酵素洗顔活用法!40代や50代からのエイジングケアのために

酵素洗顔泡

あなたは、もしかして40代あるいは50代で初めて酵素洗顔を使おうと思われていますか?

酵素洗顔と言えば、20代や30代の洗顔と考えている方もいますが、上手に使えば40代や50代のエイジングケアにも使えます。

 

でも40代や50代以降の酵素洗顔は、慎重さが大切。

正しい方法で行わないと肌トラブルになってしまうこともあります。

 

この記事では、40代や50代のエイジングケアに対する酵素洗顔の取り入れ方をご紹介します。

エイジングケアに酵素洗顔を取り入れたい方は、ぜひ、チェックしてくださいね。

 

先に、40代や50代のための酵素洗顔パウダーをチェックしたい方はこちら

天然パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」

 

ただいま、無料でサンプルプレゼント中!

 

洗顔カルテ用バナー

 

 

0.はじめに

 

40代、50代の方、あるいは60代以上で、朝晩ていねいに洗顔をしていても、なぜかお肌のゴワゴワが気になることってありませんか?

また、保湿はしっかりしているつもりだけど、なぜか、お肌がくすみがち、というお悩みもよく聞きます。

 

そんなお肌には、酵素洗顔を試してみてもよいかもしれません。

 

通常の洗顔では落としきれない、余分な角質や角栓、お肌の汚れを分解してくれる酵素洗顔料。

その多くは、酵素洗顔パウダーです。

 

そんな酵素洗顔パウダーは、ターンオーバー遅くなった40代~50代のくすみ角質肥厚が気になるお肌のエイジングケアに取り入れてほしい基礎化粧品の1つです。

 

 

酵素洗顔をする女性

 

今回は、年齢を重ねたお肌に効果的なエイジングケアとして、酵素洗顔の上手な取り入れ方をご紹介します。

 

美しく健やかな素肌を保つためには、ターンオーバーの機能を正常にはたらかせ、余分な角質や毛穴の汚れなどをお肌の表面に残しておかないことが大切です。

 

しかし、お肌の状態は年齢とともに変化し、ターンオーバーの周期も年齢を重ねるほどに伸びてしまいます。

すると、お肌の表面に不要な角質が長く留まるようになり、くすみやごわつき、お肌の乾燥といった、エイジングケア世代ならではの肌トラブルがあらわれることに…。

 

そんなお肌にとって、効果的なエイジングケアの1つが酵素洗顔です。

酵素洗顔は、酵素の持つ「たんぱく質や脂肪を分解する」はたらきによって、古い角質や角栓、余分な皮脂を取り除いてくれる洗顔のこと。

ターンオーバーが遅くなり、不要な角質や角栓、毛穴の黒ずみや開き、詰まりなどが目立つ40代以上の方が使うことによって、エイジングケアにプラスにはたらきます。

 

しかし、エイジングケア世代が酵素洗顔を使う場合には、気を付けておきたい注意点がいくつかあります。

酵素洗顔のメリットを最大限に活用し、日々のエイジングケアに上手に取り入れていただくために、是非、読み進めてくださいね。

 

酵素や酵素洗顔の基本情報については、

酵素洗顔とパウダーを学ぶ!ランキング無用の正しいエイジングケア」を参考にしてください。

 

また、洗顔全般については、

洗顔の正しい知識でランキング不要のオススメの洗顔料の選び方」をご覧ください。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 酵素洗顔は、20代、30代の若い世代だけではなく、40代、50代のエイジングケアの一環としても活用が可能です。
  • ただし、ターンオーバーが遅くなっている場合に限って活用しましょう。
  • 酵素洗顔は、肌質やお肌の状態を考えて使うことが大切です。
  • 40代からの酵素洗顔は、できるだけ刺激の少ないものを選びましょう。
  • 酵素洗顔と同時に、紫外線対策と保湿もしっかり行いましょう。

 

 


1.40代、50のエイジングケア世代が、酵素洗顔を取り入れる理由は?

