酸化はお肌の大敵!エイジングケアの視点から

成分

「酸化とは何か?」について、よくご存じの方も多いとは思いますが、
「なんとなく悪いことは知っているけど、詳しいことは・・・」
という方も多いのでは?

 

「酸化が老化や体に害を与えることは知っているけど、よくはわからない」

 

「エイジングケアって、抗酸化とどう関係あるの?」

 

など疑問を持っている方もいらっしゃると思います。

エイジングケアを考える上で、酸化と抗酸化を理解することは必須です。
この記事では、酸化と抗酸化のエイジングケア化粧品について詳しく説明します。
錆びないお肌へ導く、エイジングケアのお役に立てれば幸いです。

 

 


なぜ、活性酸素がエイジングケアの敵?

 

 

呼吸 唇 口

 

私たちは、呼吸によって、毎日500リットル以上の酸素を体の中に取り込んでいます。
これで、生きていくためのエネルギーを生み出しているのです。

実は、そのうち、2%程度が活性酸素になります。
適度な量であれば、ウイルスなど外部刺激を除去してくれるので、
「活性酸素=悪」ではなく、からだにとって必要な存在です。

 

しかし、活性酸素が過度に増えていた場合や、その状態がより不安定になれば、からだやお肌のたんぱく質、脂質、糖質、DNAに害を及ぼし、そのはたらきを低下させてしまうのです。

たんぱく質などは、健康な状態であれば、代謝することで分解と合成を繰り返しています。
ですが、体内で過剰な活性酸素が発生すれば、異常なたんぱく質が発生し、細胞がたんぱく質を合成する能力が低下するのです。

これが原因で、お肌の老化や生活習慣病や認知症、癌など、様々な病気の原因にもなってしまうこともあるのです。

 

酸化は、お肌のエイジングケアの敵であるだけでなく、からだ全体の健康を害するものなので、それを避けることが大切なのです。

 

 


酸素と酸化を理解する?

 

酸化を理解するために、まず酸素のことを理解しましょう。
酸素は、人間に喩えるなら、

・さみしがり屋でいつもだれかを探している
・不良の影響で暴力的になることも

といった性格を持っているのです。

 

酸素とは、O2、つまり、酸素の原子Oが、2つ結合した状態です。
これは、一応、安定した状態なのですが、結びつきがゆるいのです。

酸素原子は、8つの電子を持っていて、それが2つ結びつくとき、酸素原子同士でペアを作ります。
全部がペアになれば、8つのペアができるのですが、最後の1つがペアになりません。

この電子は、「不対電子」と呼ばれますが、不安定な状態にあるため、他の物質から電子を奪って、安定しようという性質を持っています。

もし、鉄などがそばにあれば、この酸素がすぐに鉄に結びついてしまうのです。

 

この化学反応が、酸化と還元です。

 

つまり、電子を奪われた鉄は「酸化」し、電子を奪った酸素は「還元」されたのです。
電子を奪われた鉄は、錆びてしまって、やがてボロボロになってしまいます。

 

ストレスや過度の運動、煙草などによって、からだや皮膚でもこれと同じことが起こってしまい、老化を早めるのです。

 

煙草 喫煙

 

これが、酸化がエイジングケアにとって、大きな問題とされる理由です。

 

 


酸化還元反応とは?

 

酸化と還元について少し触れましたが、補足します。

 

酸化とは、「酸素と結合する」 「水素を奪う」 「電子を失う」 ことです。

還元とは、「酸素を失う」 「水素と結合する」 「電子を奪う」 ことです。

 

2つの物質で、どちらかが酸化すれば、相手は還元されます。
常に「酸化」と「還元」は同時に起こるので、化学の世界では、この現象を「酸化還元反応」と呼んでいます。

お肌やからだの中でも、酸素によって、これと同様のことが起こっています。

 

ビタミンCなどの抗酸化物質は、「われ先に!」と酸素に電子を差し出すことで、自身が酸化され、体の細胞が酸化されることを防いでくれています。

 

からだの中の抗酸化とは、何らかの物質が細胞の変わりに結びつく、いわば、身代わりになってくれているのです。

 

 


活性酸素の原因は?

