肌老化の原因「糖化」を予防する5つのポイント

最近、アンチエイジングや糖尿病などの生活習慣病との関係で話題になることの多い「糖化」。

実は、糖化は、「酸化」と並んで、お肌のエイジングケアにとってとても大敵です。

 

「糖化がお肌を老けさせる!?」では、お肌にあらわれる くすみ や たるみ などの老化のサイン、また体の不調にも「糖化」が深く関係していることをお話しました。

 

お肌は比較的糖化をリセットしやすい部分なので、糖化しやすい生活習慣を見直し、エイジングケア化粧品できちんとケアすることで予防が可能です。

今回は、普段の生活で心掛けたい老化の原因 糖化の予防についてまとめてみました。

エイジングケアにも大いに関係がありますので、最後までお読みください。

 

では、まず糖化度のチェックをしてみましょう。

当てはまるものをチェックしてください。

 

糖化度チェック

□朝食を食べない

□炭水化物が好きだ

□甘いお菓子を良く食べる

□食事はごはんから手をつける

□食べたら眠くなる

□野菜はあまり食べない

□あまり運動をしない

□睡眠時間は6時間以下

 

いかがでしたか?

当てはまった数が多いほど、老化の原因といわれる糖化のリスクが高いといえます。

 

最近では、糖化が測定できる「糖化度測定器」というものがあるようです。

測定器の上に腕を乗せるだけで、蛍光分光方式によって、皮膚の下の血管壁に蓄積されているAGEs(終末糖化産物という体内の老化物質)が検出されます。

気になる方は医療機関に尋ねてみてください。

 

<この記事でお伝えしたいこと>

・糖化によってお肌のハリや弾力が失われてしまうことがあります。

・糖化を予防することで、お肌の老化を遅らせることができます。

・糖化予防で大切なのは規則正しい生活です。

 

 

1.老化の原因「糖化」を防ぐ5つのポイント

 

①糖質の摂り過ぎに気を付けましょう

糖化の主な原因は、糖質の多い食品を摂り過ぎてしまうことです。

 

注意したいのは、砂糖たっぷりの甘いおやつ、ごはん、パンなどの食品。

アルコールの飲み過ぎも気を付けましょう。

また、揚げ物も糖化を進めてしまうので、食べ過ぎないようにしたいですね。

ただし、糖分は生きていくためには必要なエネルギー源。

過度に控えると、かえってマイナスになるので要注意です。

 

a0027_000757

 

 

【食品のGI値】

糖化の予防を考える上で、GI=Glycemic Index(グリセミック・インデックス)という有名な指標があります。これは、食後血糖値の上昇度を示す指標で、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示すものです。

具体的には、食べ物を摂った2時間後までに血液中に入る糖質を測定した値で、食べ物ごとにGI値が示されています。

GI値が低い食べ物ほど血糖値の上昇が遅くなり、ゆっくりと吸収されます。

最近では、ダイエットの方法の1つとしても低GI値食品が注目されていますよね。

 

同じものを食べても人によって食後の血糖値の上り方が違いますので、絶対的なことはいえませんが、糖化を予防する考え方の1つとしてGI値を参考にして食べ物を選ぶことも良い選択肢の1つです。

 

以下に、低GI値食品、中GI値食品、高GI値食品の代表的なものをあげますので、参考にしてみてください。

 

GI値 食品名
低GI値食品

GI値:55以下

玄米、そば、ライ麦パン

やまいも、さといも、さつまいも、大豆

きのこ類、海藻類

中GI値食品

GI値:55~70

パン(全粒粉)、砂糖、じゃがいも

メロン、パイナップル

高GI値食品

GI値:70以上

白米、うどん、精製白パン

とうもろこし、ニンジン

 

 

②ベジタブルファーストを意識してみましょう

糖化が進むのは、血糖値が急激に上がる時です。

ですので、消化吸収をゆるやかにして血糖値の上昇スピードを抑える食物繊維の多い野菜、ネバネバ食品、海藻類などが糖化予防には効果的です。

このほか、ポリフェノールを含む果物や緑茶、香辛料も積極的に摂りたい食材です。

 

