧水は美白、ニキビ対策、抗酸化をはじめ、エイジングケアにとってよい効果が期待されるから。

 

口コミで評判の高いビタミンC誘導体化粧水や、売れ筋ランキング上位のビタミンC誘導体化粧水もたくさんあります。

また、APPSなどの新しいビタミンC誘導体も登場しています。

 

その一方で、

「ビタミンC誘導体化粧水は、刺激があって使えない!」

「ビタミンC誘導体化粧水を使うと顔やお肌が乾燥してしまう!」

「ビタミンC誘導体を使って美白はできても保湿できないのでは?」

などの声もあります。

 

 

乾燥肌に悩む女性

 

 

確かに、ビタミンC誘導体化粧水にはデメリットもあります。

 

そこで、この記事では「乾燥肌対策の保湿にビタミンC誘導体化粧水は使っていいの?」という視点で、ビタミンC誘導体化粧水を考えてみます。

 

きっと、目から鱗のビタミンC誘導体の上手な使い方が手に入ります。

ぜひ、上手なビタミンC誘導体の使い方を知りたい方は、続きをお読みくださいね。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • ビタミンCは、万能のビタミン、美肌のビタミンと呼ばれている栄養素(補酵素)です。野菜などで積極的に摂りましょう。
  • ビタミンC誘導体は、水溶性、油溶性、両性があります。いずれも美白、コラーゲン産生、メラニンの還元、皮脂の抑制などお肌によいはたらきが期待できます。
  • ビタミンC誘導体には保湿作用がないので、乾燥肌対策はできません。
  • 乾燥肌でもビタミンC誘導体化粧水を使いたい場合は、合わせて美容液や保湿クリームでしっかり保湿しましょう。
  • 乾燥肌の対策を行いながら、エイジングケアを考えたいなら油溶性ビタミンC誘導体「VCIP」配合の保湿クリームがオススメです。

 

1.ビタミンCの特徴を理解しよう

 

1)ビタミンCの基本

乾燥肌を改善するための保湿ケアにビタミンC誘導体化粧水を使うべきかどうかの前に、ビタミンC(vitamin C, VC)についておさらいしましょう。

 

 

ビタミンCが多い食材で代表的なレモン

 

 

ビタミンCは、「万能のビタミン」あるいは、「美肌のビタミン」ともいわれる栄養素(補酵素)です。

水溶性ビタミンの1つで、化学的には「L-アスコルビン酸」のことです。

 

私たち人間は、残念ながらビタミンCを体内で合成できません。

だから、食べ物、飲み物、サプリメント、医薬品など外部から摂取しなければならないのです。

 

2)ビタミンCの特徴とはたらき

ビタミンCは、体内のコラーゲンをつくるのに不可欠な栄養素です。

 

また、抗酸化作用があり、体内の活性酸素を取り除いて健康を保つサポートをします。

例えば、動脈硬化などの生活習慣病の予防が期待できるのです。

 

他にも免疫力を高めたり、鉄の吸収をよくしたりします。

さらに、ビタミンCはストレスを軽減してくれるはたらきがあります。

 

 

ストレスが軽減され笑顔になる女性

 

 

ストレスには、疲労、睡眠不足、気温の寒暖などがあり、精神的なストレスと物理的ストレスがあります。

タバコは物理的なストレスの1つといえます。

 

このように、ビタミンCはさまざまなはたらきがあることから、医薬品としても使われています。

ただ、ビタミンCは熱に弱いので、食べ物などを加熱すると活性がなくなることが弱点です。

 

3)ビタミンCを多く含む食べ物

厚生労働省によると、大人が必要なビタミンCの1日の量は「100mg」です。

1日の摂取量がこれ以下の状態が続くと、

老化が進んだり、出血性の病気である壊血病(かいけつびょう)のリスクが高まります。

 

とはいっても、現代では食べ物からビタミンCを摂ることが容易なので、普通にバランスのよい食事さえすれば、ビタミンC不足になる心配はさほどありません。

 

 

野菜

 

 

ビタミンCを多く含む食べ物には、

赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、芽キャベツ、カリフラワー、ほうれん草、パセリ、ジャガイモ、サツマイモなどの野菜が挙げられます。

また、レモン、ライム、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類にも豊富に含まれます。

さらに、カムカム、柿、アセロラ、キウイフルーツ、トマト、マスクメロン、ブルーベリー、ラックベリー、イチゴ、グァバ、パパイヤにも多いです。

 

このように、ビタミンCは多くの種類の野菜や果物に含まれるので、意識して摂ることも大切です。

 

タバコやストレスなどで破壊されるので、ストレスを抱えていたり、タバコを吸う方は、より積極的に野菜や果物で摂ったり、サプリメントで補うことも1つの方法です。

 

 


2.ビタミンC誘導体の特徴を理解しよう

 

ここでは、化粧水をはじめとする化粧品に配合されるビタミンC誘導体の特徴を押さえておきます。

 

1)ビタミンC誘導体のお肌へのはたらき

ビタミンC誘導体に期待できるのは、

などです。

 

ビタミンC誘導体は、こうしたさまざまな肌悩みの対策として、エイジングケア化粧水などに配合されるのです。

 

2)ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体は、大きく水溶性ビタミンC誘導体「油溶性ビタミンC誘導体」に分かれます。

 

 

2種類のビタミンC誘導体

 

 

水溶性ビタミンC誘導体には、リン酸アスコルビル、L-アスコルビン酸–2グルコシド、ビタミンCエチルなどがあります。

油溶性ビタミンC誘導体としては、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)が有名です。

なお、両方の性質を持つのが、APPS(アプレシエ)です。

 

これらのうち、水溶性ビタミンC誘導体とAPPS(アプレシエ)が、ビタミンC誘導体化粧水に配合されます。

 

 


3.ビタミンC誘導体は、乾燥肌に使えるの?