 

酵素洗顔の前に、「酵素」について簡単に説明します。

 

 

酵素のイメージ図

 

 

そもそも「酵素」とは、物質を分解するはたらきを持ち、人間の身体で起こる化学反応に対して機能するもののことをいいます。

 

酵素と聞くと、「消化酵素」を思い浮かべる人も多いと思いますが、食べ物を消化吸収するばかりでなく、呼吸をしたり、筋肉を動かしたりという、生命活動に関与する大切なものです。

 

酵素洗顔とは、お肌表面のたんぱく質や脂肪などを分解する酵素を配合した洗顔料で洗顔する方法のこと。

 

お肌の角質や角栓は、70%がケラチンというたんぱく質、30%が皮脂で構成されています。

そのため、通常の洗顔で皮脂は洗い流せても、たんぱく質、つまり古くなった角質が残ったままになり、くすみや毛穴の黒ずみなどの原因になってしまいます。

お肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われていれば、古い角質もきちんとはがれ、角質は常に一定の厚さで健やかな状態を保つことができます。

 

しかし加齢、紫外線、乾燥、ストレスなどの要素が加わることによって、ターンオーバーは乱れがちに...。

 

20代のお肌は、一般的に28日周期で生まれ変わりますが、年齢とともに新陳代謝が低下する40代では40日~60日、50代なら60日以上かかるともいわれています。

 

 

20歳のエイジングインデックス

 

40歳のエイジングインデックス

 

50代のエイジングインデックス

 

 

上の図のように40代を超えると、目立ってターンオーバーが遅くなり、お肌の表面に古い角質が長く留まるようになると、くすみだけでなく、シミ小じわ、お肌のごわつき、乾燥が改善しないなど、さまざまな肌トラブル、エイジングサインを引き起こしてしまうのです。

 

また、くすみが気になり出すと、美白成分配合のエイジングケア化粧品を使う方も多いと思いますが、くすみの原因が上記のような角質肥厚の場合では、せっかくの美白成分も古い角質がじゃまをしてお肌の奥に入っていかず、くすみの改善にはつながりません。

 

つまり、美白化粧品であってもエイジングケア化粧品であっても、それを使う前のクレンジングや洗顔がうまくできていなければ、効果が発揮できないのです。

 

40代以上の方で、「美白化粧品やエイジングケア化粧品で、イマイチ、くすみが取れない」と感じられている方は、古い角質が溜まっているせいかもしれません。

 

 

お肌のくすみを気にする女性

 

 

そんな場合は、古い角質を取り除く酵素洗顔を試してみてはいかがでしょうか?

上手に使用すれば、滞りがちなエイジングケア世代のターンオーバーも改善が期待できます。

 

なお、ターンオーバー以外にも年齢を重ねるとお肌のさまざまな指標が低下します。

それについては、「年代別エイジングケアの道標「エイジングインデックス」とは?」を参考にしてください。

 

酵素洗顔の効果について、詳しくはこちらです。

酵素洗顔とパウダーを学ぶ!ランキング無用の正しいエイジングケア

毛穴の黒ずみ解消するには?酵素洗顔で正しいエイジングケア

脂性肌を改善したい!酵素洗顔の方法と選び方のコツとは?

毛穴の黒ずみ解消するには?酵素洗顔で正しいエイジングケア

酵素洗顔は、大人ニキビに使ってよいの?悪いの?

角栓を取るための酵素洗顔のメリットとデメリットとは?

 

 

一方、ターンオーバーが早くなりすぎている場合は、酵素洗顔は使わない方がベターです。

特に、40代以上の方の場合は、お肌が刺激に弱くなっています。

お肌の状態によっては、酵素洗顔を使うべきでない時を見極めることも大切です。

 

インナードライ肌敏感肌、炎症のある大人ニキビ(赤ニキビ、化膿ニキビ)、肌荒れがある場合なども酵素洗顔は控えましょう。

 

 

※「ナールス フォーム」のサンプルプレゼントのお申し込みは、このバナーをクリックしてください。

 

 


2エイジングケアの視点で選ぶ酵素の種類

 

考える若い女性

 

40代や50代以上のエイジングケアで酵素洗顔を取り入れる場合は、20代、30代のとき以上に慎重になることが大切です。

なぜなら、お肌は年々、刺激に弱くなるから。

 

