エイジングケアって、いつから(何歳から)始めればいいの?

エイジングケアをはじめた女性

「エイジングケアって、いつから(何歳から)始めればいいの?」は、20代後半や30代前半の女性にとっての大きな関心事の1つ。

「そのためのエイジングケア化粧品ってどう選べばよいの?」なども気になりますね。

この記事は、そんな女性のお声に応えるための記事です。

この記事を読めば、エイジングケアの進め方がわかり、いつまでも美しい素肌でいるための基本的な知識が身に付きます。

初めてのエイジングケアなら、ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

1.わたしはエイジングケアが必要?

エイジングケアを行う女性

「私は、まだ20代なので、エイジングケアは関係ない!」

「35歳、そろそろエイジングケアを始めようかしら・・・」

「私はもう60代なので、今さらエイジングケアを始めたって遅いのでは?」

など、エイジングケアに関する女性の声を聞くことがあります。

「エイジングケア」と言う言葉が、市民権を得た今、「エイジングケアをいつから始めればいいの?」ということは、

多くの女性が知りたいことではないでしょうか?

答えを言ってしまえば、「今でしょ!」ということになります。

簡単な答えですね!

この記事では”今から”その理由を説明します。

また、一般的なエイジングとお肌の老化の指標からも、エイジングケアを始める時期や年齢について考えてみます。

「エイジングケアを始めたい!」

「エイジングケアを始める年齢を知りたい!」

「私は、本当に、エイジングケアが必要なの?」

とお考えの方は、ぜひ、続きをお読みください。

なお、エイジングケア化粧品をいつから、どのような考え方で使えばよいかを知りたい方は、この記事の「3.エイジングケア化粧品はいつから(何歳から)使えば良いの?」をお読みください。

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 20代以上の多くの方がエイジングケアに興味を持ち、取り組んでいますが、その知識は不十分です。
  • エイジングケアの一般的な定義は、「年齢に応じたお肌のお手入れ」であって、「若返り」の意味ではありません。
  • エイジングケアを化粧品によるスキンケアだけではなく、日常生活も含めて広くとらえれば、始める時期は「今」、つまりいつでもよいのです。
  • スキンケアでもエイジングケアでも、大切なのは紫外線対策、保湿、洗顔の3つです。
  • エイジングケア化粧品は、老化を防ぐものではなく、期待できるのはあくまで予防的なはたらきです。
  • エイジングケア化粧品を使い始めるタイミングに決まりはありませんが、エイジングサインが目立ち始める前、30歳前後くらいを1つの目安にしましょう。
  • しかし、20代でもエイジングケアを意識したスキンケアは大切です。

2.アンケートからわかったエイジングケアの知識と悩み

エイジングによる悩みの発見

私たちは、ナールスエイジングケアアカデミーで、2015年10月~11月にかけ、エイジングケアに関するアンケート調査を行いました。

その結果の詳細は、『エイジングケア アカデミー』充実のためのアンケート 調査結果にあります。

調査は、20代、30代、40代、50代、60代以上の女性に分けて行いました。

そこからわかったことは、

  • 30代以上の女性はもちろん、20代からエイジングケアの必要性を感じている
  • エイジングケアの必要性を感じても、半数近くは、どうやればよいかわかならい
  • 20代以上では、90%以上の人がエイジングケアの知識不足を感じている

ということでした。

要は、エイジングケアを実践されている方々は、本当のところはよくわからないまま行っているということではないでしょうか?

これは、エイジングケアという言葉が出てきた背景や定義などにも関係していると思います。

また、お肌の悩みとしては、たるみほうれい線毛穴しみしわの順に高くなっていました。

これらは、おおむね30代前後から気になる肌老化肌悩みで、エイジングサインと呼ばれます。

こうしたエイジングサインにエイジングケア化粧品を使っておられる方が多いのですが、おそらくはエイジングケア化粧品に対する知識も不十分なままに、お使いなのではないでしょうか?