 

1)ビタミンC誘導体に保湿は期待できない

いよいよ本題の「ビタミンC誘導体は、乾燥肌に使えるの?」です。

 

答は「Yes、だけどNo」です。

 

まず、ビタミンC誘導体には保湿力がほぼありません。

だから、ビタミンC誘導体で保湿を行って乾燥肌の改善に直接つながるかと言えば、答えは「No」です。

 

また、ビタミンC誘導体には、皮脂分泌を抑えるはたらきがあるとともに、刺激性もあります。

だから、乾燥肌の原因になったり、敏感肌を悪化させるリスクもあります。

 

 

乾燥肌を気にする女性

 

 

したがって、乾燥肌がきつい方や敏感肌の方は、少なくとも配合濃度の高いビタミンC誘導体化粧水を使うのは避けた方が無難です。

乾燥肌なら、濃度が高くないものを選んで使いましょう。

 

2)ビタミンC誘導体化粧水の後に美容液などを使う

では、「乾燥肌で絶対にビタミンC誘導体を使ってはいけないの?」と問われれば、そうでもありません。

 

ビタミンC誘導体は、先ほども説明した通りエイジングケアにとって有用なはたらきがたくさんあります。

だから、乾燥肌でも他の成分でしっかり保湿をすることができれば、ビタミンC誘導体化粧水を使ってもいいのです。

 

ビタミンC誘導体化粧水は多くの場合、グリセリンアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸などの水溶性の保湿成分が含まれています。

だから、ビタミンC誘導体化粧水でもある程度、保湿が可能です。

 

しかし、乾燥肌の場合なら、美容液保湿クリームで油溶性の保湿成分を補うことをおすすめします。

 

 

保湿クリーム

 

 

なぜなら、オイルやその他の油溶性の保湿成分は、皮脂と汗からつくられる皮脂膜に近いはたらきをするからです。

 

ビタミンC誘導体化粧水を使った後は、シアバター、スクワランなどを配合したエイジングケア美容液やエイジングケア保湿クリーム、さらにはアボカド油、椿油、ゴマ油、オリーブ油、ホホバ油などの美容オイルなどで「水分の蒸発を防ぐ」保湿をしましょう。

 

また、セラミドは油溶性成分ですが、「水分の保持」するはたらきでバリア機能を守るはたらきがあります。

だから、乾燥肌傾向にある方が、ビタミンC誘導体を使う場合は、セラミド、中でもヒトのセラミドとほぼ同じ構造を持つヒト型セラミドを配合した美容液などのエイジングケア化粧品を合わせて使うことがオススメです。

 

3)乾燥肌にオススメはVCIP

もう1つの方法は、ビタミンC誘導体を化粧水ではなく、保湿クリームで取ることです。

VCIPなら保湿クリームに配合されていますので、ビタミンC誘導体化粧水を使わずにビタミンCをとることができるのです。

 

VCIPは水溶性ビタミンC誘導体と比べて、

  • 浸透性が高い
  • 刺激性が少ない
  • 持続性が高い

などの特徴があります。

 

だから、乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌の方がビタミンC誘導体を使いたい場合は、VCIP配合の保湿クリーム、フェイスクリームがオススメです。

 

そんなエイジングケア保湿クリームがナールスユニバです。

 

 

ナールスユニバ

 

 

乾燥肌、敏感肌、インナードライ肌の方で、

「エイジングケアも保湿もしっかり行いたい!」とお考えなら、セラミド、シアバター、VCIPに加えて、ナールスゲンを推奨濃度で配合したナールスユニバがオススメです。

 

 


4.まとめ

 

「乾燥肌対策の保湿にビタミンC誘導体化粧水は使っていいの?」の答えは得られましたか?

 

ビタミンC誘導体には保湿力がないので直接的に乾燥肌を改善するはたらきはありません。

しかし、エイジングケアや素肌にとっては効果的なはたらきがたくさんあります。

だから、乾燥肌対策であっても他の保湿成分と一緒に使えばエイジングケアにはより効果的です。

 

ただし、ビタミンC誘導体は刺激性もあるので、乾燥肌がきつい方や敏感肌、インナードライ肌の場合には、注意が必要です。

そんな方へのオススメは、油溶性ビタミンC誘導体のVCIPです。

乾燥肌の方は、ビタミンC誘導体の特徴をしっかり理解して、上手に使いましょう。

 

 

関連記事

乾燥肌だとなぜかゆいの?かゆみの原因と改善の対策を考えよう!

続きを読む

乾燥肌の方のためのファンデーションの選び方と使い方

続きを読む

乾燥肌の予防や改善対策は、正しいエイジングケアが大切!

続きを読む

乾燥肌の原因の11の要素とは?~エイジングケアの視点から~

続きを読む

乾皮症と皮脂欠乏性湿疹(皮脂欠乏性皮膚炎)の原因と対策

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」