 

活性酸素発生の原因は、外部要因と内部要因があります。

外部要因としては、化学物質、紫外線、放射線、電磁波、タバコ(副流煙)、内部要因としては、ストレス、不規則な生活、過度な運動、喫煙です。

これらを避ける生活を送ることがまず、エイジングケアの基本です。

 

 


お肌にとって、タチの悪い活性酸素って?

 

実は、活性酸素は1種類ではありません。
活性酸素には、スーパーオキサイド、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素 という4種類があります。

 

酸素分子が、他の物質から電子を1 つ奪ったのが、スーパーオキサイド。

さらに、電子を1つ、水素原子を2つ奪って、過酸化水素。

ヒドロキシラジカルは、酸素原子と水素原子が結びついたもので、100万分の1秒程度の寿命ながら、非常に反応性が高く、周りの細胞の脂質、たんぱく質、糖質、核酸などにダメージを与える活性酸素です。

 

一重項酸素は、紫外線や放射線のエネルギーで生まれ、脂質を過酸化脂質するとともに、皮膚のたんぱく質であるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。

お肌にとって「タチの悪い活性酸素」です。

 

この活性酸素は、線維芽細胞の

 

1.細胞膜の脂質を酸化させ、細胞が栄養と老廃物の運搬する力が弱める

2.細胞の核の遺伝子を傷つけ、細胞の変性、死滅させ、コラーゲンやエラスチンを作る能力を弱める

 

ことに加え、直接、コラーゲン、エラスチンの変性、破壊しているのです。
これが、紫外線による光老化で、お肌のしわやたるみの大きな原因です。

 

お肌の老化の80%が光老化によるものと言われますが、紫外線のエネルギーで生まれる活性酸素は、お肌にとって、「タチの悪い」ものです。

そのため、紫外線を避けることが、エイジングケアの基本中の基本となります。

 

 


人が持っている抗酸化力とは?

 

しかし、幸いにして人間には、生来の抗酸化力が備わっています。

このはたらきをする物質を「スカベンジャー」と呼びますが、活性酸素と結びついて、それを無毒化する酵素のことです。

主なスカベンジャーには、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、グルタチオン、カタラーゼなどが知られています。

 

※グルタチオンについては、こちらの記事をご覧くださいね。

http://eijingukea.nahls.co.jp/mechanism/eijingu/gurutachion-eijingu/j/

 

体内でスカベンジャーを作る力は、30代半ば~40歳前後にピークを迎えると、年齢とともに低下してしまいます。

多くの女性がエイジングケアを意識する前後の年齢がこの頃ですが、できれば、もっと若い時期から、食事で抗酸化成分を摂り、抗酸化力を高めることも大切です。

もちろん、気づくのが遅くなっても無駄ではありませんから、いつからであっても気づいたその時からエイジングケアを意識して、抗酸化力を高める食事を意識して実践しましょう。

 

 


抗酸化力を高める食品と成分は?

 

野菜

 

体外から取り入れるスカベンジャーとしては、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンやトマトのリコピンなどのカロテノイドβ-カロテン、ワインやココア、ハーブなどに含まれるポリフェノールが有名です。

また、お茶のカテキン、ごまのゴマリグナンなどもポリフェノールの一種です。

 

このように、日常で手に入れることができる食品の中で、エイジングケアを意識して、抗酸化成分を摂取することが可能です。

緑黄色を中心とした様々な種類の野菜、果物、海藻、キノコ、豆類、種子やスパイス類など、偏らずに食べることで、様々な抗酸化成分を日常的に摂ることで、抗酸化力を高めましょう。

 

 


お肌が錆びないエイジングケアのために

 

酸化や活性酸素が、お肌の老化にとって、大敵であることをご理解いただけたと思います。

お肌が錆びないエイジングケアのためには、エイジングケア化粧品を使う前に、

 