ここでは、酵素洗顔の「酵素」の種類や選ぶためのポイントを紹介します。

 

1)代表的な酵素の種類

酵素洗顔料に多く使われている成分はいくつかの種類があります。

代表的な酵素を簡単に紹介します。

 

①パパイン

未成熟なパパイヤ(青パパイヤ)から抽出した酵素。

パパインには、生きた細胞へははたらかず、不要な古い角質だけを分解して取り除くという、特性があります。

これは、天然酵素の中でもパパインだけに認められたはたらきで、お肌にやさしい酵素として注目されています。

 

パパインについては、

酵素洗顔で人気!パパインはエイジングケアに大切?」の記事を参考にしてください。

 

②プロテアーゼ

プロテアーゼは、もともと人間にも備わっているたんぱく質分解酵素のこと。

古い角質を分解する目的で配合されます。

 

③リパーゼ

脂肪を分解するはたらきを持ち、皮脂を分解する目的で配合されます。

 

④プロメライン

パイナップルに含まれる酵素で、たんぱく質を分解する力が強いのが特徴。

パイナップルをたくさん食べると舌がピリピリするのは、この酵素によって口の中が刺激されているからです。

 

 

おすすめの酵素について教える女性

 

 

2)エイジングケアの視点で酵素を選ぶポイント

このように、酵素にもさまざまな種類がある中、エイジングケアの視点からは、どのような成分配合の酵素洗顔料を選べばよいのでしょうか。

 

そのポイントは、40代以上のエイジングケア世代にとって「できるだけ安全であること」

つまり、不要な角質のみを分解して取り除く成分かどうかを見極めること。

 

必要な皮脂や角質は残しながらも、たんぱく質や脂肪を分解するはたらきによって、古い角質や角栓、余分な皮脂を取り除くという、酵素洗顔の目的に合った成分を選ぶようにしましょう。

 

①天然パパインはよい選択肢の1

天然パパインは、不要な角質のみにはたらく天然酵素です。

しかし、酵素洗顔料の中には人工的に作られたパパインを配合したものもあります。

合成酵素のパパインは、天然酵素のように不要なものだけにアプローチできず、お肌にとって必要な角質まで分解してしまいます。

 

お肌のバリア機能を果たしている元気な角質までなくなってしまうのは、エイジングケアにとって逆効果です。

ですから、パパインは、天然のものかどうかを確かめてから使いましょう。

天然パパインは、エイジングケアの点ではおすすめの酵素です。

 

②高濃度と多種類の酵素は避ける

一般的に40代、50代、さらには60代と年齢を重ねると、お肌は外部からの刺激を受けやすくなり、乾燥が進みやすくなります。

つまり、40代以上のエイジングが進んだお肌は、バリア機能が低下しがちなのです。

 

 

敏感肌に悩む女性

 

 

だから、お肌が弱い方の場合、かゆみや赤み、ひりひり感を生じるなど、敏感な状態になることもあります。

そのため、酵素洗顔パウダーに酵素が高濃度で入っているものや、酵素の種類が多いものは避けた方が無難です。

 

エイジング世代は、ちょっとした刺激も敏感に反応してしまうことがあるので、どのような酵素が使われているのかを、商品のホームページなどでしっかりと調べることをオススメします。

濃度までは記載していない商品も多いので、化粧品会社に確認してみることもよい方法です。

ちゃんとした化粧品会社ならしっかり回答していただけるはずなので、信頼できる会社かどうかをチェックしてみることにもつながります。

 

エイジングケア世代の酵素洗顔については、

天然パパイン配合酵素洗顔パウダーナールスフォーム」をぜひご覧ください。

40代、50代、60代の酵素洗顔パウダーとしてオススメです。

 

 


3酵素洗顔の使い方3つのポイント

 

酵素のパワーを最大限にいかし、エイジングケア効果を高めるためには、使い方にもポイントがあります。

40代や50代以上の酵素洗顔に大切な3つのポイントを紹介します。

 

 

酵素洗顔のフォーム

 

 

