メンズ(男性)も化粧水を使う時代!ランキングに頼らない選び方

最近では、男性もスキンケアやエイジングケアを意識される方が増えてきました。そんな男性のスキンケアアイテムで最もよく使われるのは化粧水。

 

では、男性はどんなポイントに気をつけてエイジングケア化粧水を選べばよいのでしょうか?

この記事では、男性のための化粧水の選び方をご紹介します。

 

メンズにもナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

化粧水を使う男性

 

最近では、男性でも化粧品を使う方が増えていて、ドラッグストアでもたくさんのメンズ化粧品が並び、メンズ化粧水のコーナーもあります。

仕事の場面でも遊びの場面でも、お肌が清潔で健やかなことが「できる男」だという意識も高まっていることの証ですね。

 

また、30歳を超えるとエイジングケアを意識するメンズも。

いつまでも若々しくいたいのは、男性も同じですね。

 

 

そんなとき、真っ先に使うのが、基礎化粧品の中でも化粧水。

「さあ、化粧水を買おう!」と思ってドラッグストアや百貨店に行っても、目の前に並ぶ化粧水の種類の多さにビックリ・・・

今や、メンズ化粧水もその種類は増えるばかりです。

 

そんな時、どうやって選べばよいか。

広告や化粧水ランキングなどに頼るのではなく、しっかりエイジングケアや化粧品の知識を身につけて、自力で選べるようになりたいと思いませんか?

 

自分に合った化粧水は、他人の判断ではなく自分のお肌と相談して選ぶ方がよい結果が得られます。

また、エイジングケアやスキンケアの知識が増えれば、彼女や奥さんの化粧品選びのアドバイスもできるようになるので、一石二鳥です。

 

「自分に合ったメンズ化粧水を選びたい」

「メンズだけど、スキンケアやエイジングケアの知識を身に着けたい」

「最近、お肌の老化を感じるので化粧水でも使おうか、と悩んでいる」

 

この記事では、そんなメンズのための化粧水の選び方をご紹介します。

ぜひ、続きをチェックしてください。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • メンズ(男性)のお肌は、女性と比べて皮脂の分泌量が多く、水分量が少ないことが特徴です。
  • しかし、メンズの肌質も女性同様に大きくは4つのタイプに分かれるので、肌質に合ったメンズ化粧水を選ぶことが大切です。
  • 化粧水で、保湿をすべてカバーすることはできないので、必要に応じて美容液や保湿クリームを使ういことも考えましょう。
  • メンズ化粧水にもいくつか種類があるので、肌質と目的に合わせて自分に合ったものを選びましょう。
  • メンズ化粧水の選び方は、自分の肌質、肌状態と化粧品成分のはたらきを知ることが基本です。

1.化粧水を選ぶ前に、メンズ(男性)のお肌を知ろう!

 

1)メンズのお肌の特徴は?

メンズ向けの化粧水を選ぶ前に、まず男性と女性のお肌の違いを理解しておきましょう。

 

一般的には、男性のお肌は女性に比べて

  • 水分量が60~70%程度と少ない
  • 皮脂量が2倍前後と多い

という特徴があります。

 

全ての方に当てはまるわけではありませんが、まずはこれが男性のお肌の基本です。

また、男性は、女性ホルモンが分泌されませんので、女性のお肌に比べると、柔らかさに欠けています。

 

だから、メンズ向けの化粧水の選び方は、

  • しっかりと保湿ができること
  • 過剰な皮脂のコントロールができること

を意識して選ぶことが基本です。

 

とは言っても、肌質は人それぞれなので、自分自身の肌質を知ることが大切です。

 

メンズの肌質も、女性と同じく普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌があります。

 

肌質については「肌質(肌タイプ)の診断と改善のコツは?」をご覧になって、チェックしてみましょう。

 

2)メンズだってエイジングが気になる!「エイジングインデックス」とは?