  1. 紫外線対策、喫煙、その他汚染された外気を避ける生活を送る
  2. 過度のストレスを避け、活性酸素を増やさない日常生活を送る
  3. 食べ物で内側からの抗酸化力を高める

 

ことが基本です。

その上で、抗酸化作用を持つエイジングケア化粧品成分を含むエイジングケア化粧品を使うことも良い選択の1つです。

 

最近では、様々なエイジングケア化粧品は開発されています。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの古くから知られているエイジングケア化粧品成分や、ダエダリンA、フラーレン、アスタキサンチン、リコピンなどの抗酸化作用をもつエイジングケア化粧品成分などを配合したエイジングケア化粧品を考えてもよいでしょう。

 

また、これらのエイジングケア化粧品成分とは異なる作用のナールスゲンも側面的に抗酸化をサポートするエイジングケア化粧品成分です。

 

酸化は、しわやたるみなどお肌の老化の原因として大きなウェイトを占めるので、よいエイジングケア化粧品を選ぶことも大切なポイントです。

 

 


ナールスゲンって抗酸化作用があるの?

 

ナールスゲンは、そのはたらきが解明されている珍しいエイジングケア化粧品成分ですが、ビタミンCなどに見られる抗酸化作用はありません。

 

成分

 

ナールスゲンは、お肌に軽い「酸化ストレス」をお肌に送ります。
といっても、人のからだに害の無いレベルのものです。それによって、細胞はしっかりと危険を察知するのです。
そして、酸化に対する自己防衛システムを作動させることで、細胞がイキイキとし始めるのです。

 

抗酸化は、「活性酸素を無毒化」することですが、ナールスゲンは軽い酸化ストレスを与えて、細胞を活性化させるというユニークな作用を持っています。

また、ナールスゲンの線維芽細胞を紫外線から守る作用もあることが実験的にわかっています。

 

ナールスゲンに関する詳しいことは、これらの記事をご覧くださいね。

 

◎大学発エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの魅力とは?
http://eijingukea.nahls.co.jp/nahlsgen/top/

◎大学発エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの作用メカニズムは?
http://eijingukea.nahls.co.jp/nahlsgen/sayou/a/

◎大学発エイジングケア化粧品成分ナールスゲンの特徴は?
http://eijingukea.nahls.co.jp/nahlsgen/tokuchou/b/

 

 


まとめ

 

酸化、抗酸化とエイジングケア、そしてエイジングケア化粧品についてご理解いただけましたでしょうか?

酸化と活性酸素は、エイジングケアにとって、大敵です。まず、活性酸素を増やさない、内側からの抗酸化、そして、エイジングケア化粧品によるエイジングケアを意識して、実践いただければ幸いです。

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:–:-+:-:-+:-
ナールスゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体を配合したナールスブランド
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:–:-+:-:-+:-

★ナールスピュア
http://nahls.co.jp/pure/

★ナールスユニバ
http://nahls.co.jp/univer

★ナールスネオ
http://nahls.co.jp/neo/

 

この3つによるトリプルエイジングケアで、育み、守り、攻める
「素肌の質」(Quality Of Skin)を高めます。

 

 

 

関連記事

ターンオーバーの周期で考えるエイジングケア化粧品の使い方

続きを読む

しわ取りクリームは、本当にシワに効く?その選び方と使い方

続きを読む

ノンアルコール化粧品って、本当はどんな化粧品?

続きを読む


nahlsエイジングケアアカデミーを訪れていただき、ありがとうございます。

nahlsエイジングケアアカデミーでは啓発的な内容が中心ですが、
ナールスコムでは、ナールスブランドの製品情報だけでなく、
お客様にご参加いただいた座談会や
スキンケア・エイジングケアのお役に立つコンテンツが満載です。

きっと、あなたにとって、必要な情報が見つかると思います。
下記から、どうぞ。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」