化粧水の使い方で美肌効果を高める!上手なエイジングケア

化粧水を使う女性

普段のスキンケアやエイジングケアで当たり前のように使っている化粧水。

あなたは、本当に正しく使えているでしょうか?

 

化粧水は、洗顔後に真っ先に使うことが多いスキンケアアイテム。

その役割や使い方をしっかり理解しないと、せっかくの美容成分が浸透しないばかりか、お肌を傷つけることも。

この記事では、美肌効果を高める化粧水の使い方をご紹介します。

 

ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

 

 

 

化粧水は、多くの場合、洗顔後のスキンケアの最初に使います。

 

そして、その使い方はシンプルです。

 

そう思って油断してしまうとどんなによいエイジングケア化粧水を選んでも期待した美肌効果を得ることはできません。

 

化粧水ランキングや口コミなどで、一生懸命に自分にあった化粧水を選んでも、化粧水の使い方を知らずにいれば、エイジングケアにとってマイナスです。

 

だからこそ、エイジングケア化粧品の1つであるエイジングケア化粧水は、目的に対して、正しい使い方をすることで本来の可能性を最大限引き出してあげることが大切なのです。

 

一方、いくら正しい使い方をしても、その役割や目的を超える効果を発揮することもできません。

 

この記事では、そんな化粧水の基本的な役割と正しい使い方について詳しく解説します。

 

「化粧水って、何のために使うの?」

「正しい化粧水の使い方は?」

「高価なエイジングケア化粧水を買ったので、失敗しない使い方が知りたい」

「エイジングケア化粧水ってどこまで効果を期待できるの?」

「さまざまな基礎化粧品の中での化粧水の役割は?」

 

などをお考えの方は、ぜひ、続きをお読みください。

 

<この記事でお伝えしたい大切なこと>
  • 一般的な柔軟化粧水、保湿化粧水は、洗顔後にすぐに使う基礎化粧品で、お肌を柔らかくするとともに潤し、次に使う美容液などの浸透をサポートするものです。
  • 化粧水は水分が大半を占めるためほとんどが水溶性成分です。
    そのため、化粧水だけで保湿をすべてカバーすることは難しいのです。
  • 化粧水の正しい使い方をマスターすることで、化粧水の持っているポテンシャルを最大限発揮することができます。
  • 化粧水には、コットン、パック、ハンドプレス、パッティングなどいくつかの使い方、つけ方がありますが、メリットとデメリットを理解して正しく行いましょう。
  • エイジングケアのためには、デコルテにも化粧水を使うことをおすすめします。
  • 化粧水にはいくつかの種類があるので、それぞれの種類に合った使い方を守りましょう。
  • エイジングケア世代の方には、化粧水を保湿の中心にするより、エイジングケアを目的とした使い方をおすすめします。

 

1.化粧水の使い方の前に役割を知ろう!

 

 

化粧水の役割

 

 

化粧水の使い方を理解する前に、化粧水の役割や美容液、保湿クリームなどの他に基礎化粧品との役割の違いを理解しておきましょう。

 

1)化粧水の基本的な役割とは?

化粧水の基本的な役割は、潤いをもたらし、キメを整えることです。

 

また、化粧水には、角層を柔軟にすることで、美容液や保湿クリームなどの次に使う化粧品の浸透性を高める役割もあります。

これが化粧水の役割の基本であり、化粧水を使う目的であると言えます。

 

スキンケアの最初は、洗顔ですが、洗顔後なにもしなければ、お肌の水分は蒸発してしまいます。

 

そのために、洗顔後に、化粧水で水分や保湿成分などを与えるのです。

 

浸透する化粧水のイメージの写真

 

 

「化粧水ではなくて、水ではだめなの?」とも思ってしまいますが、残念ながら水だけでは、お肌表面は濡れますが、水はお肌の内部には浸透していきません。

 

お風呂に入っても、お肌の中に水が入ってこないことからも、それがおわかりいだけると思います。

お肌には外部からの刺激や異物の侵入などを防御するバリア機能があって、水が必要以上に皮膚から身体の内部に浸透しないようになっています。

では、なぜ化粧水だったらよいのでしょうか?