エイジングケアアカデミーでは、エイジングケアやエイジングケア化粧品について幅広い情報を提供しています。

この記事では、「エイジングケアって、いつから(何歳から)始めればいいの?」という点にフォーカスをして考えてみます。

また、エイジングケアアカデミー内にたくさんあるエイジングケア化粧品の選び方の記事をご紹介します。


3.一般的なエイジングケアの定義と私たちの考え方

エイジングケアアカデミーのエイジングケアに対する考え方

まず、エイジングケア化粧品で言うところの「エイジングケア」=「年齢に応じたお肌のお手入れ」であることを、本サイトのトップページの後半部分に記載している記事「エイジングケアを正しく理解しよう!」で説明しています。

化粧品はエイジングケア化粧品であっても、老化に対抗することはできないため、アンチエイジングという言葉が使えません。

また、エイジングケアという言葉も、化粧品の広告用で使うために化粧品の定義の範囲でしか使えないのです。

そこで、「スキンケア化粧品による年齢に応じたお手入れ」と注釈を入れて、「エイジングケア」と表現すれば薬機法(旧 薬事法)上許されることから、多くの化粧品の広告に「エイジングケア」が使われるようになりました。

そんな成り立ちについては、一般の方はご存じないため、アンチエイジングとエイジングケアの意味の違いがわかりにくいのではないでしょうか。

また、エイジングケアを「スキンケア」の範囲だけの言葉として使うことで、お肌が健やかで若々しい状態でいることについての情報の範囲が狭まってしまいます。

なぜなら、お肌も身体の一部である以上、化粧品やスキンケアだけで老化を予防することはできないからです。

私たちは、エイジングケアを、単なる「化粧品によるケア」だけではなく、それ以外の心身のケアを含めた広い範囲で考えています。

つまり、「ゆっくりと健やかに歳をとれるように、身体やお肌のことを考えた生活を続けること」を「エイジングケア」ととらえています。

これは、化粧品の広告で使う「エイジングケア」の意味を広げた解釈です。

だから、エイジングケア化粧品によるお手入れは、エイジングケアの一部でしかないのです。

そんなエイジングケアをいつ(何歳)から始めればよいのでしょうか?


4.エイジングケアをいつ(何歳)から始める?

エイジングケアを始める年齢について考える女性

1)エイジングケアを始めるのに、早すぎるタイミングはあるの?

「最近、どうも “しわ” が目立ってきたのでは・・・?」

「去年はなかった “しみ” が、今年は気になる・・・」

こんな経験は多くの女性にあるでしょうし、目で見て気になることがあってから、エイジングケアを考える方も多いのではないでしょうか?

しかし、こうしたエイジングサインの前兆は、自分で気付く前から始まっています。

日々の生活習慣や誤ったスキンケアが原因で、知らず知らずのうちに、エイジングを進行させてしまっているケースがあるのです。

  • 喫煙習慣
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 過度なストレス
  • 食べすぎ、飲みすぎ
  • 洗いすぎ、擦りすぎ、流しすぎなどの間違った洗顔
  • 不十分な紫外線対策

などは、お肌のバリア機能を弱め、ターンオーバーを乱します。

また、これらは、お肌の乾燥酸化糖化の原因となる生活習慣です。

その結果、お肌の老化を早め、しわやしみといったエイジングサインが目立つことを、早めてしまうのです。

この中でスキンケアと関係があるのは、洗顔紫外線対策ですが、これらには、スキンケア製品は必要ですが、特に高価なエイジングケア化粧品が必要であることもありません。

エイジングケアを意識しなくてもスキンケアの大切な要素です。

エイジングケアのポイントは、それを意識するかどうかは別として、年齢に関係なく、正しい生活習慣や正しいスキンケアを実践し続けることです。

もし、悪い生活習慣があるなら、今すぐやめるべきですし、間違ったスキンケアに気付いたら、すぐに改めるべきですね?

だから、「エイジングケアを始めるのはいつ(何歳)?」と聞かれれば、答えは「今」なのです。

つまり、その必要性を感じた時が、エイジングケアを始めるタイミングなのです。

なお、エイジングケア化粧品より大切な生活習慣については、「エイジングケアより大切な日常の生活習慣で肌老化の予防を!」をご覧ください。

2)エイジングケアを始めるのに、もう手遅れということはあるの?

エイジングケアに悩む女性

逆に、すでにしわやしみが目立ってしまってからでは、もう遅いのでしょうか?