食事の順番のポイントとして覚えていただきたいのが「ベジタブルファースト」。

まずは野菜、その後に肉や魚などのたんぱく質、ごはんやパンは最後に食べることで糖質の吸収を抑えることができます。

食べる順番も、糖化対策の大切なポイントなのです。

 

 

pixta_4061628_S

 

 

③ストレス解消を心掛けましょう

過度のストレスがかかると、ホルモンバランスが崩れ、その結果、血糖値が上がることもあります。

入浴、ヨガ、読書や音楽など、自分なりの楽しみ方で上手にストレス解消につとめたいですね。

 

たとえば、食後、少し落ち着いたら20~30分のウォーキングなどの軽めの運動をすると、血糖値の上昇を抑えることができます。

こうした運動習慣を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

④十分な睡眠を取りましょう

睡眠中に分泌される成長ホルモンやメラトニンは、美肌づくりや健やかな体づくりには欠かせないもの。

また、老化物質といわれているAGEsの蓄積を防ぐのにも一役買っているといわれています。

毎日の良質な睡眠で、抗糖化、抗老化につとめましょう。

 

 

⑤紫外線ケアはしっかりと!

お肌の表皮の角質層にあるケラチン繊維は、紫外線によって糖化されてしまいます。

また、紫外線のダメージは、糖化と酸化をすすめるダブルパンチ!!

紫外線量が増える季節だけでなく、年間を通じて日焼け止めクリームを塗るなどの対策でしっかりとケアしたいですね。

 

紫外線の予防対策は「紫外線ダメージ、効果的に防ぐには?」をご覧ください。

 

ちなみに、ビタミンAやビタミンE、またコラーゲンなどの生成をサポートする成分が配合された基礎化粧品は、糖化予防に効果的といわれています。

エイジングケア化粧品には、こうした成分が配合された化粧品を選ぶといいでしょう。

 

 

pixta_1399228_S

 

 


2.糖化の予防とお肌の関係

 

糖化は私たちの大切なお肌にも深刻な影響をもたらせます。

お肌の真皮部分にあるコラーゲンやエラスチンが肌の弾力やハリを生み出しているのはご存知の方も多いと思います。

 

このコラーゲンもエラスチンもたんぱく質です。

 

糖化とは、「糖とたんぱく質が結びついて焦げる」ことですから、たんぱく質であるコラーゲンやエラスチンを焦がして、硬くしてしまうのです。

その結果、お肌に弾力やハリがなくなり、お肌を老化させてしまいます。

さらには、お肌が黄ばんでしまうこともあります。

 

糖化は、お肌のエイジングを加速させる原因の1つですから、糖化を予防することで、お肌の老化を遅らせることができるのです。

 

さらに大切なお話をしますと…

このコラーゲンとエラスチンをつくっているのは、真皮の線維芽細胞です。

 

最近の研究で、糖化したコラーゲンが線維芽細胞に対しても影響を与えるという研究結果が発表されているのです。

そして、その影響とは、なんと「糖化したコラーゲンが線維芽細胞を死滅させるはたらきがある」ということです。

 

線維芽細胞は、お肌にとって極めて大切な細胞です。

詳しくは「線維芽細胞とは?お肌のハリを保つエイジングケアの秘密」を参考ください。

 

糖化が、線維芽細胞に悪影響を与えるということは、非常に大きな問題です。

逆に、しっかり糖化を予防すれば、お肌を健やかで美しく保てるのです。

 

せっかく化粧品でエイジングケアをしていても、食生活や普段の生活習慣で老化を早めてしまっている恐れがあるのです。

身体の内側からも外側からもエイジングケアを心掛けたいですね。

 

是非、今回ご紹介したポイントを心掛けて「内側からのエイジングケア」のために、規則正しい生活を送ってくださいね。

 

 


3.まとめ

 

糖化のしくみから予防のポイントまで、理解していただけましたか?

やはり大切なのは、普段の規則正しい生活習慣、そして紫外線対策など、基本のエイジングケアのようですね。

ますは食事を中心に、効果的なエイジングケア化粧品で糖化しにくい生活を心掛けましょう。

 

 


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」