男性も女性も同じで、年齢を重ねるととともに、お肌のハリやツヤなど若さを保つ成分が減っていきます。

エイジングケアとは、お肌にとって大切な成分が減るのを少しでも遅くしたり、補うことでお肌を健やかに保つ手段なのです。

 

私達は、女性のエイジングケアのために、年齢とともにお肌の大切な成分がどのように減っていくかを示すエイジングインデックスをつくりました。

 

男性の場合、「女性ホルモン」はほとんど関係ありませんので、指標としては、

の7つです。

 

女性の場合とは少し異なると思いますが、お肌の若さにとって必要なさまざまな成分が、年齢とともに減っていくことはおわかりいただけると思います。

 

だから、男性もエイジングケアが必要ですし、エイジングケア化粧品は男性であっても年齢に応じて変える必要があります。

 

このように、メンズ化粧水を選ぶ場合も、年齢に応じてエイジングケアを意識するべきなのです。

 

だからこそ、年齢を重ねれば重ねるほど、良質なエイジングケア化粧品成分を使ったメンズ化粧水を選ぶようにしましょう。

 

また、「メンズにもエイジングケアが必要な3つの理由」もエイジングケアを考えるためのご参考になれば幸いです。

 

 


2.化粧水って何?メンズ(男性)のための基礎講座

 

1)化粧水とは?

化粧水と言う呼び名は、あまりにも当たり前になっていますが、そもそも化粧水って?とお考えになったことはあるでしょうか?

 

化粧水は、

  • 水(精製水)
  • ベース成分(基材または基本成分)
  • 機能性成分
  • 安定化成分
  • その他の成分

で成り立っていて、80%程度あるいはそれ以上が水です。

 

エイジングケア化粧水でもその成り立ちは、同じです。

そして、その基本的な役割は、お肌を潤しキメ(肌理)を整えることです。

エイジングケア化粧水の場合は、もちろん、それに加えてエイジングケアが目的です。

 

しかし、

化粧水だけでは、保湿力が十分でない場合もある

ことを覚えておきましょう。

 

男性の場合は、美容液や保湿クリームを使うよりも圧倒的に化粧水を使うことが多いのですが、乾燥が激しい場合などは、化粧水+αのスキンケアも必要なのです。

 

2)メンズ化粧水の種類って?

一般的に、化粧水と言えば、「保湿化粧水(柔軟化粧水)」のことです。しかし、これ以外にも女性向けの化粧水にはたくさんの種類があります。

それらは、ふき取り化粧水、収れん化粧水、美白化粧水、ニキビ用化粧水、アルカリ性化粧水などです。

 

さすがにメンズ化粧水の種類は、女性向けのものほど多くはありませんが、エイジングケア化粧水や美白化粧水なども登場しています。

 

メンズ化粧水にもどんな種類があるのかを知って、自分の目的に合ったものを選びましょう。

 

なお、化粧水の種類については、「化粧水の種類による効果と選び方は、ランキングより大切!」をご覧ください。

 

3)化粧水でできる「保湿」とは?

実は、化粧水だけでは、「保湿」は完結しません。

もちろん、メンズ化粧水も同じです。

なぜなら、保湿とは

  • 水分を与える
  • 水分を保持する
  • 水分の蒸発を防ぐ

という3つのはたらきのことです。

 

「水分を与える」ことは、「水」を与えることなので、これはOKです。

 

続いて、「水分を保持する」のは、保湿成分のはたらきです。

化粧水に含まれるには、主に水溶性の保湿成分で、ヒューメクタントとも呼ばれる成分です。

 

その保湿の方法は、

  • 水分を挟み込む
  • 水分を抱え込む
  • 水分を吸着する

の3つのパターンがあります。

 

これについては、化粧水で可能ですが注意点があります。

セラミドは、バリア機能をサポートすることで保湿力を発揮する成分ですが、これは油溶性の成分であるとともに高価な成分なので、化粧水には配合されないものも多く、配合されていても高濃度である場合は少ないのです。

だから、「水分の保持」も化粧水だけでは十分でない場合があることを理解しておきましょう。

 

