春・夏・秋・冬。季節別の酵素洗顔の上手な活用法とは?

イオン導入について考える女性

あなたは、エイジングケアやスキンケアを季節ごとに変えることで、より美肌に近づくことはご存知ですね?

肌質や肌状態に加えて、季節など外部の環境に応じてエイジングケア化粧品の使い方を工夫することはとても大切で、酵素洗顔もその1つです。

そこで、この記事では春夏秋冬の季節を意識した酵素洗顔の使い方をご紹介します。

この記事が、酵素洗顔の上手な使い方のヒントになれば幸いです。

 

天然パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」

ただいま、無料でサンプルプレゼント中!

 

洗顔カルテ用バナー

0.はじめに

 

エイジングケアアカデミーでは、酵素洗顔に関してたくさんの記事を用意してします。

酵素洗顔は、20代の若い世代向けの洗顔と思われがちですが、30代以降のエイジングケア世代の方も上手に活用すれば、美肌を目指すための洗顔方法になります。

そんな年代別の酵素洗顔については、「20代や30代の酵素洗顔!間違えば10年後に美肌から老け顔に」と「酵素洗顔活用法!40代や50代からのエイジングケアのために」に詳しく紹介しています。

 

酵素洗顔を活用する際のもう1つのポイントは、季節とお肌の関係を理解したうえで、その活用方法を考えることです。

 

そこで、この記事では、春・夏・秋・冬の季節別の酵素洗顔活用のコツをご紹介します。

 

「季節がお肌に与える影響は?」

「季節別の肌悩みで酵素洗顔がオススメの場合は?」

「季節別の肌悩みで酵素洗顔がNGの場合は?」

 

などが知りたい方は、ぜひ、続きをお読みくださいね。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 酵素洗顔とは、酵素の力によって、界面活性剤では落ちない古い角質のケアを目的とする洗顔です。
  • 酵素洗顔には、季節を問わず対応できる肌悩みとそうではない肌悩みがあります。
  • 春・夏・秋・冬の季節が与えるお肌への影響を考えて、上手に酵素洗顔を活用しましょう。
  • 春、夏には皮脂分泌が増えて、その影響で角質が酸化するので、古い角質を取るためには酵素洗顔はオススメです。
  • 秋、冬には気温が下がってターンオーバーが低下してしまいます。そのため、お肌がゴワゴワしたり、カサカサする場合には、酵素洗顔はオススメです。

1.酵素洗顔と春夏秋冬

 

酵素洗顔と春夏秋冬について説明する女性

 

1)酵素洗顔とは?

酵素洗顔は、その名の通り「酵素」を活用する洗顔です。

 

酵素には、リパーゼやプロテアーゼをはじめパパイン酵素やパイン酵素などがあります。

酵素洗顔料は、そんな酵素と界面活性剤を配合してつくられる洗顔料です。

 

なぜ、洗顔料に酵素を配合するかといえば、古い角質や角栓による汚れを落とすためです。

 

石けんをはじめとする界面活性剤は、皮脂などの油分の汚れを落とすことは得意です。

しかし、古くなった角質や毛穴に溜まった角栓などを落とすことは不得意です。

なぜなら、角質や角栓の約70%は、ケラチンという硬いたんぱく質で、界面活性剤はたんぱく質を分解するはたらきがないからです。

だから、界面活性剤に酵素を加えることで、皮脂だけではなく角質や角栓の汚れも落とすことができるようにつくったのが酵素洗顔料なのです。

 

酵素はその性質上、水にぬれると活性化しますがその活性力はすぐになくなってしまいます。

 

だから、多くの酵素洗顔料は、パウダー状なのです。

 

2)酵素洗顔を行うべき肌悩みは?

乾燥肌がさらに進んだ敏感肌インナードライ肌ではないのなら、次のようなお肌の状態の場合に酵素洗顔を試すことで、エイジングケアにもプラスにはたらき、お肌の状態がよくなる可能性があります。

 

 

3)春夏秋冬とお肌の関係

そんな酵素洗顔は、春夏秋冬のどんな季節でも使えるでしょうか?

