大学発エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの特徴は?

ナールスゲンの成分の特徴

京都大学と大阪市立大学で共同開発されたナールスゲンってご存知でしょうか?

 

この記事では、最近、知名度が上がりつつあるエイジングケア化粧品成分であるナールスゲンの特徴エイジングケアでのメリットをご紹介します。

 

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

 

 

エイジングケア化粧品成分として期待されるナールスゲンは、アミノ酸誘導体

京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分です。

 

 

ナールスゲンの構造

 

 

今回の「大学発エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの特徴は?」では、ナールスゲンのメリットと特徴に迫ります。

 

もし、ナールスゲンについてより詳しく知りたい場合は、

ナールスゲン 京都大学発エイジングケア化粧品成分の10の秘密」をご覧ください。

 

 


1.ナールスゲン化粧品を使うメリットは?

 

ナールスゲンは、エイジングケア化粧水美容液保湿クリームなどに配合される成分で、中には口コミサイトで上位のランキングを得ているエイジングケア化粧品もあります。

 

ナールスゲンを配合したエイジングケア化粧品を使った方からは、以下のような高い評価をいただいています。

 

 

これらは、ナールスゲンだけの効果ではなく、同時に配合されている保湿成分や他のエイジングケア化粧品成分にも助けられたものです。

また、お使いになった方が、化粧品によるエイジングケアだけではなく、洗顔クレンジング、紫外線対策、生活習慣などにも気を付けられた結果でもあります。

 

とは、言ってもナールスゲンが乾燥肌の原因にアプローチしたり、エイジングサインに予防的な効果を発揮したことにもよるものです。

 

さらに、しわやたるみ、たるみ毛穴などのケアでもナールスゲン化粧品がよい実感をいただくこともあります。

 

しわ対策顔のたるみ対策の予防の選択肢の1つとして、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧品が選ばれるのは、ナールスゲンの持ついくつかの特徴によるものです。

 

この記事では、そんなナールスゲンの特徴を解説します。

 

 

解説をする女性

 

 


2.エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの特徴

 

ナールスゲンには、次の5つの特徴があります。

 

1)分子量331ドルトンという極めて小さな水溶性成分

お肌に浸透しやすいというメリットと化粧水などのローションタイプのエイジングケア化粧品の成分として使いやすいことが挙げられます。



ナールスゲンの分子量とコラーゲンの分子量の比較

 

2)真皮の線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、HSP47を増やします

コラーゲンエラスチンHSP47は、真皮のたんぱく質で、お肌にとって大切な成分です。

 

皮膚の線維芽細胞を取り出し、ナールスゲンを添加する実験をごご紹介します。

その結果、ナールスゲンには、

  • コラーゲンを2倍以上
  • エラスチンを約1.5倍
  • HSP47を約1.3倍

に増やすはたらきがあることがわかりました。

 

 

コラーゲン、エラスチン、HSP47を増やすデータ

 

また、ビタミンCと一緒に使うことで、相加効果があることがわかっています。

コラーゲンの発現量に関して、ナールスゲン + ビタミンC を線維芽細胞に添加する実験で、ナールスゲンだけを添加した場合の約1.2倍、ビタミンCだけを添加しただけの場合の約1.7倍多くなることが示されました。

だから、エイジングケアの視点では、ナールスゲン配合のビタミンC誘導体化粧水を使うことをオススメします。

 

なお、コラーゲンとエイジングケアの関係は、こちらをご参照ください。エイジングケア化粧品の大きな特徴であるコラーゲンとの関係を解説しています。

エイジングケアとコラーゲンの関係は?

 

3)お肌の水分量を維持するはたらき

ヒトによるモニター試験では、ナールスゲンを含む化粧水を1~3カ月使用した結果、偽薬(プラセボ)に比べ、肌弾力が大幅に向上し、角質水分量も増大しました。

 

 

保湿の作用

 

 

ナールスゲンは、細胞自身が本来持っている保湿力を整えることで、お肌にハリやツヤをもたらすことが示されました。

エイジングケアの基本が保湿なので、この点もクリアです。

 

以上の1)から3)が、ナールスゲンのエイジングケア化粧品成分としての基本的な特徴です。

 

4)表皮の傷の治癒を助けるはたらき

何らかの刺激によってできた傷が治るプロセスでは、線維芽細胞や角化細胞が関係しています。

 

ナールスゲンは、実験で角化細胞を増やすはたらきも示されています。

つまり、線維芽細胞と角化細胞を増やすことで、表皮の傷の治癒をサポートする可能性が期待されるのです。

 

5)紫外線による光老化を抑えるはたらき

紫外線は、お肌の活性酸素によるダメージを与え、線維芽細胞を死滅させ、コラーゲンやエラスチンを劣化させます。

その結果、しわ、シミ、たるみなどを引き起こしてしまいます。

これを「光老化」といいますが、これを防ぐことは、エイジングケアでは重要なポイントです。

 

皮膚の線維芽細胞を取り出し、「ナールスゲンを添加して紫外線を照射した細胞」「何も添加せず、紫外線を照射した細胞」を比較した結果、ナールスゲンを添加して紫外線を照射した細胞の生存率が、何も添加せずに紫外線を照射した細胞よりも高かったのです。

 

 

ナールスゲンが、光老化を抑制するデータ

 

つまり、ナールスゲンは、ある程度、紫外線のダメージを軽減することがわかりました。

 

この結果は、ナールスゲン配合化粧品を紫外線のビフォー・アフターに使うことで、エイジングケアをサポートできる可能性を示すものです。

 

6)お肌の表皮でグルタチオンを増やすはたらき

ナールスゲンは、抗酸化物質であるグルタチオンの発現量を増やすはたらきがあります。

ナールスゲンの添加により、表皮細胞のグルタチオン量は6時間後くらいから有意に増加し、24時間、48時間後でも、コントロールより高い値を示した実験データがあります。

 

※ここで説明した実験結果は、3)を除けば、ヒトの実験ではありませんので、ナールスゲンのヒトでの効果を保証するものではありません。

※また、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧品の効果を保証するものではありません。

 

しかしながら、ナールスゲンのエイジングケア化粧品成分としての、期待を示すデータであることは間違いありません。

 

ナールスゲンは、よいエイジングケア化粧品成分の1つですので、化粧品を選ぶ際は、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧品をチョイスするのもよい選択肢ですね。

 

ナールスゲンの作用の詳細は、こちらの記事をご参考にしてください。

大学発エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの作用メカニズムは?

 

なお、ナールスゲン配合のエイジングケアローション「ナールスピュア」を深く知りたい方、化粧水をランキングや人気などに頼らず選びたい方は、こちらもご参考にしてください。

*化粧水ランキングを超える!エイジングケア化粧水の選び方

 

 


3.まとめ

 

ナールスゲンのメリットや5つの特徴についてご理解いただけましたでしょうか?

 

ナールスゲンは、コラーゲン、エラスチン、HSP47の産生を促進することに加え、エイジングケアにとっても有用な特徴をもったエイジングケア化粧品成分であることがご理解いただければ幸いです。

 

また、ナールスゲン配合の化粧品はさまざまなエイジングサインのケアにもお使いいただけます。

 

 

関連記事

コラーゲンのエイジングケアとアンチエイジングにおける役割

続きを読む

大学発エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの作用メカニズムは?

続きを読む

エラスチンのエイジングケア効果と化粧品成分としての役割

続きを読む

ナールスゲン配合のエイジングケア化粧品の選び方とは?

続きを読む

ヒートショックプロテイン47(HSP47)とコラーゲンの深い関係

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」