フェイスマッサージは、毎日のエイジングケアに必要?

あなたは、毎日のスキンケアやエイジングケアにフェイスマッサージを取り入れていますか?

フェイスマッサージは、エステサロンだけで受けるスペシャルケアではありません。エイジングケア化粧品と同じように、日常的なケアとして取り入れたいもの。今回は、エイジングケア世代こそ習慣にしたい、フェイスマッサージの方法や効用、注意点についてご紹介します。

 

エイジングケア化粧品なら、ナールスゲン配合「ナールス」

 

 

 

みなさんは、フェイスマッサージを習慣にしていますか?

  • 時間がなくて、やっていない
  • フェイスマッサージの方法がよくわからない
  • そもそも、フェイスマッサージって、必要なの?

こんなふうに感じているエイジングケア世代の人が多いかもしれませんね。

 

また、フェイスマッサージは、サロンで受けるスペシャルケアだと思っている人も。

 

でも、エイジングケア化粧品を使ったスキンケアが毎日の習慣であるように、フェイスマッサージも日常的に取り入れたいエイジングケア習慣の1つといえます。

 

ぜひ、フェイスマッサージのコツを学んで、プラスαのエイジングケアを実践しましょう!

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • フェイスマッサージは、血行の促進と老廃物のスムースな排泄でお肌のハリやツヤをキープする手段の1つです。
  • フェイスマッサージで、くすみ、たるみ、むくみなどを予防することでエイジングサインが目立つのを防ぐことができます。
  • フェイスマッサージは、3~5分の短い時間で優しく、習慣的に行うのが良い方法です。
  • 長時間の刺激が強いフェイスマッサージやリンパの流れに逆らうフェイスマッサージ、お肌の炎症がある際のフェイスマッサージはNGです。
  • ほうれい線や目の下のたるみなど肌悩みごとのフェイスマッサージもあるので、肌悩みに合わせて使い分けましょう。

 

 

1.フェイスマッサージが必要な理由とは?

 

最初に、なぜフェイスマッサージがエイジングケアにとって大切なのかを考えてみましょう。

 

お肌を健やかに保つためには、からだの内部から酸素や栄養素を取り込むことが必要です。

 

酸素や栄養素をお肌のすみずみまで届けるのは、皮膚の内側に網目のように張り巡らされた毛細血管やリンパ管の役目。また、毛細血管には、二酸化炭素などの老廃物をスムーズに排せつさせる役割もあります。

 

つまり、毛細血管も内側からのエイジングケアの大切な担い手です。

 

そんな毛細血管ですが、冷えや疲れ、加齢などで血液の流れが悪くなったりすることも。

 

毛細血管の流れが滞ってしまうと、お肌の細胞に酸素や栄養が供給されなくなるうえ、老廃物がたまってしまうことでターンオーバーは乱れがちに。
お肌がくすんだり、乾燥したりするのです。

 

これでは、エイジングケア化粧品でいくらお手入れしていても、効果を実感できないかもしれませんね。

 

血行が悪い女性

 

現代人は、ストレスや睡眠不足、喫煙などにより、血行が悪くなりやすいといわれています。

 

また、特に冷たい外気にさらされる冬は、毛細血管が収縮し、お肌の血行が悪くなりがちに。

 

ですので、血行やリンパの流れをよくするマッサージを意識的に取り入れ、スキンケア化粧品、エイジングケア化粧品では担いきれない機能を補うことが必要なのです。

 

それがフェイスマッサージに求められる役割なのです。

 

 


2.フェイスマッサージの美肌効果は?

 

フェイスマッサージを日頃のスキンケア、エイジングケアに取り入れる目的は、まずはお肌の血液循環をよくすること。

 

また、フェイスマッサージは、基本的に自分の指で「なでる」「さする」「軽く叩く」などの動作をするものなので、自分のお肌の状態を確認することにもつながります。

 

お肌がごわついていないか、たるみがないかどうかなど、自分のお肌をチェックすることは、エイジングケアにとってはとても大切ですね。

 

では、フェイスマッサージによって、具体的にどのような美肌やエイジングケアへの効果が期待できるかというと、

 

1)くすみをなくし、血色のよいお肌に

血液中に酸素が十分にあれば、お肌の色は明るいピンク色に。
一方、血行が悪くなると、酸素不足で血液の色が暗くなり、くすんで見えてしまいます。

 

こうした血行不良による「くすみ」には、フェイスマッサージが最適。

 

ツボ押しなどをプラスすれば、さらに効果的です。

 

2)たるみを予防し、フェイスラインもすっきり

太っているわけでもないのに、フェイスラインがぼやけているのは、血液やリンパの流れが滞り、老廃物がたまっているのが原因かもしれません。

 