 

答えは、「Yes」です。

 

ただし、その季節が与えるお肌への影響を理解しておくことが大切です。

日本には、四季があることで風情があり、自然の変化は、人々に大きな楽しみを与えています。

一方、スキンケアやエイジングケアでは、季節によって、気温、湿度、紫外線や花粉など刺激になる要素が変化するため、お肌はその影響を受けてしまいます。

もちろん、季節に関係なくそれぞれの方の肌質や肌状態、あるいは肌悩みなどを考えることも大切ですが、この記事では春夏秋冬の季節と酵素洗顔の活用法を考えてみます。

 

 


2.春の酵素洗顔

 

春っぽいイメージの画像

 

1)春の季節が与えるお肌への影響

3月、4月、5月。春は楽しい季節でもあり、また大変な季節でもあります。

まず、冬が終わり、気温も暖かくなってくるので、明るい気持ちにもなれます。

一方、花粉症の方にとっては恐怖の季節です。

そんな春がお肌に影響を与える主な要素は次の3つです。

 

①花粉症やほこりで肌荒れや大人ニキビに

花粉は、春のお肌に影響を与える最も大きな要素です。

春には風に乗って、花粉やほこりが地上に舞い降りてきます。

その結果、アトピー素因のある方は、花粉症の症状が目や鼻だけなくお肌にまで現れることもあります。また、花粉症ではなくても、大気の汚れやほこりなどで肌に汚れが溜まりやすいといった影響があります。 これがお肌の不調や肌荒れ、大人ニキビなどの原因になる方も多いのです。

 

さらに、バリア機能や保湿機能が低下することで、乾燥による小じわなどが目立ちことも多くなります。

 

なお、花粉症の肌荒れの予防や対策は、「花粉による肌荒れ「花粉症皮膚炎」は、治療とスキンケアで保湿」も参考にしてください。

 

②気温の急激な変化も悪影響

春は、全体には気温が上昇しますが、ちょっとしたお天気の変化で日々の気温の変化が激しいのが特徴です。

そんな急激な気温の変化に身体やお肌が対応しきれずに、肌荒れやお肌が敏感になることもあります。春に敏感肌になるゆらぎ肌は、こうした春特有の季節的な影響による場合が多いのです。

 

また、寒暖差によって、血行も悪くなってお肌のくすみが目立ってしまうこともあります。

 

③紫外線量も増えてくる!

3月、4月、5月へと進むにつれて、紫外線量が増えてきます。だから、春は冬以上に紫外線対策に取り組む季節です。

特に、5月は雨も少なく月間の紫外線の総量は夏と同じレベルになる年も。

春から夏へ進むにつれて紫外線対策を強化しましょう。

 

2)酵素洗顔は春にどう使う?

①春のお肌、こんな時は酵素洗顔がオススメ

まだ冬の乾燥の影響でお肌がゴワゴワしている時や、くすみで化粧乗りが悪いと感じる時は、酵素洗顔がオススメです。

また、皮脂分泌が増えて角質が十分落ちないと感じる場合も、酵素洗顔がオススメです。

 

なお、お肌のくすみが気になる場合の酵素洗顔については、「肌のくすみの改善に酵素洗顔の効果は?正しいエイジングケア!」をご覧ください。

 

②春のお肌、こんな時は酵素洗顔を控えましょう。

花粉症などで肌荒れを起こしたり、炎症があって刺激を感じやすい肌状態の場合は、酵素洗顔は控えましょう。

大人ニキビの場合、炎症がある場合も酵素洗顔は、NGです。

なお、春の月別スキンケアは、下記をご覧ください。

 

春が来た!2017年4月のスキンケアとエイジングケアの対策

春から夏へ!2017年5月のスキンケアとエイジングケアの対策

 

 


3.夏の酵素洗顔

 

夏の強い日差し

 

1)夏の季節が与えるお肌への影響

6月、7月、8月という夏の時期は、高温多湿で紫外線量もピークになります。

夏休みやお盆休みもあって、海や山などへのレジャーやマリンスポーツなど楽しみがたくさんある一方で、紫外線ダメージが一杯の季節。

そんな夏がお肌に影響を与える主な要素は次の3つです。

 

①紫外線量が最大の季節

夏は、紫外線A波もピークですが、紫外線B波もピークです。

紫外線が強くなることでメラニンが過剰に生成されやすく、シミやソバカスのもとになってしまう季節です。

また、長く紫外線を浴びるとコラーゲンエラスチンもダメージを受けて、肌のハリが失われます。

まずは、日焼け止めや衣類などでしっかりと紫外線対策を行いましょう。

この時期の日焼け止めは、紫外線A波を抑える指標であるPAも、紫外線B波を抑える指標であるSPFも高めのものを使いましょう。

 