そんなことはありません。

もちろん、長年、スキンケアやエイジングケアを怠っていれば、肌老化は進みます。

こうなると、生活習慣や一般的なスキンケアに加えて、エイジングケア化粧品の助けを借りたり、美容医療の助けを借りることが必要な場合もありますが、お肌の老化を遅らせたり、エイジングサインを目立たないようにすることは可能です。

「もう遅い」とあきらめるより、前向きに考えてエイジングケアに取り組むことで、気持ちも前向きになることは、心身の健康にもお肌にもよいことだと思います。

このように考えると、エイジングケアを始める年齢は、10代あっても60代、70代であっても、「今です」が答えなのです。

3)スキンケア以外のエイジングケアで最も大切なこと

この中でも、食生活は子供の頃からの積み重ねなので、特に大切です。

You are what you eat.

という英語のことわざがあります。

直訳すると、「あなたは、あなたが食べる物そのものです。」と言う意味ですが、これは食べ物の大切さを伝えています。

身体をつくる根源である食べ物

お肌の表皮真皮などの多くは、たんぱく質でできています。

コラーゲンエラスチンもたんぱく質です。

人の生活に欠かせない酵素もたんぱく質です。

皮脂の30%は油分ですから、もちろん、脂肪も必要です。

また、活性酸素を無力化するには、ビタミン類も大切です。

つまり、お肌にとって必要な要素は、ほとんどが食べ物を通して体内で代謝されて利用されるのです。

この当たり前のことを考えると、極論すれば、エイジングケアは生まれた時から必要であるとも言えるのです。

エイジングケアと食べ物については、「美肌をもたらす食べ物と飲み物は?その種類から栄養素まで」や「美肌のための食事のとり方とアンチエイジングへの効果は?」をご覧ください。

4)スキンケアで大切な3つのこと

では、スキンケアでのエイジングケアを考える際に、大切なことは何でしょうか?

エイジングを進行させる大きな問題は、紫外線です。

紫外線の対策をする女性

先ほども、紫外線対策がエイジングケアの基本であることに触れましたが、特にオゾン層が破壊されつつある今、紫外線対策は若いときから必要です。

たとえ、子供でも屋外で活動する時間が長い場合は、帽子や衣服などを含めた紫外線ケアを実践することが、エイジングケアになりえます。

もう1つ大切なのは、保湿です。

人の成人の60%は水分でできていますし、健やかな素肌は、十分に保湿されて潤った肌です。

そんなお肌の角質層には、健康なお肌なら20%~30%程度の水分が含まれます。

この状態が崩れて水分量が減るとお肌は乾燥し、乾燥肌が原因となるさまざまな肌悩みが目立つリスクが高まります。

だから、お肌の保湿はとても大切で、乾燥肌対策をしっかり行うことが大切なのです。

もう1つ、スキンケアとの関係で大切なことは、何でしょうか?

それは、お肌を清潔に保つこと。顔の場合は「洗顔」です。

洗顔はスキンケアの一部でもありますが、もはやスキンケアの域を超えて、私たちの日常生活の習慣ともいえますね。

この3つがスキンケアの基本であり、エイジングケアにとっても大切なのです。

この点については、「エイジングケアで本当に大切なのは紫外線対策と保湿と洗顔」をご覧ください。

このように、エイジングケアは、日々の生活とスキンケアの中で考えるものであり、日々の生活習慣と一体化して考えるべきものです。

したがって、エイジングケアを始める時期は、自分がそれを意識した瞬間なのです。


5.エイジングケア化粧品はいつから(何歳から)使えばよいの?

エイジングケア化粧品を何歳から使うか考える女性

エイジングケア化粧品を使い始める年齢に決まりはありません。

また、お肌の老化の状況も人それぞれですから、その答えは一人ひとりで違ってきます。

さらに、「エイジングケア」と冠のない化粧品であっても、スキンケアによるエイジングケアは可能です。

では、具体的にどう考えればよいのでしょうか?

1)25歳はお肌の曲がり角は、本当?

