皮脂腺のはたらきとしくみを知って女子力アップのスキンケア

エイジングケアにとって大切な3大要素の1つ「皮脂膜」は、皮脂と汗が混じったものです。

そして、その皮脂を分泌するのが「皮脂腺」。

では、皮脂腺にはどのような機能や特徴があるのでしょうか?

 

皮脂腺について理解することはスキンケアを考える上でとても大切です。

また、皮脂腺を意識したエイジングケアは女子力アップにもつながります。

なぜなら、皮脂腺を知らずしてスキンケアの基本である保湿は語れないからです。

 

もう1つの理由は、あまり知られていない皮脂腺と体臭の関係。

これを知らないと皮脂腺のトラブルで女子力ダウンにもなりかねません。

 

ぜひ、女子力アップのエイジングケアを実践するために、皮脂腺についても知っておきましょう。

 

さて、皮脂腺は身体全体に均等に分布するのではありません。
顔・手足・頭では、どの順番に多いかご存知じでしょうか?

答えを知りたい方は、続きをお読みくださいね。

皮脂腺の分布を知ることは、エイジングケア化粧品の使い方を知る上でも大切です。

 

  • 皮脂腺って一体どんな役割があるの?
  • 皮脂腺と毛穴ってどう違うの?
  • 皮脂腺と汗腺ってどう違うの?
  • 皮脂腺って一体どんな役割があるの?

について知りたい方も、ぜひ、続きを読んでくださいね。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>

  • 皮脂腺は、皮脂を分泌させる大切な役割があります。
  • 皮脂腺は、お肌に均一にあるのではなく、多い部位、少ない部位があります。
  • だから、その分布を知ってスキンケアやエイジングケアを行う必要があります。
  • 毛穴が詰まると皮脂がお肌の表に出ることができなくなって、ニキビなどの肌トラブルにつながります。
  • だから毛穴の汚れは、毎日、洗顔でしっかり洗い流しましょう。

 

 

1.皮脂腺とは?お肌のどこにあるの?

 

1)皮脂腺とは?

皮脂腺は、皮脂を生み出す器官です。

皮脂腺のほとんどは、お肌の真皮にあって、大毛根を包む袋状の上皮組織である毛包(毛嚢)と一緒に存在しています。

図のように毛穴の入り口にあって、毛穴の漏斗部に向かって口が開いた状態になっています。
そして、皮脂は毛包(毛嚢)から皮膚表面に出て行くようになっているのです。

皮脂腺は、ワックスエステル、スクワレン、トリグリセリドなど油分からできていて、毎日、成人で1~2gの皮脂を作っています。

そして、その皮脂が汗と混じって皮脂膜になって、お肌を守っているのです。

 

皮脂腺をモデル化した図

 

皮脂腺と間違いやすいものに、汗を分泌する汗腺があります。

汗腺は汗をかくことからもおわかりの通り、開きやすいのですが、皮脂腺は汗腺と比べて開きにくい特徴があります。

 

2)皮脂腺の分布

皮脂腺は、お肌にどのように分布しているのでしょうか?

 

実は、手のひらや足の裏には、皮脂腺がありません。皮脂腺は、それ以外の全身にあります。

多い順に「頭」→「顔」→「手足」と分布しています。

 

また、同じ部位でも、中央部に多く、端にいくほど少なくなります。
つまり、頭のてっぺん付近が最も皮脂腺の多い場所なのです。

 

皮脂腺が多い部位のお肌は、皮脂の量が多くなり、お肌も脂性肌に傾きやすくなります。
こうした部位を、脂漏部位(しろうぶい)と呼びます。

脂漏部位は、頭部、顔の中心部(額、眉間、口のまわり、下あごなどTゾーンと呼ばれる箇所)、胸元、背中の真中、わきの下です。

脂漏部位には、顔で400個/cm2程度、頭では900個の/cm2の皮脂腺が存在します。

他の部位では、100個/cm2以下なので、随分と密度が濃いのです。

 

 


2.皮脂腺のエイジングケアの基本

 

1)皮脂腺の分布を考えたエイジングケアの基本

「Tゾーンは、しっかり洗顔しましょう」とよく言われますし、また、ご自分でもTゾーンが脂っぽいのはよくわかりますよね。脂漏部位は、皮脂が多いので脂っぽいのです。

そのため、洗顔や身体の洗浄も意識して、丁寧に洗うことが大切です。

 

不要な皮脂を洗い流す女性

 

一方、脂漏部位以外は、洗いすぎるとかえって油分を取りすぎてしまうのでよくないのです。
加齢とともに皮脂腺の活力も下がるので、脂漏部位以外の皮脂の量は下がり続けます。

つまり、年齢が上がれば上がるほど、脂漏部位以外は乾燥しやすくなるのです。
そのため、この部位は保湿力の高いエイジングケア化粧品などで、しっかり保湿を行いましょう。

 

夏場は、皮脂腺の活動も活発なので、エイジングケア化粧水でも保湿できますが、冬場は少しでも乾燥を感じるなら、お肌の乾燥対策のために保湿クリームを使ってスキンケアを行いましょう。

 

その場合は、水分を保持するはたらきのあるセラミドプロテオグリカンヒアルロン酸コラーゲンNMF(天然保湿因子)などの保湿成分に加え、お肌に油膜をつくって皮脂膜に近いはたらきをしてくれるスクワランやシアバターなどのエモリエントをバランスよく配合した保湿クリームがおすすめです。

 

そんな保湿クリームの1つがこちら。

ヒト型セラミド配合エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」

 