②高温多湿

四季の中で、気温、湿度ともピークになるので、皮脂分泌が高まります。また外での活動時には、汗をかく機会が多くなります。

汗を大量にかけば、お肌の表皮のpHバランスや表皮常在菌の状態も乱れてしまいます。

そのため、ニキビを発症してしまうこともあります。

また、毛穴の開き、肌のべたつき、化粧くずれなども起こりやすくなります。

 

③エアコンによる乾燥

意外かもしれませんが、夏は乾燥肌で悩む女性が多い季節。

なぜなら、長時間のエアコンが乾燥肌の原因になってしまうから。

冷房で室内の気温が下がると湿度も下がるので、お肌の乾燥を促進してしまうのです。

 

また、夏の後半は肌も疲れやすく、夏老け肌にも注意しましょう。そんな夏老け肌については、「季節別エイジングケア 夏老け肌を解消するには?」をご覧ください。

 

2)酵素洗顔は夏にどう使う?

①夏のお肌、こんな時は酵素洗顔がオススメ

皮脂分泌が増えて古い角質が溜まり気味で十分落ちないと感じる場合も、酵素洗顔がオススメです。

 

特に脂性肌の方は、紫外線の影響もあってお肌が酸化しやすい季節なので、角質ケアの1つとして酵素洗顔がオススメです。

 

なお、脂性肌の方の酵素洗顔についての詳しい情報は「脂性肌を改善したい!酵素洗顔の方法と選び方のコツとは?」をご覧ください。

 

また、いちご鼻、毛穴の開き、黒ずみ、角栓が気になる場合も、酵素洗顔を試してみましょう。

 

毛穴や角栓の酵素洗顔の方法については、「毛穴の黒ずみは、酵素洗顔で解消!?正しいエイジングケアは?」や「角栓を取るための酵素洗顔のメリットとデメリットとは?」をご覧ください。

 

さらに、夏でもエアコンによる乾燥で、お肌がゴワゴワしている、化粧乗りが悪い、お肌に透明感がないなどと感じる場合は、ターンオーバーが遅くなっている可能性が高いと言えます。

そんな場合でも、酵素洗顔がオススメです。

 

酵素洗顔『ナールスフォーム』無料サンプルプレゼント中!

洗顔カルテ用バナー

 

②夏のお肌、こんな時は酵素洗顔を控えましょう

日焼けでお肌が赤くなってしまったり、炎症を起こしている場合は、酵素洗顔は控えましょう。

また、ニキビができていて赤くなっている場合、炎症がある場合も酵素洗顔は控えましょう。

 

 


4.秋の酵素洗顔

 

 

1)秋の季節が与えるお肌への影響

9月、10月、11月という秋の時期は、四季の中で最も過ごしやすい季節です。

蒸し暑かった夏から秋になって気温も徐々に低下し、食欲も高まっていくこの時期ですが、夏の疲れが身体にもお肌にも現れやすい季節。

そんな秋がお肌に影響を与える主な要素は次の3つです。

 

①夏のダメージ

秋は、夏に浴びた紫外線によるダメージがお肌に残ってしまう夏老け肌や肌疲労を起こしやすい季節です。

とくに、残暑が残る9月などに、お肌のくすみやシミが目立ってしまうこともあります。

 

③皮脂分泌の低下

気温、湿度ともに夏に比べれば下がってきます。秋は基本的にはすごしやすくお肌にも優しい季節ですが、だんだん皮脂分泌量は減っていきます。だから、皮脂膜が十分つくられなくなり、目元や口元の乾燥を感じてしますこともあります。

特に11月頃からは冬に向かう乾燥を意識して保湿を強く意識しましょう。

 

③温度差によるお肌のバランスの崩れ

春同様季節の変わり目である秋は、温度差が激しくお肌のバランスが崩れて肌荒れしたり、敏感になることもあります。

秋もゆらぎ肌になってしまうことがあるのです。

 

2)酵素洗顔は秋にどう使う?