最後に、「水分の蒸発を防ぐ」は、ほぼ化粧水ではカバーできません。

これは、人のお肌では、皮脂膜などのはたらきで、化粧品では主に保湿クリームが担う役割です。

なぜなら、皮脂に近いはたらきをするのは、シアバターや植物系や動物系のオイル成分なので、一般的な化粧水に含まれることは少ないからです。

このように化粧水はメンズ用かどうかを問わず、1つで保湿をすべて担うことはできないことを知っておきましょう。

 

だから、男性であっても、冬場や肌状態で、保湿クリームを使った方がよい場合もあるのです。

 

なお、保湿についての詳しい情報は、「お肌の保湿とは?本当にわかるスキンケアの基本と保湿成分」をご覧ください。

また、化粧品に含まれる主な保湿成分の分類をお示ししますので、参考にしてみてください。

 

化粧品に含まれる主な保湿成分の分類

 

4)化粧水の使用期限と保存のコツ

化粧水は、期限の記載がなければ未開封なら3年が使用期限の目安です。

これは、3年でダメになるのはなく、「使用期限を記載しない場合は、最低3年間品質維持ができること」というルールなので、これで使えないとい意味ではありません。

しかし、できれば化粧水購入後は、早めに使いましょう。

また、使用期限の記載があれば、それに従ってください。

 

化粧水の開封後は、その化粧水の容量による使用期間+1~2カ月以内を目安に使い切りましょう。長くても、開封後は、6カ月以内に使い切りましょう。

 

なぜなら、保管の状態次第では、雑菌が繁殖したりして、肌トラブルの原因になりうるからです。

 

開封後の保管や使い方は、

  • 温度の高い場所や直射日光の当たりやすい場所は避ける
  • 化粧水を使う前に手を洗って清潔に保つ
  • 化粧水の箱やパンフレットに記載の注意書きなどを守る

ことが大切です。

 

 


3.ランキングに頼らないメンズのための化粧水の選び方

 

1)メンズ化粧水の選び方の基本

 

メンズ化粧水ランキング

 

メンズ化粧水であっても、女性向けの化粧水であっても、「化粧水ランキング」はよくみかけます。

もちろん、よい化粧水をランキングしているので、それ自体は参考になります。
また、簡単に化粧水を選ぶための情報にもなりえます。

 

しかし、自分に合った化粧水を選ぶなら、

  • 自分のお肌を知ること
  • 皮膚のしくみやスキンケア、エイジングケアの知識を持つこと
  • 化粧水の種類や成分の知識を持つこと

の3点が揃うことが大切です。

 

ランキングに頼らない化粧水の選び方は、こちらの記事に詳しく解説していますので、ぜひ、ご覧ください。

化粧水ランキングを超える!エイジングケア化粧水の選び方

 

2)肌悩みから考えるメンズ化粧水の選び方

また、メンズであっても肌悩みや肌質を考えて化粧水を選ぶことが大切です。

例えば、男性でも敏感肌の方はいるので、その場合は、「敏感肌化粧水の選び方は、ランキングより正しい知識で!」を参考にしてください。

 

その他の肌悩みは、化粧水だけで考えるより、その原因と対策を広く考える方がよいので、化粧水だけにこだわらないようにしましょう。

 

ここに、代表的な肌悩みの情報は、下記を参考にしてくださいね。

 

①乾燥肌

乾燥肌の原因の11の要素とは?~エイジングケアの視点から~

乾燥肌の予防や改善対策は、正しいエイジングケアが大切!

 

②敏感肌

敏感肌の改善のために!症状・原因と10のエイジングケア対策

 

③シワ

しわ対策 エイジングケアの10の対策と7つの美容医療

 

④毛穴

毛穴ケアで黒ずみや開きをなくす!?目立つ毛穴の原因と対策

 

⑤ほうれい線

ほうれい線を消す対策の全てとエイジングケア化粧品の役割

 

⑥くすみ

肌のくすみの原因と改善・解消の7つのエイジングケア対策!