 

化粧水もほとんどが水で80%以上と大半を占めますが、エイジングケア化粧品成分や保湿成分が含まれていて、これらがお肌の角層に浸透することで、お肌を柔軟にしてくれるとともに、水分を保持することをサポートしてくれるのです。

 

その結果、化粧水の後に使う美容液や保湿クリームを、お肌にムラなく届けるサポートもしてくれるのです。

化粧水の役割や目的はここにあるのです。

 

2)スキンケアにおける化粧水の位置づけ

それでは、スキンケア全体の中で、化粧水をどう位置づければよいでしょうか?

化粧水は、美容液や保湿クリームとどう目的や役割が違うのでしょうか?

 

それを理解するためには、「保湿とは何か」を理解することが必要です。

 

私たちは、「保湿」を行うことには、

 

  • 水分を与える(Give Water)
  • 水分を保持する(Keep Water)
  • 水分の蒸発を防ぐ(Cover Water)

 

の3つの役割があると考えています。

 

この中で化粧水は、「水分を与える(Give Water)」「水分を保持する(Keep Water)」が、その役割です。

 

 

化粧水による保湿効果

 

 

ただし、「水分を保持する(Keep Water)」については、美容液、保湿クリームなどとも役割が重複しています。

 

ここで、化粧水、美容液、保湿クリームの位置づけについて考えましょう。

 

化粧水は、水分が主体なので、得意なのは水溶性成分を角層に届けることです。

 

そのため、油性成分が多く含まれることは、あまりありません。

 

しかし、保湿の「水分を保持する」や「水分の蒸発を防ぐ」には、油性成分も必要です。

したがって、美容液や保湿クリームには、水溶性成分と油性成分のどちらも配合されていて、より強い保湿力を発揮するのです。

 

つまり、化粧水は、「水分を保持する」や「水分の蒸発を防ぐ」といった点では、美容液や保湿クリームより劣ってしまうのです。

 

そのため、保湿を重視したスキンケアを考える場合には、化粧水の重要性は、美容液や保湿クリームよりも低いのです。

 

 

エイジングケアで使う化粧水、美容液、保湿クリ-ムの写真

 

 

「それなら、美容液や保湿クリームだけで十分では?」という疑問もあると思います。

しかし、水溶性の成分は、水と一緒にお肌に届けたほうがよく浸透するのです。

したがって、水溶性の保湿成分は化粧水として、最初にお肌に届ける方が好ましいのです。

 

つまり、化粧水は、水溶性の保湿成分やエイジングケア化粧品成分を洗顔後のお肌に真っ先に届けるものなのです。

 

グリセリンコラーゲンヒアルロン酸プロテオグリカンなどが、化粧水によく配合されますが、これらは水溶性成分です。

また、エイジングケア化粧水ならば、ナールスゲンビタミンC誘導体などが配合されますが、これらも水溶性成分です。

 

これらの成分は、化粧水に配合されることで、洗顔後の、お肌に油分の少ない状態のときに届けられるのです。

 

つまり、化粧水、美容液、保湿クリームは、すべて保湿やエイジングケアを目的にしながらも、得意な範囲や相性のよい成分が異なるのです。

 


2.美肌を導く化粧水の使い方

 

化粧水は、洗顔後、真っ先に使うものです。

最近では、オイルなどを真っ先に使うような美容法もありますが、化粧水で先に水溶性成分を肌に届けることが使い方の基本です。

 

 

化粧水の使い方について説明する女性

 

 

1)化粧水の使い方の基本

①使用量

化粧品会社の説明に従っていただくのが基本ですが、多くは適量と説明されています。

顔の大きさによっても少し異なりますが、1回の使用量は、500円硬貨大くらいの量です。

化粧水のボトルの穴の大きさにもよりますが、5回~7回程度振った量です。

 

②化粧水をつける前に

当たり前のことですが、手を清潔にしておきましょう。

洗顔後なので、大丈夫だと思いますが、洗顔料などが手についていないかチェックしましょう。

 

次いで、洗顔後、しっかり水分をふき取っておきましょう。

同じ「水」なのにと思うかもしれませんが、化粧水の美容成分は水溶性なので水でさらに薄まってしまうリスクもあります。

 

化粧水をつけるタイミングは、洗顔後、できるだけ時間をおかずにつけましょう。

 