また、乾燥が厳しい冬には、顔だけでなくボディにも保湿クリームを使うことをおすすめします。

 

年齢ごとの皮脂の量については、こちらの記事をご参照ください。

エイジングケア化粧品を選ぶ「道標」と年代別エイジングケア

 

2)皮脂腺に関する肌トラブルと予防

皮脂腺は、毛穴とつながっているので毛穴が詰まるとトラブルが起きます。

毛穴が詰まれば、本来、お肌の表面に出るはずの皮脂が毛穴の中に留まってしまいます。

そのため、内側からも毛穴を塞いでしまうのです。

それによって、ニキビ、角栓毛穴の黒ずみなどトラブルを進行させてしまうのです。

 

皮脂に関するお肌のトラブルに悩む女性

 

基本的な予防対策としては、毎日、適切な洗顔を行うことで毛穴に汚れが詰まらないようにすることが大切です。

 

3)知っておきたい皮脂腺と体臭の関係

次に、女子力アップのために知っておきたい皮脂腺と体臭のお話です。

 

皮脂腺からつくられる皮脂が正常で、皮脂膜も適度な場合は、表皮常在細菌叢のバランスが保たれ、お肌は弱酸性です。

そんな場合は、お肌の臭いもありません。

 

しかし、誤った洗顔でお肌のバランスが崩れてアルカリ性に傾いたり、皮脂腺からの皮脂が過剰に分泌されると表皮常在細菌のバランスが崩れます。

 

そうなると、お肌の味方をしてくれる表皮常在菌が出す酵素(リパーゼ)が減ってしまいます。

リパーゼは皮脂を分解するはたらきがあるので、これが減ると汗と皮脂がうまく混ざらなくなって皮脂膜が正常にできにくくなるのです。

その結果、さらに表皮常在細菌のバランスが崩れ、体臭の原因になってしまうこともあるのです。

 

また、皮脂が毛穴に詰まって、そこで過酸化脂質になってしまうこともお肌の臭いの原因になってしまいます。

 

これでは、女子力もダウンですね。

 

この対策としては、ビタミンC誘導体やビタミンE誘導体配合の化粧品などを使うことや、日頃からビタミンCやビタミンEを含む食べ物をしっかり摂りましょう。

 

★ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体を配合したオススメのエイジングケアローション

ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

 

ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

 

尚、食べ物と栄養素の詳しい情報は、「美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで」をご覧ください。

 

 


3.皮脂腺の種類とエイジングケア

 

手のひらや足の裏には皮脂腺がないとお伝えしました。それは、毛穴がないからです。

逆に、毛穴があるところには、必ず皮脂腺があります。
そして、毛穴の種類によって以下の3つに大別され、それぞれ異なった特徴を持っています。

 

注: 毛穴とは、毛包の一部で、外から目で見えているところを呼びますので、この記事は分けて使っています。

 

1)脂腺性毛包

  • 顔や前胸部に多く分布します。
  • 細く短い毛が生えている毛穴。
  • ニキビができてしまうのは、この皮脂腺がある毛穴です。

 

2)終毛性毛包

  • 頭部や局部に多く存在します。
  • 長く太い毛が生えている毛穴。

 

3)軟毛性毛包

  • 顔をはじめ、頭や局部以外の全身に分布します。
  • 産毛が生えている毛穴。

 

この中で、スキンケアやエイジングケアを特に意識すべきは、「脂腺性毛包」です。

なぜなら、他の毛包より大きいため、皮脂の分泌が多く、汚れやすいからです。

 

洗顔から始まるエイジングケアのプロセスが正しく行われていれば、お肌は水分と皮脂のバランスが取れて、健やかなお肌が保てます。

しかし、どこかに問題があれば、

こともあるのです。

 

もし、古い角質が残って肌がごわごわするなら、角質を取り除くために酵素洗顔を行うことも手段の1つです。

酵素洗顔の詳しい情報は、こちら。

酵素洗顔とパウダーを学ぶ!ランキング無用の正しいエイジングケア

 

また、逆に皮脂が取れすぎて乾燥が気になる場合は、保湿の見直しも大切です。

敏感肌やインナードライにお悩みなら、こちら。

皮膚科学で考える敏感肌とインナードライの対策

 

乾燥肌の原因と対策は、こちら。

乾燥肌の原因。その11要素とは?~エイジングケアの視点から

乾燥肌の改善対策 | 正しいスキンケアとエイジングケア

 

 


4.まとめ

 

エイジングケアにとって大切な3大要素の1つ「皮脂膜」のもとである皮脂を生み出す「皮脂腺」について説明しました。エイジングケアを行うことや、エイジングケア化粧品の使い方に皮脂腺の分布が関係していることもおわかりいただけたのではないでしょうか?

皮脂腺の多い箇所は、不要な皮脂をしっかり取って、逆に皮脂の少ない箇所は、保湿をしっかり行うように、理に適ったエイジングケアを心掛けていただければ幸いです。

 

また、皮脂腺と体臭の関係についても触れました。

皮脂腺のトラブルは体臭にまで発展してしまうこともあります。

女子力アップのエイジングケアのために、しっかり皮脂腺を意識しましょう。

 

 

関連記事

30代から不足しがち!エイジングケアに必要な保湿の3大因子

続きを読む

グルタチオンとその効果!抗酸化力とエイジングケア化粧品

続きを読む

エイジングケアの第一歩!お肌(皮膚)の構造と役割を知ろう

続きを読む

皮脂を抑えるエイジングケアは、過剰でも不足でもダメ

続きを読む

肌理(キメ)の細かいお肌を手に入れるエイジングケアとは?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」