エイジングケア世代の悩みの種である「たるみ」の予防には、お肌全体の血液循環を促し、真皮の活性化にもつながるフェイスマッサージが有効。代謝を上げることで、「しわ」の予防にもなります。

 

フェイスマッサージでしわ対策する女性

 

 

3)代謝をアップし、むくみを改善

体内の代謝循環が悪くなり、水分が滞るとむくみの原因に。前日の飲酒や塩分、水分の摂り過ぎで、朝起きた時に顔のむくみを感じるという人も多いのではないでしょうか。
フェイスマッサージには、こんな場合のむくみを予防、解消する効果もあります。

 

最近では、むくみがほうれい線の原因になることもわかってきました。
だから、フェイスマッサージは、ほうれい線対策としても効果的なのです。

 

このように、エイジングケアにとって良いことの多いフェイスマッサージとエイジングケア化粧品はセットで考えましょう。

 

 


3.フェイスマッサージで注意すべきポイントは?

 

フェイスマッサージの際に気をつけるべきポイントは、

 

1)滑りをよくして行うこと

何もつけない状態で行うと、指の摩擦によってお肌に負担がかかり、肌トラブルの原因になることも。必ずマッサージクリームや美容オイルなどを使用し、滑りをよくした状態で行うようにしましょう。

マッサージクリームを持っていない人も、手持ちの保湿クリームで代用すれば大丈夫です。

 

フェイスマッサージの準備をする女性

 

2)基本は顔の中央から外側へ

指を動かす基本の動作は、部位ごとに顔の中央から外側に向かって、くるくるとらせんを描くように行うのがポイント。

 

頬は、あご先から耳の下、口角から耳の付け根、小鼻の脇からこめかみまでというように、少しずつ分けて行うといいでしょう。

 

3)やさしく、ゆっくり行うこと

マッサージの際は、力を入れないことが大切です。手の指全体を使い、やさしく包み込むように行いましょう。
目の周りなどの繊細な部分は、中指と薬指を使うこと。
人差し指は、自然と力が入ってしまうので、注意が必要です。
また、脈拍と同じくらいの、ゆっくりとしたテンポで行うこともポイントです。

 

4)短い時間で毎日行うこと

フェイスマッサージは、時間をかけすぎるとお肌に負担がかかることも。
週に1回念入りに行うフェイスマッサージよりも、短い時間でも毎日続けましょう。

 

その方がエイジングケアにも効果的。フェイスマッサージにかける時間は、お顔全体で3~5分くらいで十分です。

 

フェイスマッサージも、エイジングケアと同様、習慣にすることが大切ですね。

 

 


4.フェイスマッサージの上手な取り入れ方は?

 

フェイスマッサージを毎日のエイジングケア習慣にするためのコツをご紹介します。

1)入浴時を利用してフェイスマッサージ

温かいお風呂の中では、血行も促進され、リラックス効果も高まりますね。

 

お風呂でリラックスする女性

 

夜は、お風呂でメイクを落としながらフェイスマッサージするといいでしょう。

 

洗い流すタイプのマッサージ兼用クレンジング剤なら、お風呂で手軽に使えて便利。

 

クレンジング剤の中には、ノーメイクの時にもマッサージクリームとして使えるものもありますが、それらを使う場合は、お肌の負担を考えると1〜2分で済ませましょう。

 

2)エイジングケアタイムを利用する

朝晩、美溶液や保湿クリームなどのエイジングケア化粧品を使う時、よりていねいにお肌になじませることもフェイスマッサージの一環です。

エイジングケア化粧品成分がよりお肌に浸透するように、くるくるとらせんを描いたり、トントンと指先でタッピングしてなじませていく動作は、お肌全体のマッサージでもあります。

 

このように、化粧品のつけ方を見直してみるだけでも、ちょっとしたマッサージになりますね。

 

 


5.こんなやり方、こんなとき、フェイスマッサージはNG

 

フェイスマッサージは、正しくやれば美肌に効果的。

 

でも誤った方法で行ったり、やるべきでない場合にフェイスマッサージを行えば、肌悩みや肌老化の原因になってしまいます。

 

ひどい場合なら、本来、お肌の疲れを癒して、いつまでも若々しい素肌を手に入れるはずが、大きなトラブルになることもあります。

 

こんな方法のフェイスマッサージやこんな場合は避けて欲しいケースをご紹介します。

 