2)化粧水のつけ方

【つけ方の順序】

① 片手のひらにとった500円大の量の化粧水を、両手のひら全体に広げます。

 顔の中心から外側へ、手で顔を包み込みながら、大きく円を描くようにのばします。

 目元や口元などお肌が薄くデリケートなパーツは、指の腹でそっと押さえるように伸ばします。

 次におでこに手に残った化粧水をなじませ、最後にフェイスラインを軽く押さえましょう。

 潤いが足りないようなら、もう一度同じことを繰り返してもかまいません。ただし、何度も化粧水を使うよりも続いて美容液など違うアイテムを使う方が効果的です。

⑥ 首やデコルテなどにも使いましょう。

 

こうして、化粧水をつけた後には、美容液を使います。

 

美容液の使い方については、

美容液の効果的な使い方と順番があった!美肌への近道を公開」をご覧ください。

 

3)動画で学ぶ化粧水の付け方の基本

エイジングケアローション「ナールスピュア」を使った化粧水のつけ方の動画です。

 

化粧水の付け方、使い方の参考にご覧ください。

 

 

YouTube Preview Image

 

 


3.一歩進んだ化粧水の使い方と注意点

 

1)パックでの化粧水の使い方

化粧水の浸透を高める方法にパック、つまりローションパックがあります。

 

化粧水パックはコットンを使って、化粧水の浸透力を高め美容成分、保湿成分をより浸透させることで乾燥肌対策を行う化粧水の使い方です。

 

また、ビタミンC誘導体化粧水などで行えば毛穴対策にもなります。

 

化粧水パックは、正しく行えば保湿効果が高まり、乾燥肌対策になりますが、間違えばエイジングケアにとってマイナスです。

 

特に、5分以上の化粧水パックは、乾燥肌の原因になるリスクが高まるので止めましょう。

 

ポイントは、

 

  • 水分が逆流するのでパック時間は、3~5分程度までにする。
  • 乾燥肌の原因のリスクとなるアルコール配合の化粧水は使わない
  • 使い慣れた化粧水で行う
  • 化粧水パックだけでスキンケアを終わらせず、美容液などを使う
  • コットンは良質なもの選び、こすらない

 

などです。

 

化粧水パックの詳しい情報は、

化粧水パックは、失敗で美肌が遠くなる!正しい方法で保湿を」をご覧ください。

 

2)ハンドプレスはエイジングケアによい?

 

 

ハンドプレスで化粧水の効果を高める

 

 

ハンドプレスも化粧水の浸透力を高める使い方の1つです。

 

ハンドプレスとは、コットンではなく手でスキンシップをしながらお肌を優しく押さえる方法で、この使い方を上手に行えれば、エイジングケアにとって有効になります。

逆に、誤って行えばマイナスです。

 

ポイントは、

などです。

 

ハンドプレスの詳しい情報は、

化粧水はハンドプレスで浸透力や保湿効果が高まるって本当?」をご覧ください。

 

3)コットンを使った方が良いの?悪いの?

化粧水の使い方でよく議論になるのは、手で使う方がよいのか、コットンの方がよいのかです。

さまざまな考え方がありますが、正しい使い方ができるなら手でもコットンでもかまいません。

 

なぜなら、どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分にあった使い方をすればよいからです。

 

コットンで化粧水をつける場合は、

 

 コットンを、利き手でない方の中指または中指と薬指の腹にのせ、人さし指と薬指でコットンの両端をおさえます。

 反対の手(利き手)化粧水を持って、適量をコットンに含ませます。適量は、コットンの裏までぬれる程度ですが、あまりに過度では多すぎる場合もあるんで、何度か試して自分自身の適量を把握しましょう。

 次に、コットンを利き手に持ち替えて、人さし指と薬指でおさえて、美容成分を肌に含ませるような気持ちで軽くつけていきます。

 顔の内側から外側に向かって、ほほやひたいなど顔全体に広げていきます。

⑤ 目元・口元は特に優しくつけましょう。次いで、鼻やあごは拭くように丁寧につけましょう。

 

 

コットンでの化粧水の使い方

 

 

なお、化粧水を手で付けるか、コットンでつけるかについての詳しい情報は、

化粧水をコットンで使うって良いの?エイジングケアの視点から」をご覧ください。

 

4)化粧水のパッティングはどうなの?