 

⑦目の下のくま

目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消のエイジングケア

 

3)メンズにおすすめのエイジングケア化粧品成分と注意したい成分

①乾燥肌対策におすすめの保湿成分

保湿力の高い成分の代表は、セラミドです。

 

しかし、セラミドは油溶性の成分のため、化粧水にはあまり高濃度で配合されることはありません。

 

それ以外のおすすめの保湿成分は、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。

 

②皮脂対策におすすめのエイジングケア化粧品成分

皮脂の分泌をコントロールし、抗酸化やコラーゲンの生成を促すなど、さまざまな作用を持つビタミンC誘導体がおすすめの成分です。

 

ただし、ビタミンC誘導体は、刺激があるのでお肌が弱い方には合わない場合もあります。
敏感肌や乾燥がきつい場合は避けた方がよいでしょう。
また、不安がある方は、使う前に必ずパッチテストを行いましょう。

 

ビタミンC誘導体化粧水の選び方は、「ビタミンC誘導体化粧水の選び方~エイジングケアの視点から~」をご覧ください。

 

③メンズのエイジングケアにオススメの成分

ナールスゲンは、水溶性のアミノ酸誘導体です。
京都大学と大阪市立大学で開発された成分で、コラーゲン、エラスチン、HSP(ヒートショックプロテイン)47の生成をサポートするエイジングケア化粧品成分です。

刺激性もなく、化粧水となじみがよいのも特徴です。

 

④メンズでも注意したい成分

男性も注意したい成分は女性と同じです。

刺激のある成分としては、アルコール(エタノール)があります。
男性の場合は、清涼感のある化粧水を好む方も多いと思いますが、敏感肌や乾燥肌の方は避けた方が無難です。また、かみそり負けが気になる方も、アルコールフリーのメンズ化粧水がオススメです。

 

アルコールフリーの化粧水についての詳しい情報は、「アルコールフリー化粧水のエイジングケアで失敗しない選び方の秘密」をご覧ください。

もちろん、お肌に問題がない場合や脂性肌や普通肌の方が、アルコール配合の化粧水を使うことは問題ありません。

 

その他にも、香料、着色料などが配合されますが、エイジングケアを考えるならこれらの成分は不要です。また、防腐剤にも一定の注意が必要です。

大切なのは、一般的な安全性に加えて、自分にとっての安全性です。

 

詳しくは、「化粧水は安全?あらためて安全性をチェックしてみよう!」をご覧ください。

 

 


4.メンズのための化粧水の使い方

 

男性であっても女性であっても、化粧水の使い方の基本は同じです。

初めて化粧水を使うという男性もいらっしゃるかも知れませんので、ここで詳しく説明します。

 

1)1回の使用量

顔につける場合は、1回の使用量は、500円硬貨大くらいの量ですが、男性は女性より顔の面積が大きいので、やや多めでもよいと思います。

 

化粧水のボトルの口の大きさや形状で若干違いますが、ボトルを、8回前後振った量になると思います。

 

2)コットンを使う場合のつけ方

コットンの裏側まで、化粧水をたっぷり含ませます。

利き手でコットンを持ち、人さし指と薬指、または人さし指と小指でおさえて、コットンの化粧水を、お肌に含ませるようなイメージでつけます。

基本は、顔の内側から外側に向かってつけます。面積の広いほおやひたいなどから始め、鼻、あごなどは優しくふくようにつけます。

 

3)手を使う場合のつけ方

まずは、利き手と反対の手のひらに化粧水をのせた後、両手のひら全体に広げます。

顔の中心から外側へ向かって、円を描くようなイメージで広げていきます。

これを2回繰り返します。

 

2回目は、化粧水がなじんだ後、再び、肌全体が潤うように、つけましょう。
コットンを使っても手でつけてもかまいませんが、どちらの場合も正しく使いましょう。

 

詳しくは、「化粧水の使い方で美肌効果を高める!上手なエイジングケア」や「化粧水をコットンで使うって良いの?エイジングケアの視点から」をご覧ください。

 

また、余った化粧水は、首や手肌、ひじなどにもつけるようにしましょう。

 

4)化粧水をつけるタイミングや回数は?