1)長時間のフェイスマッサージ

先ほどもお伝えしましたが、フェイスマッサージは3~5分程度をめどに、毎日、短時間行うことが大切です。

10分を超える長い時間のフェイスマッサージは、お肌の負担が大きくなってしまいます。

やりすぎて真皮にまでダメージを与え、コラーゲンエラスチンに悪影響を与えることにもなりかねません。

くれぐれも長い時間のフェイスマッサージは避けましょう。

 

2)強い力のフェイスマッサージ

フェイスマッサージは肌の負担にならない強さで行うことが基本です。

しかし、顔のパーツで皮膚の薄さが違うので、多少の強弱が必要です。

顔の中では、目元や口もとのお肌は特に薄いので、力を入れて行うのは厳禁です。

このパーツのお肌が傷つけば、しわが目立ってしまうリスクも高くなります。

 

3)摩擦の多いフェイスマッサージ

強く擦るフェイスマッサージももちろんNGです。

保湿力の高いフェイスクリームであっても滑りが悪くなる前に足してフェイスマッサージを行いましょう。

 

4)リンパの流れに逆らうフェイスマッサージ

リンパの流れと逆方向のフェイスマッサージもNG。

リンパの流れに沿って、老廃物を流すはずが、逆の溜めてしまう行為になってしまいます。

 

5)肌荒れや炎症がある場合

肌の炎症がある場合や肌荒れがある場合は、フェイスマッサージを控えましょう。

炎症がひどい場合などは、皮膚科などを受診して、そちらを治療することが大切です。

軽い肌荒れや大人ニキビなどの場合でも、そのパーツは避けてフェイスマッサージを行いましょう。

 

 


6.肌悩み別のフェイスマッサージ

 

1)ほうれい線予防のためのフェイスマッサージ

ほうれい線の原因の1つは、表情筋の衰えです。

表情筋は、血行が悪くなるとコリが起こります。

そこで、フェイスマッサージを取り入れることも、ほうれい線の表情筋対策の1つとなります。

 

詳しくは、「ほうれい線の表情筋対策を考える」の「3.ほうれい線のために表情筋対策の実際」をご覧ください。

 

2)目の下のたるみ予防のフェイスマッサージ

目元をマッサージすることで、血行を促進させれば目の下のたるみの予防や目の下のくま(青クマ)の改善が期待できます。

 

目の下をはじめ目の周りは、お顔の中でも特にデリケートなのでフェイスマッサージは特に優しく行うことが大切です。

 

目の下のフェイスマッサージは専用クリームなどを使って、お肌を滑らかにすることがベターです。

 

きつく擦ったりすれば、メラニンの沈着を起こして茶グマの原因になるリスクもあるので、くれぐれも慎重に行いましょう。

 

目の周りのマッサージの手順は、次を参考にしてください。

 

①まず、おでこからこめかみをマッサージ

両手の人差指、中指、薬指をおでこにあてます。両手の薬指がおでこの中央に来るように置いて、気持ちよく感じる程度の力を入れて両サイドへマッサージを行って、こめかみまで移動します。

 

②目尻から目頭までマッサージ

両手の中指の腹を左右の目尻に当てます。

目尻から目頭に向かって、目の下の骨の縁を優しくなぞります。

続いて、目頭から目の上のまぶたの内側にある骨の縁を優しくなぞります。

 

これを3~4回繰り返せば、1セットです。

 

③目の下のツボ押し

目の周りには、いくつかのツボがありますが、ここでは目の下にある3つのツボ「救後(きゅうご)」、「承泣(しょうきゅう)」、「下清明(かせいめい)」があります。

 

これら3つのツボを押すことで、目の下のたるみの予防や改善につながります。

 

詳しくは、「目の下のたるみの解消!すべてが学べる7つのポイント」の「4. 目の下のたるみの解消法は?」をご覧ください。

 

 


7.まとめ

 

フェイスマッサージは、特別な美容法ではなく、日常のスキンケア、エイジングケアの中に取り入れやすいことがおわかりいただけましたか?

 

血行やリンパの循環をよくし、リラックス効果も期待できるフェイスマッサージは、エイジングケア化粧品の効果をいかすことにもつながります。

 

エイジングケア世代のみなさんには、ぜひ、毎日の習慣にすることをおすすめします!

 

 

関連記事

スマホ習慣がたるみやシワ、老け顔の原因!美肌への影響とは?

続きを読む

美肌は、睡眠中のホルモンによってつくられるってホント!?

続きを読む

笑いが美肌をもたらす?エイジングケア効果とアンチエイジング

続きを読む

夜寝る前のエイジングケアと質の高い睡眠でハリ・ツヤ美肌!

続きを読む

肌疲労は、美肌の敵!エイジングケアとリラックスで改善!

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」