化粧水の使い方の1つにパッティングがあります。

パッティングは、古くから化粧水の浸透を促す方法として化粧品会社が勧めていた方法ですが、上手に行わなければ刺激が強くなって、赤ら顔やシミのリスクになってしまいます。

 

また、最近では敏感肌やインナードライ肌の女性が増えているため、パッティングを敬遠する女性も増えてきました。

 

パッティングは優しく行えば問題ありませんが、エイジングケアの観点からは、避けた方が無難な化粧水の使い方です。

 

パッティングについての詳しい情報は、

化粧水のパッティングは、エイジングケアにとって良いつけ方?」をご覧ください。

 

5)デコルテのエイジングケア

首から胸元にかけてのデコルテラインは、お肌の老化が進むリスクの高いパーツです。

なぜなら、デコルテは衣類やアクセサリーによる摩擦や刺激があったり、顔に比べて皮脂が少なく乾燥しやすいなど、顔よりもデリケートだからです。

つまり、デコルテのケアをしっかりしないとシミくすみほかさまざまな肌悩みに。

なので、デコルテケアも化粧水を使うことをオススメします。

 

使い方は簡単で、顔に化粧水をつける際に同時に、首の下から上に向かって、両手を左右対称にし、軽いタッチで広い範囲にわたるようにつけるだけです。

 

デコルテケアの詳しい情報は、

デコルテのケアなら、効果的な化粧品で魅せる素肌へ導く!」をご覧ください。

 

6)化粧水の種類を考えた使い方

今まで説明してきたのは、一般的な化粧水、つまり保湿化粧水、柔軟化粧水の使い方です。

 

敏感肌化粧水やビタミンC誘導体化粧水、メンズ化粧水などもその使い方の基本は同じです。

 

しかし、化粧水には多くの種類があるので、それぞれの化粧水の種類に応じた使い方をすることが大切です。

 

化粧水の種類としては、保湿化粧水以外にも次のようなものがあります。

  • ふき取り化粧水
  • 収れん化粧水
  • 美白化粧水
  • ニキビ用化粧水
  • アルカリ性化粧水

 

化粧水の種類ごとの使い方については、

化粧水の種類による効果と選び方は、ランキングより大切!」をご覧ください。

 

 


4.化粧水の使い方だけで解決できないエイジングケア

 

これまで、化粧水の使い方の基本から、一歩進んだ使い方、気を付けるべき使い方などを幅広く取り上げてきました。

 

しかし、化粧水は万能の基礎化粧品ではありません。

 

だから、エイジングケアを考える上では化粧水の使い方だけでは解決できないことがあることも理解しておきましょう。

 

1)化粧水の役割の限界

もう一度確認しますが、保湿を行う目的は、

 

  • 水分を与える(Give Water)
  • 水分を保持する(Keep Water)
  • 水分の蒸発を防ぐ(Cover Water)

 

です。

 

そして、化粧水はその全てをカバーできているわけではありません。

 

では、この中で一番大切なのはどれでしょうか?

 

 

水分の保持に最も必要なことについて考える女性

 

 

答えは、「水分を保持する」ことです。

 

それは、保湿の本質を理解すればよくわかります。

保湿されたお肌とは、「状態」のことです。

そして、その状態をもたらすのは、お肌の保湿能力です。

 

つまり、保湿能力の高いお肌であれば、保湿されたお肌になれるのです。

 

保湿能力に最も関係の深いのはバリア機能です。

 

そのバリア機能は、水分を挟み込むことで水分を角質層内で保持するセラミドが高い効果を発揮します。

しかし、化粧水に含まれる水溶性の保湿成分だけでは、「水分を保持する」力が十分ではありません。

 

プロテオグリカンやヒアルロン酸、コラーゲンなどは、優れた保湿成分ですが、水を抱え込むことによって水分を保持するので、つけたあとの潤い感は高いのですが、バリア機能への貢献度ではセラミドに劣ります。

 

化粧水にはセラミドが含まれるケースが少なく、あるいは含まれていてもその濃度が高くない場合が多いのです。

そのため、化粧水だけでは乾燥が解決しない場合もあるのです。

一般的な柔軟化粧水は、「保湿」が目的ですが、「保湿」全体を考えれば、限界があることも理解しておきましょう。

 