私たちは、お肌の老化、つまり、エイジングを目に見える形であらわす指標として、エイジングインデックスというものを考えました。

それは、「ターンオーバー」「エストロゲンの量」、「お肌の水分量」、「皮脂の量」、「セラミドの量」、「コラーゲンの量」、「エラスチンの量」、「ヒアルロン酸の量」の8つを年齢別で指標化したものです

詳しくは、「年代別エイジングケアの道標「エイジングインデックス」とは?」をお読みいただければと思いますが、ここでは20歳から30歳までにお肌がどう変わるかをみてみます。

20歳では、すべての指標が最も高い水準にあります。

しかし、25歳になるとセラミド、コラーゲン、エラスチンなどが少しずつ減りはじめ、他の指標も少し老化へと向かっていくことがわかります。

さらに、30歳ではコラーゲン、エラスチンの減少は顕著になり、お肌の水分量や皮脂量も減っていることがわかります。

20歳のエイジングインデックス

25歳エイジングインデックス

30歳のエイジングインデックス

こうしてエイジングインデックスで見ても、昔から言われている「25歳はお肌の曲がり角」は、正しいようです。

25歳では、まだエイジングサインで悩むことは少ないと思いますが、お肌の内側では目に見えない変化は始まっています。

その点では、25歳からはエイジングケアを強く意識した方がよさそうです。

もちろん、「25歳からエイジングケア化粧品を使え!」と言う意味ではありません。

この年代から、「日常生活に加えて、保湿、紫外線対策、洗顔というエイジングケアの基本を強く意識しましょう」という意味です。

2)エイジングケア化粧品はいつから使うのか?

では、何歳からエイジングケア化粧品を使えばよいか?

目安としては、30歳前後ではないでしょうか?

もちろん、20代でもエイジングケア化粧品を使ってもよいですし、40代だからと言って、必ずしも使う必要はありません。

例えば、若いころから活発に外でスポーツをする機会の多い方や紫外線ケアが不十分だと感じる方は、20代からエイジングケア化粧品を使うことをオススメします。

一方、洗顔、紫外線対策、保湿が十分で、お肌が健やかな状態をキープできているなら、何歳でも今お使いの化粧品で十分な方もいるでしょう。

ただ、そんな方でもエイジングケア化粧品を使う意義はあります。

1つには、この時期から肌悩みが目に見えてくる場合がありますが、できればエイジングサインが目立つ前からエイジングケア化粧品を使うことで、よりエイジングケアを意識することができるから。

もう1つは、エイジングケア化粧品には、機能性の高い成分が配合されるケースが多く、それが肌悩みの予防や改善に期待できるからです。

エイジングケア化粧品を選び、使う際に意識していただきたいことは、

  • ターンオーバーの正常化に役立つ
  • バリア機能の維持に役立つ
  • 抗酸化に役立つ
  • コラーゲンやエラスチンなどのサポートに役立つ
  • 刺激が少ないこと

などです。

30代で初めてエイジングケア化粧品を使う方は、ぜひ、「30代、初めてのエイジングケア化粧品。知らないと損する真実!」も参考にしてください。

3)エイジングケア化粧品の選び方

では、そんなエイジングケア化粧品の選び方は?という疑問が沸いてきますね?

エイジングケア化粧品の選び方の基本的な考え方は、「エイジングケア化粧品の効果とその選び方は、7ステップで!」をご覧ください。

また、40代や50代のエイジングケア化粧品の選び方は、「40代だからこそ考えたいエイジングケアと化粧品の選び方!」や「50代のエイジングケアと化粧品の選び方と大切な7つの真実!」を参考にしてください。

さらに、エイジングケアアカデミーでは、化粧水、美容液、保湿クリームの選び方やお肌の悩み別のエイジングケア化粧品の選び方などたくさん掲載しています。

どんなタイプの化粧品を使いたいか?自分の肌悩みは何かによって、下記の記事を参考にしてください。

①エイジングケア化粧品全般について

しわ対策のエイジングケア化粧品の選び方と使い方

ほうれい線を解消したい!エイジングケア化粧品選びのコツ

敏感肌化粧品の選び方 ランキングやイメージでは危ない!

セラミドは肌の保湿力の鍵!その秘密と化粧品の選び方

ノンアルコール化粧品って、本当はどんな化粧品?

コラーゲン化粧品ってたくさんあるけど、エイジングケアに大切?

②化粧水について

化粧水ランキングを超える!エイジングケア化粧水の選び方

ビタミンC誘導体化粧水の選び方~エイジングケアの視点から~

ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)化粧水の選び方とオススメ

30代~40代でほうれい線を消す?エイジングケア化粧水の選び方!

50代からのほうれい線ケアの化粧水の選び方の秘密って?