①秋のお肌、こんな時は酵素洗顔がオススメ

秋の酵素洗顔は、春と近い使い方になります。

 

気温の低下によってターンオーバーが遅れることでお肌がくすんだり、お肌がカサカサ、ゴワゴワするときなどは酵素洗顔がオススメです。

 

②秋のお肌、こんな時は酵素洗顔を控えましょう。

肌疲労でバリア機能が低下しお肌が敏感になっていると感じる場合、肌荒れや炎症がある場合には酵素洗顔を避けましょう。

また、秋にも花粉症があるのでその影響でお肌がかゆくなる場合もあります。そんな場合も、酵素洗顔はNGです。

 

 


5.冬の酵素洗顔

 

冬の風景

 

1)冬の季節が与えるお肌への影響

12月、1月、2月という冬の時期は、気温、湿度とも四季の中で最も低いため、乾燥肌の原因になってしまいます。

だから、エイジングケアやスキンケアで保湿に最も気を使う必要が大きな季節です。

そんな冬の季節がお肌に影響を与える大きな要素は、次の3つです。

 

①湿度の低下による空気の乾燥

冬は、気温、湿度とも四季の中で最も低いため、最も乾燥する季節です。大気の乾燥によってお肌が乾燥しやすくなるのは、どなたにも経験がありますね。冬は湿度が低下することで、お肌の角質層の水分が蒸発しやすくなるのです。

 

②気温低下による体温低下

気温の低下の影響で体温も下がります。体温低下は、皮脂分泌の低下、汗の分泌の低下、血行やリンパ管の活動低下をもたらします。

これがお肌のターンオーバーの遅れをもたらたし、乾燥肌、角質肥厚、くすみ、目の下のくま(青くま)の原因になるのです。

 

③暖房による部屋の乾燥の助長

冬の乾燥肌を助長させるリスクの1つは、暖房です。体温低下を防ぐためには暖房がプラスに働きますが、部屋の空気を乾燥させて湿度を下げてしまうので、それが乾燥肌を助長するのです。

だから、加湿器を使うなど、お部屋の湿度対策が大切です。

そんなお部屋の乾燥肌対策は、「エアコンによる乾燥肌には保湿と加湿~冬を乗り切るエイジングケア~」をご覧ください。

 

2)酵素洗顔は、冬にどう使う?

①冬のお肌、こんな時は酵素洗顔がオススメ

冬に寒さでお肌が乾燥して、お肌がごわごわになっている場合、カサカサしている場合は、角質ケアの1つとして酵素洗顔がオススメです。

ただし、冬には酵素洗顔後の保湿を特にしっかり行うようにしましょう。

セラミドなどバリア機能をサポートするエイジングケア化粧品などを使いましょう。

 

②冬のお肌、こんな時は酵素洗顔を控えましょう。

他の季節と同じくお肌の乾燥がひどい場合、乾燥でかゆみがある場合、敏感肌、炎症がある肌荒れなどの際は、酵素洗顔はNGです。

また、冬でもインナードライ肌で皮脂分泌が増えてしまう場合も酵素洗顔は避けましょう。

 

 


6.まとめ

 

春・夏・秋・冬の季節別の酵素洗顔について幅広くご紹介しました。酵素洗顔は、肌悩みと肌質で使った方がよい場合、控えた方がよい場合があります。だからまずは、季節を問わず自分に合うかどうかを考えて使うかどうかを決めることが最初のステップです。

一方、どんな肌質の方も季節によって、お肌は環境変化の影響を受けるため、それも考慮した酵素洗顔の活用を実践することで、より美肌を手に入れることができるのです。

ぜひ、季節に合わせて酵素洗顔を上手に活用してくださいね。

 

なお、春・夏・秋・冬のすべての季節で使えるおすすめの酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」の詳しい情報もチェックしてくださいね。

天然パパイン配合酵素洗顔パウダー『ナールスフォーム』を解剖

 

『ナールスフォーム』ただいま、無料サンプルプレゼント中!

洗顔カルテ用バナー

 

 

関連記事

角栓の除去はダメ!?鼻の角栓の原因と正しいエイジングケア

続きを読む

酵素洗顔の頻度はどれくらいが適切?その回数と正しい方法

続きを読む

酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方

続きを読む

酵素洗顔は、大人ニキビの改善のために使って良いの?悪いの?

続きを読む

毛穴の黒ずみは、酵素洗顔で解消!?正しいエイジングケアは?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」