これは、化粧水の使い方で解決できるものでなく、化粧水という水分主体の化粧水の限界なのです。

 

2)エイジングケアと化粧水

 

 

化粧水の効果を理解して的確な使い方をする女性

 

 

 

化粧水に保湿だけを求めるなら、その限界を理解した上で、保湿成分だけが配合された製品を選べばよいと思います。

保湿成分だけの化粧水は、比較的安価でお財布には優しいので、その点ではよい選択肢の1つです。

 

一方、「水分を保持する」ための保湿は美容液や保湿クリームに任せて、化粧水では、肌悩みの対策や「エイジングケアを重視する」という考え方もあります。

 

年齢に伴う肌悩みとしては、しわほうれい線たるみ毛穴目の下のくまたるみ目の下のたるみ、くすみなどがありますが、これらはコラーゲンやエラスチンの減少が原因で肌にハリやツヤがなくなることが原因の1つです。

 

こうした肌悩みのエイジングケアを求めるなら、ナールスゲンやネオダーミルなどのエイジングケア化粧品成分や、水溶性ビタミンC誘導体などの抗酸化成分が配合されているものを考えましょう。

特に化粧水の場合は、水溶性ビタミンCが配合されたビタミンC誘導体化粧水がオススメです。

 

一般的な、保湿成分だけの化粧水よりは価格は上がりますが、優れたエイジングケア化粧品成分が十分な濃度、適切な濃度で配合されたものは、それに見合った力を発揮してくれます。

 

私たちの考え方としては、化粧水は保湿よりもエイジングケアを重視しているのです。

 

だからこそ、一層、エイジングケア化粧水の選び方と使い方をともに大切にしていただきたいのです。

 

3)エイジングケアで使いやすいナールスゲン

 

 

ナールスゲンのしくみ

 

 

エイジングケア化粧水で、エイジングケアを実践するには、エイジングケア化粧品成分の理解が大切です。

 

さまざまなエイジングケア化粧品成分の中で、化粧水に配合しやすい成分としては、ナールスゲンがオススメです。

その理由として、ナールスゲンには、

 

①分子量331ダルトンという極めて小さな水溶性成分

真皮線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、HSP(ヒートショックプロテイン)47を増やす

③お肌の水分量を維持する

表皮の傷の治癒を助ける

紫外線による光老化を抑える

 

といったエイジングケアに有用な特徴やはたらきがあるからです。

 

さらには、ナールスゲンとビタミンC誘導体を同時に使うことで、それぞれを別々で使う以上にコラーゲンを増やす相乗効果があるのです。

 

なお、化粧水についてもっと詳しく知りたい方は、下記を参考にしていただければ幸いです。

 

化粧水のおすすめ!大切にしたい7つのチェックポイント

エイジングケア化粧水の選び方は、肌質と年齢で考える

アルコールフリー化粧水のエイジングケアで失敗しない選び方の秘密

化粧水の成り立ち中身って?オススメも人気も同じ!

化粧水の成分を知ろう!基本成分・保湿成分・エイジングケア化粧品成分

化粧水は安全?あらためて安全性をチェックしてみよう!

 

 


5.まとめ

 

化粧水の役割や目的に加えて使い方について詳しく説明しました。

化粧水は、洗顔後に最初に使う化粧品で、水溶性成分をお肌に届けます。

 

その使い方は、シンプルですが最近ではさまざまな使い方も登場してきました。

そんな使い方を正しく取り入れれば、本来の化粧水が持つ力を最大限発揮できますが、逆に誤った使い方をすればエイジングケアにマイナスになることも。

 

この記事を通して、スキンケアやエイジングケアにおける化粧水の役割と正しい使い方をご理解いただければ幸いです。

そして、今日からのエイジングケアの一助として、健やかで美しい素肌や美肌のお役に立てればもっと嬉しいです。

 

 

関連記事

化粧水ランキングを超える!エイジングケア化粧水の選び方

続きを読む

ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)化粧水の選び方とオススメ

続きを読む

化粧水のおすすめ!大切にしたい7つのチェックポイント

続きを読む

アミノ酸化粧水の効果とエイジングケアのメリットとデメリット

続きを読む

化粧水ランキングを斬る!おすすめや人気の化粧水のカラクリとは?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」