美白化粧水の選び方にランキングは必要?

敏感肌化粧水の選び方は、ランキングより正しい知識で!

アルコールフリー化粧水のエイジングケアで失敗しない選び方の秘密

セラミド化粧水は効果的?ランキングではわからない選び方

メンズ(男性)も化粧水を使う時代!ランキングに頼らない選び方

③美容液について

美容液ランキングではわからない「エイジングケア美容液」の選び方 7つの秘密

目元美容液の選び方。ランキングよりエイジングケアの知識で!

しわ美容液のランキングに頼らない選び方の秘訣

ほうれい線対策美容液の選び方。5つの視点とは?

たるみ毛穴を改善するオススメの美容液の選び方と使い方

④保湿クリームについて

保湿クリームランキングを超える!保湿クリームの正しい選び方

しわ取りクリームは、本当にシワに効く?その選び方と使い方

ほうれい線対策の保湿クリームの本当に正しい選び方とは?

セラミドクリームの口コミやランキングに頼らない選び方

⑤フェイスマスク

フェイスマスクの選び方とオススメ・ランキングの関係は?

⑥洗顔料・クレンジング

酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方

クレンジングの効果アップ!メイク落としの選び方と使い方

4)エイジングケアにオススメのエイジングケア化粧品成分

エイジンゲケア化粧品成分

エイジングケアを始めるにあたり、エイジングケア化粧品を選ぶ際は、肌悩みで考えることが基本ですが、まだ、目立ったエイジングサインがないという場合には、1成分でたくさんのはたらきのあるエイジングケア化粧品成分が配合されたエイジングケア化粧品がオススメです。

そんなオススメのエイジングケア化粧品成分は、ナールスゲン、ビタミンC誘導体、プロテオグリカンです。

なぜなら、この3つはエイジングケアにとってありがたい効果をたくさんもっているからです。

これらははたらき方が違うので、3つとも配合されたエイジングケア化粧品は特にオススメです。

①ナールスゲン

ナールスゲンには、

  • 保湿効果
  • コラーゲン、エラスチン、HSP47を増やす作用
  • 表皮のグルタチオンを増やす(抗酸化作用)
  • ビタミンC誘導体との相乗効果によってそれぞれ単独で使うよりもコラーゲンをより増やす効果
  • 線維芽細胞への紫外線のダメージを軽減することで光老化を遅らせる効果

があります。

詳しくは、「ナールスゲン 京都大学発エイジングケア化粧品成分の10の秘密」をご覧ください。

②ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には、

  • コラーゲンを増やす効果
  • メラニン色素の生成を抑制する効果
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 皮脂分泌抑制
  • セラミド合成の促進効果

があります。

ビタミンC誘導体には、化粧水や美容液に配合するのに適した水溶性ビタミンC誘導体と保湿クリームに配合するのに適した油溶性ビタミンC誘導体があります。

詳しくは、「水溶性ビタミンC誘導体の種類・特徴と効果的な使い方は?」や「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、油溶性ビタミンC」をご覧ください。

③プロテオグリカン

プロテオグリカンには、

  • 優れた保湿効果
  • コラーゲンを増やすはたらき
  • ヒアルロン酸を増やすはたらき
  • EGF様作用
  • 抗酸化作用

などがあります。

詳しくは、「プロテオグリカンの効果は保湿とエイジングケア化粧品の要!」をご覧ください。


6.まとめ

エイジングケアのまとめ

「エイジングケアっていつから(何歳から)始めればいいの?」についての、「答え」を出すための考え方をご理解いただけましたか?

また、エイジングケア化粧品をいつから(何歳から)使えばよいかの考え方もご理解いただけましたでしょうか?

さらには、エイジングケア化粧品の選び方についても、さまざまな記事を紹介しています。

エイジングケアを始めるタイミングは、「今」であること知り、日々、健やかで美しいお肌を維持していただければ幸いです。

関連記事

エイジングケア化粧品を使う場合も効果的!プラセボとは?

続きを読む

お肌の透明感を出すエイジングケアは、化粧品で保湿が大切?

続きを読む

肌荒れの敵、便秘を知りましょう!

続きを読む

『エイジングケア アカデミー』充実のためのアンケート 調査結果

続きを読む

本当!エイジングケア化粧品成分の浸透は、美顔器を使えば良い?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」