1酵素洗顔が必要なお肌かどうかを知ること

古くなった角質や皮脂をお肌の表面に残さず、ターンオーバーを活性化してくれる酵素洗顔ですが、もともと余分な角質や皮脂がなく、ターンオーバーも早いような肌質の人は、酵素洗顔をすると逆効果になってしまうこともあります。

 

また、酵素洗顔は、乾燥肌や敏感肌には適さないため、自分の肌質、お肌の状態をきちんと把握した上で酵素洗顔を使うようにしましょう。

 

一般的には、普通肌や脂性肌の方は酵素洗顔が適していますが、乾燥肌や乾燥性脂性肌、混合肌の方には不向きです。

 

肌質の見分け方や状態については、

肌質(お肌のタイプ)の見分け方と改善のコツ」をご覧ください。

 

2使いすぎないこと

お肌の表面の角質が取れると、お肌では次の角質が表皮の下から上にあがり、次のターンオーバーへと向かいます。

エイジングケアにとっては、遅くなっていたターンオーバーが正常に戻るのはよいのですが、毎日のように酵素洗顔をすると、必要なたんぱく質まで落としてしまい、ターンオーバーを過度に早めることになるのです。

 

早すぎるターンオーバーは、バリア機能の低下をまねき、水分を保てず乾燥したり、敏感肌に傾くことも。

また、逆にお肌を守ろうとして、皮脂を過剰に分泌するなどのトラブルにもつながります。

 

最初は週1回程度からスタートし、お肌の状態を見ながら、週3~4回を限度として適切に取り入れるようにしましょう。

お肌がかゆくなったり、ひりひりするなど、違和感がある場合には、一旦使用を控えることも大切なポイントです。

 

3保湿と紫外線対策を十分に行うこと

酵素洗顔は、お肌の表面にあった古い角質が取り除かれるので、洗顔後の基礎化粧品が浸透しやすくなります。

 

保湿の成分を肌に補う女性

 

ただし、同時に刺激にも弱くなっているので、美容液や保湿クリームなどで十分な保湿を心掛けましょう。

 

などで十分な保湿を心掛けましょう。

 

十分に保湿できないと乾燥肌の原因になってしまうこともあります。

酵素洗顔の後の保湿は、乾燥肌の予防の対策であると心得ましょう。

 

また、お肌の表面を紫外線から守り、よけいな刺激を与えないよう、紫外線対策も念入りにしておきたいですね。

 

保湿については、

お肌の保湿とは?本当にわかるスキンケアの基本と保湿成分」をご覧ください。

 

紫外線対策については、

紫外線によるエイジング「光老化」とフォトフェイシャル治療

紫外線ダメージ、効果的に防ぐには?」をご覧ください。

 

 

※「ナールス フォーム」のサンプルプレゼントのお申し込みは、このバナーをクリックしてください。

洗顔カルテ用バナー

 


4まとめ

 

40代や50代からのエイジングケア世代にとって、酵素洗顔を取り入れるメリット、またその際に気を付けておきたい点をご理解いただけましたでしょうか?

 

古い角質を取り除き、ターンオーバーを促してくれる酵素洗顔をエイジングケアの味方にするためには、

お肌に合った酵素洗顔料を選ぶとともに、正しい洗顔方法、適切な使用を守ることが大切です。

 

また、ご自身のお肌の質や状態が、40代、50代と年齢を重ねることで、どう変わっていくのかを把握しておくことも、酵素洗顔を適切に行うためには大切なことです。

正しい情報をもとに、酵素のパワーを最大限にエイジングケアにいかしましょう。

 

★ナールスブランドの酵素洗顔料

エイジングケアの第一歩は、良質な洗顔料による正しい洗顔から

天然パパイン配合の酵素洗顔パウダー ナールスフォーム

 

 

関連記事

角栓の除去はダメ!?鼻の角栓の原因と正しいエイジングケア

続きを読む

酵素洗顔の頻度はどれくらいが適切?その回数と正しい方法

続きを読む

酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方

続きを読む

春・夏・秋・冬。季節別の酵素洗顔の上手な活用法とは?

続きを読む

酵素洗顔は、大人ニキビの改善のために使って良いの?悪いの?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」