①化粧水をつけるタイミング

化粧水をつけるタイミングは、洗顔の後です。

洗顔後は、水分を顔の与える一方で、皮脂や角質など取ってしまうので、何もせず放置すると乾燥しやすいのです。

洗顔後の何分とまでは決める必要はありませせんが、洗顔と化粧水をセットで考えて、洗顔後すぐに化粧水をつけるようにしましょう。

 

入浴の後も化粧水をつけるにはよいタイミングです。

入浴でお肌の水分量が増えますが、10分程度で元に戻るというエビデンスがあります。だから、入浴後10分以内を目安に化粧水をつけましょう。

 

②化粧水をつける回数

実は、保湿剤による保湿効果は、洗顔後や入浴後のタイミングよりも、「回数」による影響が大きいのです。

 

つまり、24時間にわたってどのように保湿するかが大切なのです。

 

乾燥が気にならない場合は、1日2回を目安として、乾燥が気になるなら3回、4回と増やすこともよい方法です。

 

ただし、過度に回数を増やしてもそれ以上は効果が高まらないので、4~5回を限度に考えましょう。

 

 


5.メンズにもオススメのエイジングケアローションとは?

ここでエイジングケアを考えるメンズ向けのエイジングケアローションをご紹介します。

 

まず、メンズのエイジングケアにとって化粧水の条件としては、

 

エイジングケアに有用な成分が含まれていること

水分を保持することができる保湿成分が含まれていること

刺激の強い成分や余計な成分が極力含まれていないこと

 

です。

 

そこでオススメしたいのが、ナールスゲン配合のエイジングケアローション「ナールスピュア」

 

実は、ナールスピュアは、メンズ化粧水ではなくエイジングケアを考える方なら、どなたでも使っていただける化粧水タイプのローションです。

 

乾燥肌だけではく、しわやほうれい線、たるみ毛穴などエイジングサインの予防対策にピッタリなエイジングケアローションです。

 

その特徴は、

  • ナールスゲンを推奨濃度配合することで、しっかりお肌に浸透し、エイジングケア。
  • ビタミンC誘導体を適度な濃度を配合し、皮脂コントロールもサポート
  • ビタミンE誘導体で肌荒れなどを防ぐ
  • アルコールフリー
  • 香料・着色料・鉱物油などエイジングケアに不要な成分は、配合なし。

 

なお、水溶性成分の機能は、下記を参考にしてください。

ナールスゲンとビタミンC誘導体の組み合せは、エイジングケアの範囲を広くカバーすることがおわかりいただけると思います。

 

水溶性成分の機能

 

 


6.まとめ

 

メンズの皆さん、

ランキングに頼らないメンズ化粧水の選び方は参考になりましたでしょうか。
男性にとってもエイジングケアが当たり前になりつつある時代、化粧水はよいものを正しく選びたいですね。

 

メンズ化粧水を選ぶためには、肌についての知識と化粧水の知識をみにつけることが大切。

まずは、しっかりエイジングケアと化粧水の理論武装をしましょう。

 

と言っても、男は中身が大切。仕事も遊びも頑張って、かっこいいエイジングができればいいですね。

そんなメンズなら、大学発でしっかりと研究開発されたエイジングケア化粧品成分ナールスゲンを選んでみませんか。

 

 

関連記事

化粧水ランキングを斬る!おすすめや人気の化粧水のカラクリとは?

続きを読む

化粧水のおすすめ!大切にしたい7つのチェックポイント

続きを読む

化粧水の成分を知ろう!基本成分・保湿成分・エイジングケア化粧品成分

続きを読む

化粧水成り立ちと中身って?成分は、オススメも人気も同じ!

続きを読む

アルコールフリー化粧水のエイジングケアで失敗しない選び方の秘密

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」